陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PTマウント弱すぎ!

2011 08/09
(火)

外練で25分@SS。予定の半分の距離で断念。

股関節に意識を集中・・・したいのだが、どうしてもつま先が下がってしまう右足が気になる。骨盤を前傾気味にしたためか、太ももの後ろ側(ハム)~側面の筋肉がきつい。次第にペダリングも補正できなくなってきたので、半分で断念した。

う~ん、改善されてきているのかなあ・・・? 焦るな焦るな、といっても進歩が見えないのはツライね。それに、右脚ばかりが気になって左脚のパワーが全然出なくなっている気がする。

 ◆

しばらく軽めに走って回復したので、もう一度ペースを上げてみるか・・・とスピードアップしたら、一部分だけ砂利道になっているところでボトルが吹っ飛んだ。取りに戻ろうとしたら、いつの間にかPowerTapのメーターもなくなっていることに気がついた。またマウントが割れたか!

幸いすぐ近くにメーターは落ちていたが、PowerTapのマウントはやたらとよく割れる。今回なんか、つい最近(1~2ヶ月前?)新品に交換したばっかりなのに。

PowerTapのマウント

写真だとわかりにくいけど、必ず同じところ(赤で囲った部分)が割れる。先日Wiggleでタイヤと一緒に買っておいた予備が1つあるけど、また買わないといけないのかなあ。これだけに送料かけるのも馬鹿らしいし、都内で売ってるお店はないだろうか?

・・・あ、そうか。一度嵌めたら外さないところだから、強力な接着剤で付けてしまえばいいのかな?

スポンサーサイト

ローラー&タイヤ

2011 07/19
(火)

今朝は30分@L3の予定だったが、できそうにないので50分@L1上~L2下に変更。

 ◆

以前から、ローラー台のタイヤの当たる部分がすり減ってゴムがこびりつき、ローラー用タイヤもひび割れてしまっていた(一時期、ローラー用じゃない普通のタイヤを使っていたのが良くなかったようだ)。

ひび割れたローラー用タイヤ

これを、ローラーの部分を逆向きに取り付けてタイヤの当たる部分を変え、さらにタイヤも新しくしたところ、驚くほど静かでスムーズになった。

ローラーの部分を逆向きに&タイヤも新調

これがペダリングの不調に少なからず影響していたのでは・・・なんて思ったり。まあそれは定かではないが、今回得られた教訓は:

 「機材のメンテに手間を惜しむな」

またバッテリー切れ

2010 04/04
(日)

PowerTapのハブバッテリーがまた切れた。昨日、CPUのアイコンが点滅を始めて、今日の練習開始直後に切れてしまった。

交換してから約85時間。その前は約65時間だったのでそれよりはましだが、PowerTapの説明書には約300時間持つって書いてあるんだよな。秋葉原で買った中国製の激安電池(5個セットで500円)は、持ちも値段相応だった。

maxell SR44

ということで、今度は信頼の国産ブランドを購入(2個セットで500円)。どれだけ持ちが違うかな。

江戸川CR/パーツ紹介

2010 04/03
(土)

■ 江戸川CR

たまには気分を変えて、今日は江戸川CRへ。天気予報では午前中は北寄りの風、昼から南寄りの風だったが、実際は8時半頃にはもう南東の風になっていた。そのため往路は追い風、復路は向かい風。

関宿城
野田橋の下流側

往路はL2上一定で。復路もそうするつもりだったのだが、途中でハムが辛くなり急激にペースダウン。まったくパワーを出せなくなり、その後はL2下~最後の1時間くらいはL1で苦しみながら走ってきた。ここまでダメだと笑うしかないな。家に帰らなきゃいけないから走り続けたけど、強度が低すぎて練習にならなかったな・・・。

■ パーツ紹介

ステム、ハンドル

ステムは何度か書いたとおり、3T ARX Team(-17度/70mm/実測110g)。ハンドルはOnebyESU ジェイカーボンネクスト(360mm/実測214g)。リーチが短くドロップ部も近い。ドロップ部がすごく細くて驚いた。

