陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PBPの心拍計データ

2007 09/24
(月)

PBP2007中に、心拍計(POLAR CS200cad)で測定したデータは次のとおり。

※オートモードで測定。Time=走行時間、HR(Av)=平均心拍数、HR(Mx)=最大心拍数、Spd=平均速度、Cad=平均ケイデンス、Dst=区間距離、Odo=累計距離。ハイフンは測定エラー。

■ 往路

NoTimeHR(Av)HR(Mx)SpdCadDstOdo
16:00:1012516723.189139.0139.0
23:47:51123-21.48681.6220.6
34:08:1912215621.48688.6309.2
42:26:1311815222.08853.7362.9
53:57:4611615421.48585.1448.0
63:44:4611715819.98474.8522.8
74:14:5511615023.28398.6621.4

■ 復路
NoTimeHR(Av)HR(Mx)SpdCadDstOdo
84:01:3011915720.78482.9704.3
94:12:3810515218.07676.2780.5
104:03:2611214821.08485.5866.0
112:21:4711814722.58653.4919.4
124:00:36117-21.98388.11007.5
134:04:41114-19.87980.81088.3
143:28:1611715521.58574.91163.2
153:15:0511315421.28469.11232.3


  1. Saint-Quentin-en-Yvelines ~ Mortagne-au-Perche

  2. ~ Villaines-la-Juhel

  3. ~ Fougères

  4. ~ Tinténiac

  5. ~ Loudéac

  6. ~ Carhaix-Plouguer

  7. ~ Brest

  8. ~ Carhaix-Plouguer

  9. ~ Loudéac

  10. ~ Tinténiac

  11. ~ Fougères

  12. ~ Villaines-la-Juhel

  13. ~ Mortagne-au-Perche

  14. ~ Dreux

  15. ~ Saint-Quentin-en-Yvelines


心拍数、速度、ケイデンス、すべてにおいて低いね・・・。まあ私の場合、この程度の負荷だから完走できた、とはいえると思う。もうちょっとがんばってペースを上げられたかもしれないが、とにかく1200kmという未知の距離を完走することが目標だったから。これまでの経験から「普通に走れば制限時間に間に合うはず」と思っていたので、速く走ろうという意識はなかった。

このところ長距離のトレーニングばかりしていたので、体力を温存して低負荷で走る体質がすっかり身についてしまった。上りでさえ平地とあまり変わらない心拍数で走っている。でも、来年はまたヒルクライムに挑戦してみたいと思っているし、ブルベにしたっていつまでも「完走が目標」じゃ進歩がないよね。これからは高負荷で走るトレーニングもしていかなければな~と思う。速筋と遅筋のバランスとかあるんだろうけど(たぶん今の私の筋肉は真っ赤っ赤? 笑)、できればロングライドできる持久力はそのままで、速く走れるようになりたい。

スポンサーサイト

PBP支出一覧

2007 09/23
(日)

PBP2007に関する主な出費は次のとおり。

■ 参加費・旅費(単位・円)

1PBPサポートパック(1次募集)代金147,500
2航空券・空港使用料など242,710
3PBP参加料金など35,600
小計425,810


  1. イギリスのバクスター社。650ポンドのところ10%のグループ割引で585ポンド(1ポンド=243円換算で142,500円)、予備費5,000円。

  2. 風の旅行社。航空券(エールフランス 成田空港~シャルル・ド・ゴール空港往復)188,000円、成田空港使用料2,040円、空港税等(フランス)4,970円、燃油特別付加運賃20,500円、荷物超過料金(自転車1台)27,200円(160ユーロ×169.77円)。

  3. PBP参加料金187ユーロ(8/20のディナー12ユーロ、DVD10ユーロ、公式ジャージ2枚60ユーロを含む。1ユーロ=165.4円換算で30,930円)、三井住友海上の海外旅行総合保険3,670円、予備費1,000円。



■ フランス旅行中(単位・ユーロ)

1PBP記念グッズ9.00
2PBP走行中の出費126.58
3PBP完走後のサンカンタンの昼食18.00
4フランス旅行中のその他の出費約200.00
小計353.58

