陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「WKO+」ライセンス購入

2009 05/27
(水)

■ 今日の練習:[固定ローラー]L3:60分

L3で60分。楽ではなかったがきつすぎることもなく、ほどよい強度で練習ができたと思う。なぜか実走よりもローラー台のほうが、練習後に達成感・充実感があるな。目標設定や、それが達成できたかどうかが明確だからだろうか。

練習の種類を以下の3つ:

 1. 高強度・短時間
 2. 中強度・中時間
 3. 低強度・長時間

に分けるとしたら、今日の練習は2.にあたる。ただ、

 1.を「レースと同じ強度を、レースより短時間で」
 2.を「レースと同じ時間を、レースより低強度で」

にするためにはもう少し長い時間・・・70分くらいにしたいところ。強度的にはやってやれないことはないけど、どのくらいの頻度でやれるかが問題だ。

■ 「WKO+」ライセンス購入

TrainingPeaks WKO+」、いろいろ使ってみると思った以上に高機能だ。TSSやIF、PMCなどをうまく活用できれば、練習量やコンディションの管理にかなり役立ちそう。パワートレーニングは単にパワーの管理だけじゃなく、ストレス管理も大事な要素なんだな。ぜひ使いこなしてみたいのと、これだけのプログラムを作った開発者に敬意を表して、ライセンスを購入した。楽しみながら使っていこう。

スポンサーサイト

解析ソフト

2009 05/22
(金)

【今日の目標】3本ローラー。レベル1(アクティブリカバリー)で60分。

起床時、脚の表面全体にバリバリと張りを感じたが、3本ローラーをやるには問題なかった。

レベル1の上限近くで1時間。実走だとリカバリーライドのつもりでももう少し強度が高くなってしまうのだが、3本ローラーなら「頑張らない楽なペース」で回すとちょうどこのくらいになる。最適なパワーを維持することができるので、リカバリーはできるだけ3本ローラーでやったほうがいいかな。騒音&振動で近所迷惑になっていないかという心配はあるが。

■ 解析ソフト

現在、パワーデータの解析ソフトはPowerTap標準の「PowerAgent」を使っているが、ためしに「TrainingPeaks WKO+」のフリートライアル版を使ってみた。PowerAgentにくらべてユーザインタフェース(UI)はいまいち洗練されていないが、WKO+のほうが高機能だし、TSSやIFの値が表示されるのがよい。PowerAgentのUIとWKO+の機能を兼ね備えたソフトがあればいいのになあ。

パワーを基準に

2009 05/21
(木)

今日からパワーを基準にトレーニング強度を管理することにした。ブログでもパワーのレベルで強度を書くようにする。各レベルは以下のとおり(カッコ内はFTPに対する割合)。

 1: Active Recovery (<55%)
 2: Endurance (56-75%)
 3: Tempo (76-90%)
 4: Lactate Threshold (91-105%)
 5: VO2max (106-120%)
 6: Anaerobic Capacity (121-150%)
 7: Neuromuscular Power (N/A)

【今日の目標】レベル4で13km×2回のインターバル。

どういうメニューでトレーニングすればいいかまだ検討中なので、とりあえず適当に・・・。調子のいいときならこの強度(FTP近辺)で1時間続けて走れるのだが、今日はレストを入れてもちょっときつかった。脚も少しだるく、まだレース(しらびそ)の疲れが残っているようだ。ただ心拍数はよく上がった。しらびそのときよりも高いくらい。心拍数と体調との関係がいまいちよくわからん。

パワーベースに

2009 05/20
(水)

【今日の目標】リカバリーライド。

今朝は脚がだるく、力が出そうになかったのでリカバリーライドにした。そのぶん明日頑張ろう。メリハリが大事だ。

■ パワーベースに

せっかく高価なパワーメーターを買ったのだが、今のところトレーニング強度は心拍数で管理していてパワーは補助的にしか見ていない。これではもったいないし、心拍数は体調によって変わってしまうので、パワーベースのトレーニングに移行したいと思っている。今は「Training And Racing With a Power Meter」を読み返してどうすればいいか考えているところ。

買おうか買うまいか

2008 10/17
(金)

今秋(9月頃?)発売と言われていたPowerTapの2009年モデルが、ようやくSARISのサイトに掲載された。
>> モデル一覧 >> 機能比較表

モデル希望小売価格
SLC+$2,099.99
SL+$1,599.99
PRO+$1,199.99
ELITE+$999.99

PowerTapを買おうか買うまいか。今、2つの気持ちで揺れている。

まずはっきり言えるのは、なくても別に困らないものであること。たしかにパワーメーターがあればライディングのデータを精確に管理して、より効果的・効率的なトレーニングができるだろう。でも心拍計と体感強度でも十分それに近いことが行える。そもそも自分はパワーメーターを使うに値するのか。「強くなりたきゃ、こんな高い道具を買う前にもっと練習しろよ!」という気持ちがある。

一方で、せっかく乗りかかった船だし、いずれにしろ故障したホイールと心拍計は何とかしなくちゃいけない(※)。それならいっそPowerTapを・・・という気持ちもある。さらにどうせ買うなら円高ドル安の今・・・。トレーニングうんぬんとは別に、趣味の「オモチャ」としての興味もあるし。
※一応、心拍計は修理に出した。

もし買うとしたら、PRO+以上(ELITE+は上位3モデルと差がありすぎる)。PRO+なら$1,200なので、ホイールセットでも20万円以下で買えるのでは・・・? 「練習用(だから安いホイールでいい)」と割り切れるかどうかだが。だとしても高い。そんな余裕はあるのか?

・・・という感じで悩んでしまう。まあいずれにしても、今日明日にどうにかするって話じゃないな。近いうちに海外サイトで販売されるだろうから、それを見てまた考えよう。

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。