ペダル

ペダルはTIME ICLIC TITAN CARBON(ペアで実測182g)。以前使っていたRXSと比べて、いいところは踏み面が広くなったためにペダリング時にすごく安心感というか安定感があること。

悪いところはペダルをキャッチしにくくなったこと。RXSのときはクリートの先を引っかけて踏み込んで嵌める、という一連の動作がスムーズにできたのだが、ICLICは未だにコツがつかめない。しかも一度嵌め損ねると、突起部がどこかに引っかかってしまうのか足をずらして嵌め直すということがなかなかうまくできない。

あとは気分の問題だが、着脱時の音がICLICのプラスチック然とした音よりRXSの金属的な音のほうがよかったな。ICLICのほうが軽い力で嵌められるようになったというけど、正直そのメリットはほとんど感じていない。

ブレーキキャリパー

ブレーキキャリパーはeecycleworks eebrake(ペアで実測162g・パッド含まず)。効きは特に問題を感じないが、シマノに比べるとやっぱり扱いにくい。

どこが扱いにくいかというと、キャリパーを解放したときにシマノなら両側が広がるのに(それが当然だと思っていた)、eebrakeは片側だけが広がって、もう片方は逆にリムに近づいて当たってしまう。だから、取付時の締め付けが甘いとセンターがずれてしまうし、ローラー時などにリムに当たらないように解放する・・・ってことができない。仕組み上そうなってしまったのだろうが、極端な軽量化にこだわるのでなければやっぱりシマノ(か同様の仕組みのもの)を選ぶべきだな。

横からの写真

ステムの交換でサドルよりハンドルのほうが低くなったと思っていたが、こうして見るとほぼ同じ高さだな・・・。ヘッドチューブ長は以前のANCHOR RFX8と同じ100mmなのに、どうして高くなってしまうのかちょっと不思議。ひとつにはハンドルを以前のクランプ径26.0mmから31.8mmのものに変えたせいもあると思うが、フロントフォークがMETEOR launchのほうが少し長いんじゃないだろうか。

ステムもういっちょ

2010 03/24
(水)

BAZOOKAのステム(LITE318ステム25)を注文したわけだが、やっぱり前下がり&安物は嫌だよう・・・ということで、3T ARX Team Stem (31.8mm) を注文した。アングルは17度。これだと計算上2度の前上がりになる。見た目や値段で走るわけじゃないだろって気もするけど、やっぱり趣味の道具だからそういうところにもこだわりたい。気に入るか気に入らないかっていうのは(場合によっては性能以上に)重要だよな。

それにしても、使わないものをあれこれ買って無駄遣いしている(ここに書いてないものもいろいろと・・・)。本当はもっと時間をかけて慎重に調べてから買うべきなのだが、思い立ったらどんどん行動しないとレースに間に合わないんだよな。実物が来てみないとわからないこともあるし。一応バイクが完成形になったら、散財は控えよう。

■ ハンドル高の計算

ステムを変えるとハンドル高はどのくらい変わるんだろう、三角関数なんて忘れちまった・・・と思っていたら、こういう便利なサイトがあるんだねえ。

 「生活や実務に役立つ高精度計算サイト

ということで計算してみた。

  • 現在: 角度=12.7度(18.7-6)、長さ=60mm
     → 高さ=約13.2mm
  • 3T ARX Team: 角度=1.7度(18.7-17)、長さ=70mm
     → 高さ=約2.1mm

約11mmハンドルが下がることになる。これなら十分だ(RFX8のポジションとほぼ同じになりそう)。もしBAZOOKAのLITE318ステム25を使うと、

  • BAZOOKA LITE318ステム25: 角度=-6.3度(18.7-25)、長さ=70mm
     → 高さ=約-7.7mm

現在より約21mm下がってしまう。見た目や重さを犠牲にしてここまで下げなくてもいいな。

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。