小計353.58ユーロは、1ユーロ=160円換算で56,573円。

  1. 反射ベスト5ユーロ、ネックストラップ1.5ユーロ、ウエストポーチ2.5ユーロ。8/19にサンカンタンで購入。

  2. PCなどでの食費。1ユーロ=160円換算で20,253円。

  3. 1ユーロ=160円換算で2,880円。

  4. ホテル以外の食費、パリ観光(地下鉄1.5ユーロ×3回、エッフェル塔入場料など)、お土産代など。1ユーロ=160円換算で32,000円。



■ その他(単位・円)

1健康診断書作成17,000
2ABC空港宅配サービス6,200
3オダックス埼玉 PBP記念ジャージ8,500
4PBP2007勝手に応援隊オリジナルTシャツ4,100
5自宅~成田空港 電車賃(往復)2,290
小計38,090


  1. 横浜市スポーツ医科学センターのSPS(スポーツプログラムサービス)受診。

  2. 自宅~成田空港の自転車宅配サービス。行き3,300円、帰り2,900円。

  3. 1枚8,000円、送料500円。

  4. 1枚1,800円×2枚、送料500円。

  5. 行き1,280円、帰り1,010円。



すべて合計すると、約52万円。ここには日本から持っていった補給食や電池代は入っていない。スーツケース(ビックカメラで22,000円)も新調したし、そのほかPBPのために買った装備や雑貨などを含めるとさらにアップか・・・。あ、そういえば輪行ケース(19,740円)も買ったな。そういうもろもろを合わせて60万円というところか。高いような、安いような。

もちろん60万円という金額自体は大きいけど、あの経験を買ったと思えば決して高くはないような気もする。まあPBP参加費や食費などは当然かかるものとして、サポートパック代と航空券が高いよね~。これらは特に円安のときに払ったので、余計に高くなってしまった。

PBP走行中の出費が126.58ユーロ(約20,253円)というのは、こんなにかかったっけ? という感じ。すべて食費だが、PC1ヶ所あたり5ユーロくらいかな~と思っていたので・・・。まあPC以外にも有料の補給所を利用したし、仮に全部で20ヶ所だとすれば1ヶ所あたり6.3ユーロ。大体こんなものかな。

PBP2007レポ(10)

2007 09/22
(土)

(9)からつづく・・・

■ 8/24(金)

ホテルに戻ってから、何度か「激しい揺れ」に見舞われた。すわ地震か!? と思ったらそうじゃなくて、自分の脳(?)が揺れているのだった。長時間乗り物に乗っていると降りてからも乗っているような感覚が続くことがあるが、それの極端なやつ。この揺れは翌日まで続いた。

ベッドで横になりたかったが、翌日の午前中にはホテルを移動しないといけないので、今のうちに自転車を洗い輪行ケースにしまう。湿った臭いウェアもそのまま輪行ケースの中へ。洗濯できるのは帰国した数日後になるけど大丈夫かな・・・?

その日のホテルの夕食はシャンパン付きでちょっと豪華なもの。部屋割りが変わり、千葉のYさんと同室になった。23時頃就寝。

■ 8/25(土) パリ観光

6:30起床。Yさんに起こされるまで熟睡していた。7:30から朝食。9:30にバスに荷物を積み込み10:00に出発。



1時間ほどで、エッフェル塔が間近に見えるパリのホテル「Mercure Paris Suffren Tour Eiffel」に到着。同じMercureでも、Maurepasに比べるとかなり豪華だ。


(画像クリックで拡大)


ホテルの前から見たエッフェル塔。上のほうが雲で隠れている。


(画像クリックで拡大)


15:00まで自由行動。エッフェル塔の第1展望台まで上った後(最上の第3展望台までのチケットを買ったのだが、上り方がよくわからなかった)、セーヌ河沿いからモンテーニュ大通りを歩いてコンコルド広場まで行った。「セーヌ河沿いを歩く」っていうのが日本を発つ前のあこがれだったのだが、期待したほどではなかったかな。

エッフェル塔からアンヴァリッド方面を望む。統一された街並みが広がる。


(画像クリックで拡大)


ダイアナ妃が交通事故に遭ったバイパスの上にある、アルマ広場の「自由の炎」像。花束がいくつも添えられていた。


(画像クリックで拡大)


モンテーニュ大通り沿いのホテル「プラザ・アテネ」の前には高級車ばかりがずらりと並んでいた。大富豪(というか成金?)御用達のホテルなのだろうか。


(画像クリックで拡大)


こんな車が何台も・・・。つい「コインで傷をつけたらどうなるだろう?」という危険な想像が(笑)。


(画像クリックで拡大)


コンコルド広場のオベリスク。


(画像クリックで拡大)


昼過ぎから日が差して青空が広がってきた。


(画像クリックで拡大)


(画像クリックで拡大)


(画像クリックで拡大)


PBPの翌日からこんないい天気になるなんて・・・とちょっと恨めしかったが、逆にPBP中こんなに晴れたら日焼けやら熱中症やらで大変だったと思う。

ホテルにチェックイン後、再び自由行動に。疲れてあまり動き回りたくなかったが、せっかくフランスまで来てホテルで寝ているのももったいない・・・と思い、地下鉄を使ってノートルダム寺院まで行くことにした。


(画像クリックで拡大)


途中のパリ市庁舎では閲兵式(?)みたいなことをやっていて、大勢の人が集まっていた。


(画像クリックで拡大)


ノートルダム寺院はさすがに見事なものだった。中を見る時間はなかったが、こんな駆け足じゃなくていつかあらためて来ないとダメだな。凱旋門やルーヴル美術館も見られなかったし、2年後くらいにまた観光に来れるといいなあ。


(画像クリックで拡大)


(画像クリックで拡大)


オペラ座近くのデパート「ギャラリー・ラファイエット」でお土産を買う。いつもなのかたまたまなのか、エスカレーターが1階おきに止まっているのは驚いた。節電のためなのだろうか? だったら仕方ないけど、筋肉痛の脚には辛い・・・。

夕食は地元の人たちが行く普通の店に行ってみたくて、ホテル近くのイタリアンのお店で生ビールとピザを食べた(21ユーロ)。店内は客がいっぱいで、にわかパリジャン気分を味わった。しかし後で気づいたが、フランスでイタリアンの店に行くことはなかったなあ。途中でアイス(3ユーロ)を買ってホテルへ戻る。この日の後半はできるだけ地下鉄を使ったが、歩いた距離も多くてすごく疲れた。

■ 8/26(日) 帰国

フランス最終日。6:20に起床(眠~い!)、7:00から朝食。ホテルのおいしくておかわりし放題の朝食が食べられなくなるのは残念だ。


(画像クリックで拡大)


9:30にホテルを出発し、10:20にシャルル・ド・ゴール空港着。荷物を預けるために並んでいる最中、事件が起きた。

突然「不審物が発見されたので急いで退避しろ」との呼びかけがあり、全員フロアの端に退避させられた。小銃を持った兵士が来て、写真を撮ろうとする人を制止している(その前に1枚撮っちゃったけど・・・フランス軍に目をつけられると怖いので公開はしないでおこう・笑)。しばらくすると耳をふさぐように指示があり・・・ドカーン!! と爆破処理をする大きな音が響いた。うぉ~、怖ぇ~。平和ボケした日本とは違うなあ~。

その後は何事もなくチェックイン。


(画像クリックで拡大)


免税店を覗いて時間を過ごし、エールフランス・AF276便に搭乗。今度は窓際の席で、行きの飛行機で隣だったOさんとまた隣になった。


(画像クリックで拡大)


13:42離陸。窓の外を見ると、PBP中に何度も通り過ぎたような小さな町が点在している。あんなところを走ってきたんだなあ。なんだか自転車で走っているちっぽけな自分の姿が見えるような気がした。


(画像クリックで拡大)


(画像クリックで拡大)


飛行機にペットボトルが持ち込めないので搭乗前にがぶ飲みしたら、やたらトイレに行きたくなって隣のお二人に迷惑をかけてしまった。食事の時間以外はほとんど眠っていた。


(画像クリックで拡大)


日本時間の8/27(月)朝7:10、成田空港に着陸した。輪行ケースをABC空港宅配に預け、京成線~JR総武線に乗り換え~自宅の最寄り駅まで。午前中のうちに帰宅した。こうして12日間のPBPの旅が終わった。

【お知らせ】
PBP2007レポ(1)~(4)について、一部を除き拡大画像を掲載しました(画像クリックで拡大します)。(5)~(9)についても近日中に掲載します。

PBP2007レポ(9)

2007 09/17
(月)

(8)からつづく・・・

■ 8/23(木)~24(金) PC10~フィニッシュ


  • PC10: Tinténiac(タンテニアック) … 860.0km

  • PC11: Fougères(フジュール) … 916.5km

  • PC12: Villaines-la-Juhel(ビレイン・ラ・ジェル) … 1002.5km

  • PC13: Mortagne-au-Perche(モルターニュ・オ・ペルシェ) … 1084.5km

  • PC14: Dreux(ドルー) … 1158.5km

  • Finish: Saint-Quentin-en-Yvelines(サンカンタン・アン・イヴリーヌ) … 1227.0km




10:20頃、PC10・Tinténiac(タンテニアック)に到着(866.0km)。ここでは外のテーブルで桃を食べたことを覚えている。ベンチで少し寝ていこうかと思ったが、なぜかやめた。タンデムの自転車で挑戦している日本人ペア(たぶんご夫婦)が休んでいらっしゃるのを見かけた。

13:50頃、PC11・Fougères(フジュール)に到着(919.4km)。ここでの記憶はほとんどない。

たしかタンテニアックかフジュールを過ぎたあたりだと思う。不思議なことが起こった。それまで感じていた脚の疲れや筋肉痛が、嘘のようにまったくなくなってしまったのだ。「限界を超えた・・・!?」そんな言葉が頭に浮かぶ。上り坂でぐいぐい漕いでも全然平気。上りのたびに同じ人を何度も追い抜いたので(休んでいる間や下りでは逆に追い抜かれてしまう)、「またこいつか」という感じで失笑されてしまった。

実際には限界を超えたというより、感覚が麻痺しただけなのだろう(そんな突然回復するわけがない)。自己防衛本能が働いて、苦痛を感じる脚の神経から脳へのインプットが遮断されたのかもしれない。今後もし感覚が戻ってきたときのことを考えるとあまり調子には乗れないが、とにかく脚の疲れがなくなったことでとても楽になった。それにしても、人間には自分で思っている以上の不思議なパワーがあるものだ・・・。

もうひとつ。始終睡魔につきまとわれ、辛い辛いと思って走っていたが、見れば外国人でも道端で寝ている人がいる。また、そろそろ尻痛も気になってきたが、外国人でも尻を横にずらしてサドルに座っている人がいる。なんだ、辛いのは自分だけじゃない。みんな同じじゃないか! そう思うとすごく元気がわいてきた。いってみれば当たり前のことで、このときの気持ちをうまく表現できないが、自分にとっては大きな「発見」だった。

800km~900km台という、おそらく距離的には完走できるかできないかの分かれ目となるところでこのふたつの出来事があったおかげで、自分は完走できた・・・と思う。

途中、今まで通ってきたフランスの田舎町の中でも最高にいい雰囲気のところがあった。町の出口にある看板を見ると「LASSAY」と書いてある。いつかまた訪れたい、この地名は絶対に忘れないでおこうと繰り返し何度も頭に刻み込んだ。

19:00頃、PC12・Villaines-la-Juhel(ビレイン・ラ・ジェル)に到着(1007.5km)。


(画像クリックで拡大)


(画像クリックで拡大)


往路でもそうだったが、ここはかなりの賑わいだ。スピーカーからは男性アナウンサーの声が響き(おそらくこの電波のせいで、心拍計の表示が200を超えてしまったが)、音楽にあわせてダンスをしている人たちもいる。


(画像クリックで拡大)


食堂ではコーラとクロワッサン、パン・オ・ショコラを食べた。このパンがとてもおいしくて、「そういえばコーヒーも飲んでおかないと」とコーヒーを買うついでにパン・オ・ショコラをもうひとつ食べた。さすがフランスはパンが主食の国だけあって・・・かどうかはわからないけど、どこへ行ってもパンはおいしかった。

ちなみに、最初「ショコラ」と注文したら「ショコラは置いてない」と言われ、隣の人が「パン・オ・ショコラだろう」と助け船を出してくれた(全部フランス語なので「たぶんこう言っていただろう」ということだが)。たしかに「チョコレートパン」のことを「チョコレート」と言って注文するのと同じだなあ。ついでに書いておくと、PBP中何度もコーヒーを注文したので「カッフィ~」の発音だけはうまくなったと思う(笑)。

自転車のところへ戻り出発しようとすると、目の前にいた現地の人が前輪のあたりを指差してなにか言っている。見ると、そこに捨てていくつもりでさっき私が置いた眠眠打破の空きビンのことを指摘しているようだ。「忘れ物だよ」と教えてくれたのか「そんなところへ捨てていくなよ」と怒られたのかはわからないが、もし後者だとしたら厳しいね~。まあ、自分の街を汚されるほうの身になればわからないわけじゃないけど。

ビレイン・ラ・ジェルの街を抜けると、しばらく下り坂が続く。夕暮れ時の雰囲気も相まって、「自分はなんでこんな外国の道を走っているんだろう・・・」とあらためて不思議な気持ちがわいてくる。やがて夜が訪れ、ゆるやかに上る長い直線道路に入った。一緒に走るつもりで追い抜いた人は後ろに遠く離れてしまい、前にもはるか彼方にポツンと赤い光が見えるだけ。テールランプかどうか確信が持てない。真っ暗な道で1人きり。進路を示す矢印を見落としてしまったんじゃないかと不安になる。

それでもいつの間にか集団と一緒になった。長い真っ暗な道も終わり、ようやく前方に街の明かりが見えてくる。街で少しばかり休憩し、先へ進むと再び真っ暗な道に。

次のPCまであと数kmのあたりだろうか。突然、ハンドルにガタガタガタガタ! とものすごい震動が。ガタガタガタガタ!

「・・・ありえね~!!!」

信じられないほどの荒れた路面だ。暗くてよくわからないが、石畳の上のアスファルトがまだらにはげているような感じ。フランスの路面はあまりよくないと聞いていたが、今までは日本と大して変わりなかった。でもここの荒れ方は尋常じゃない。想像を絶する振動だ。PBPのコースなんだし舗装しなおせよ! と言いたくなるが、もしかするとPBP名物としてわざとそのままにしてあるのかもしれない。この路面がしばらく続いた。いや~、とにかくすごかった!

翌24日の0:30頃、PC13・Mortagne-au-Perche(モルターニュ・オ・ペルシェ)に到着(1088.3km)。このレポートには「○日」と書いているが、すでに今日は何日とかスタートから何日目とかいう感覚はなくなっている。

ここは何かのホールだろうか。体育館ではないようだがかなり広い。食事をした後、ホールの壁際に寝転んで1時間半ほど仮眠した。


(画像クリックで拡大)


自然に目が覚めて腕時計を見ると、アラームをセットした時刻を10分ほど過ぎている。うまくセットされていなかったようだ。寝過さなくてよかった。洗面所で歯を磨き、コーヒーを飲んで3:36に出発。たしかここでは霧雨が降っていたように記憶しているが・・・実際はどうだっただろう。「冷たい」という印象が残っている。

暗い山道に入る。数人で一緒に坂を上る。静寂の中、隣を走る人の息遣いが聞こえただろうか。薄くかかる霧に前照灯の白い光の筋だけが浮かび上がる。

いつしか集団になっていた。眠い眠い。道路脇になにか電気設備のようなものがあったので、その前に座って5分ほど仮眠。

真っ暗な道では自分が上っているのか下っているのかさえわからなくなる。奈落の底へ果てしなく落ちていくような感覚。集団とともにひたすら走り続ける。一体いつまで続くのだろう? 早くこの状況から逃れたい。再び眠気に耐えられなくなり、道路脇の民家のブロック塀(かな? フランスにしては珍しいような)の前に転がって5分ほど仮眠。

そこから少し進むと、大きな建物が集まって明かりのあるところがあった。そこでまた少し休憩する。とにかくこの眠気をなんとかしたい。今までの経験から明るくなれば眠気が覚めるはずだ。頼む、早く夜が明けてくれ。

やがてうっすらと周りの景色が見えはじめ、ようやく朝が訪れた。広い平原のようになっている。いつの間にかこんなところを走っていたのか・・・。思ったとおり明るくなると眠気もなくなり、脚が快調に回りはじめた(後でプロフィールマップを見るとゆるやかな下り坂なので、そのせいもあったのだろう)。一気にスピードアップ。それまで同じようなペースだった人たちを引き離して、次のPCに飛び込んだ。

7:30頃、PC14・Dreux(ドルー)に到着(1163.2km)。これが最後のPCだ。ついにここまでやってきた。


(画像クリックで拡大)


ここも中はかなりの広さで、シャワー室も完備していた(すでに十分な時間の余裕があったのだから、中の写真も撮るべきだったなあ・・・)。パスタやスープを食べた。パスタを注文するときに「たくさんか、少しか?」と聞かれたのでしばし考えて「・・・middle.」と答えたら笑っていた。子供の頃にも親に同じことを聞かれて「中くらい」と答えたら笑われたのを思い出す。でも、たくさんでも少しでもなくて「中くらい」が欲しいときってあるよねえ(笑)。

食事の後、机にうつぶせになって少し寝てから出発。畑の中の道に入る。


(画像クリックで拡大)


ここまでくればもう急ぐ必要はない。みなゆっくりとリラックスムードで走っている。


(画像クリックで拡大)


しばらく走ると前方に小さな町が見えはじめ、そこを通り過ぎるとまた畑の中の道に・・・というのを繰り返す。こういうフランスの素敵な町ともあと少しでお別れだ。

来るゴールに備えて、みんなレインウェアや反射ベストを脱いで正装している感じ。私もレインウェア、反射ベストとスタートから着続けだった長袖ジャージを脱ぎ、PBP公式ジャージ姿になった。

やがて山道に入った。道幅といい勾配といい日本の山道によく似た雰囲気で、このPBPでは今までにはなかったタイプだ。いろんな地形を走ってもらおうという運営者側の心遣いだろうか。本当にいろんな道を走ってきた。

山道といっても都市に近いせいか、人家が多い。数人で応援していたオジサンの1人が、私のことを日本人と見て「ヤマモト~!」(モにアクセント)と声をかけてきた。後ろ手に「ちがうっちゅ~ねん」という感じで手を振ったら受けていた。フランス人に受けて嬉しかった(笑)。

いよいよサンカンタンの街へ入る。ゴールまであと少しなのに、信号が増えてなかなか前へ進めなくなった。


(画像クリックで拡大)


上下お揃いのジャージでバッチリ決めた、金髪の若い女性が信号待ちで追いついてきた。かなり飛ばしているようだが、本気を出せばこっちのほうが速いくらいだぞ。なんとなく「こいつには負けたくない」という気持ちになり、ペースを上げた。その勢いで体育館前のロータリーに入り、ついにゴール! 大勢の観客の中にいた何人かの日本人の方が気づいてくれたようだ。

体育館の中で最後のチェックを受ける。下の写真はその瞬間。時刻は12:31、スタートから86時間41分だった(走行距離は1232.3km)。


(画像クリックで拡大)


食堂(仮設のテント)へ行き、昼飯を食べる。実はもう少しでハンガーノックになるところだった。ビールはゴール時にもらった無料のチケットで、そのほかステーキ、ポテト、ハム、チーズ、フルーツポンチ、パン。


(画像クリックで拡大)


レジの女性に「Are you Japanese?」と聞かれたので「Yes.」と答えると、少し日本語ができるようできれいな発音で「18ユーロです」と言われた。こちらも日本語で「ありがとう」とお礼を言う。しかし今考えると18ユーロ(約2,800円)って高いな! まあそれはともかく、1200km走ってきた直後にこれだけの食欲があることに自分でも驚いた。遠近感で小さく写ってしまっているが、ステーキも結構な大きさがある。

ゆっくり時間をかけてお腹いっぱい食べてから、1人ホテルへ戻る。スタート前にちゃんと道を覚えておかなかったツケであちこち迷いながら、なんとかホテルに辿りついた。

(10)につづく・・・

PBP2007レポ(8)

2007 09/16
(日)

(7)からつづく・・・

■ 8/22(水)~23(木) PC7~PC9


  • PC7: Brest(ブレスト) … 614.5km

  • PC8: Carhaix-Plouguer(カレ・プルーゲ) … 699.0km

  • PC9: Loudéac(ルデアック) … 775.0km




15:51にブレストを出発。実はこのあたりで、あまりのんびりはしていられない状況になっていた。ブレストのPCクローズ時刻は16:45。すでに1時間しか余裕がない。まあ到着時刻で考えればもう少し余裕があるのだが、今までのように写真撮影に時間をかけていてはダメだ。写真を撮っていたせいでタイムアウト、リタイヤしました・・・じゃバカだからな。

市街地を抜け、山中の上り坂(往路とは違う道)に入る。仲間同士数人で走っているグループが多く、そういうグループには「なんだこいつ」と思われてしまいそうでなかなか一緒に走りにくい。でも走るスピードはほとんど同じなので、ちょっとラインをずらして少しの間一緒に走り、追い越してはまた別のグループにつく・・・というのを繰り返す。


(画像クリックで拡大)


上の写真はたまたま個人が集まったグループのようで、一番長く一緒に走った。といっても10分程度で、じきにばらけてしまったが・・・。こうして一緒に走っていても、他人には我関せずでマイペースを貫く人、積極的に先頭交代をしようとする人、遅れたらそれっきりの人などいろんなタイプがいて面白い。追い抜くとムキになって追い抜き返すけど、長続きせずに落ちていく・・・なんて人がいるのも日本と同じ(笑)。結局、外国人も日本人も同じだなあ。

1人で走っていると、腰をトップチューブに下ろした変な格好をして走る外国人がいた。おかしな奴がいるなあと思ったが、どうも私のサドルの低いポジションがおかしくて真似をしているらしい。ちくしょう、バカにしやがって・・・(笑)。そいつの自転車はフレームサイズも大きく、シートポストを思いっきり突き出している。たしかに全然違うポジションだ。

まあそいつも悪気があるわけじゃないようで、自分はどこそこから来たとか(たしかイタリアだったか・・・忘れてしまった)ロードレースを見ているかとか話しかけてきた。私はロードレースには詳しくないが、私でも知っている有名な選手の名前を何人も言ってきたので「They are very famous.」てな感じで答えておいた。

街を通り過ぎる。ここでは休まずに先へ進んだ。


(画像クリックで拡大)


下の写真は途中で見かけた人。


(画像クリックで拡大)


ポケットが付いた総メッシュのベストを着て、500mlのペットボトルやたくさんの食料を入れている。これは収納力があってよさそうだ(ジャージのポケットとあわせればさらに収納力アップ!)。日本でも売っていないかなあ? もっとも、私にはサイズが大きすぎそうだが・・・。

再び往路にも通った電波塔へ。ここまで長い上りが続いたが、あまり苦にはならなかった。


(画像クリックで拡大)


休憩がてら、往路では道路の反対側だった景色の写真を撮る。しかし写真ではまったく景色のよさが伝わらないね・・・どうやって撮ればいいのだろう。


(画像クリックで拡大)


ゆっくり写真を撮るのはここまでだ。後は走ることに専念しよう。

心拍数110台でちんたら走っていると、後ろからKさんがやってきた。「120以上で走らないと」と言って追い越していく。う~む、国内のブルベで力の差はわかっていたが、あらためてさすがだなあと感心する。Kさんは20人くらいの集団の先頭でぐんぐん引っ張っていく。

沿道ではときどき近くの住民(?)が応援している。小さな子供を連れたお母さんや、孫を連れたおじいさんなど。フランス人の子供はみんなとてもかわいい。ああいうのこそ写真に残しておきたかったな・・・。写真に関しては童話に出てくるようなかわいい民家の写真も1枚も撮ってこなかったし、各PCでの食事もすべて記録しておきたかったし、いろいろと心残りが多い。

20時少し前、PC8・Carhaix-Plouguer(カレ・プルーゲ)に到着(704.3km)。食堂では何人かの日本人の方に会った。往路にここでリタイヤしたという話や、事故でリタイヤした人がいるという話を聞く。

出発しようとしたところで雨が降ってきた。えっ、また雨かよ・・・。最初はにわか雨かと思ったが、やみそうにないので雨具をつけて走り出す。

ここから次のPCまでの記憶がまったくない。翌23日の深夜1:50頃、PC9・Loudéac(ルデアック)に到着した(780.5km)。

往路では食事がとれなかったが、今度は通過チェック後に食堂へ行ってみた。思いのほか広くてメニューも豊富なようだ。みな一様に疲れた表情で、並べた椅子や床で寝ている人もいる。多めの食事をとってからサポートバスへ。(バスが牽引している)トレーラーの中で寝ようと思ったのだが、すでに5人が寝ていて一杯だった。仕方なくバスの座席で仮眠。しかし、あまりよく眠れなかった。

冷たい雨が降る中、のろのろと準備をして5:41に出発。寒さ対策で長袖ジャージの下に半袖ジャージを着て、腹にはホッカイロを入れていく。

アップダウンの多い道。雨は激しさを増し、下りではブレーキが効かなくて怖い。真っ暗な道。小魚が群れを作って互いに守りあうように、自然と大きな集団が形成される。運営側も危険な状況だと認識しているのか、見回りをしているらしい大型スクーターや車が走っている。集団の後ろからライトで照らしてくれたりする。

猛烈な睡魔で意識を失いそうになる。集団から離れるわけにはいかないが、逆にこの状態で集団の中にいたら危険だ。どうせ後からまた集団がやってくる。何軒か民家が集まって明かりのあるところがあったので、自転車を停めて立ち尽くす。少し離れた民家の庭から声をかけてくれる住民がいたが、話してどうなるものでもないので(言葉も通じないし)知らんぷりをした。スタッフが乗っているらしき車もこちらの様子をうかがう感じでしばらく停まっていたが、やがて走り去っていった。

この前後の記憶もはっきりしないが(もしかしてこの区間じゃなかった!? いや、前後の関係から考えるとたぶんここだ・・・)、今回のPBPの全行程中で最も辛い区間だったと思う。

夜が明けた7:30頃、往路では現地の人と一緒に写真を撮ったあたりだろうか? シークレットポイントがあった。


(画像クリックで拡大)


ここでは1人の日本人の方と一緒になり、少し話をした。あまり自覚していなかったが、後から聞くとかなり辛そうな様子だったらしい(まあ、あの状況下ではね~)。ホッカイロはさすがに熱すぎたのでここで捨てた。

ここからの記憶もまったくないが、なぜか途中の私設補給所(有料)で何枚か写真を撮っているので載せておく(こういうところを撮るならPCの中とかもしっかり撮っておけよな・・・)。ベンチの手前に自分のヘルメットとコーヒーが写っている。


(画像クリックで拡大)


(画像クリックで拡大)


(画像クリックで拡大)


(画像クリックで拡大)


(9)につづく・・・

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。