陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本合宿5日目 奈川渡ダムまで往復&休養日

2007 05/02
(水)

以前から調子の悪かったノートPCが、昨夜ついにイカれてしまった。今日以降の合宿日記は東京へ帰ってから書きたいと思う。日記を書く時間もバカにならないので、今はトレーニングに専念しろという神様の思し召しかな。でも、メモはちゃんと取っておかないと。

ネットカフェより。

====================

ということで、ここからは後日記になる。

>> ALPSLAB route(松本~奈川渡ダム)

5:20起床。ホテルの裏の公園で自転車を洗車する。昨日、雨の中を体を固くして走ったせいか、左手の親指が痺れてうまく動かなくなってしまった。やっぱり雨の中を走ると何かしらトラブルが起きる。太ももには合宿初日からの疲れでだるさがある。昨日はLSDペースだったが、さすがに200kmも走ると回復走にはならないな。

7:45から朝食。隣に座ったカップルの女の子がたくさん食べるのでびっくりした。ご飯を茶碗3杯、ひじきも「おいしいおいしい」と言ってお皿に3杯おかわり。男のほうよりもずっとたくさん食べていた。1日何千kcalも消費する私でさえあんなに食べていないぞ。見習わなくてはと思った。

今日は休養日なので、50~60km程度走るつもり。いつもより遅く9:30に出発した。南よりの強い風が吹いている。昨日のうちに飯田へ行ってしまって正解だったな。

R158を上高地方面へ。薄日は差しているがときどき雨粒があたる。新島々を過ぎると上り基調に。山間部へ入ると小雨が降り出した。くそ~、また雨か。

単なる距離かせぎにならないように心拍数はマフェトンレベルまで上げようと思うのだが、結構がんばって漕がないとそこまで上がらない。昨日、おとといも上り坂を走っても160台がやっとで、心拍数が低かった。やはり脚に疲れがたまっているのだろう。これでは高負荷のトレーニングができない。

こういうとき、パフォーマンスが落ちてもトレーニングを続けるべきなのか、それとも十分に回復するまで休養すべきなのか、どちらなのだろう。もちろん超回復の理論は知っているが、プロのアスリートだって連日トレーニングをやっているよなあ。

奈川渡ダムに到着(スタートからの走行距離:26.9km)。



ここで引き返す。帰りは下り基調で追い風もあり、往路より速いペースで11:50にホテルに戻ってきた(54.3km)。今日のトレーニングはこれにて終了。

午後はどこへ行こうか迷ったが、無難なところで安曇野ちひろ美術館へ行くことにした。松本駅から1時間に1本程度しかない電車(大糸線)を30分待って信濃松川駅で降りる・・・つもりが、寝過して2駅先(信濃常盤駅)まで来てしまった。逆方向の電車の時間を調べると、なんと45分待ち! くそ~、どんどん遅くなってしまう。でも歩いていける距離じゃないし、こうなったら待つしかない。ホテルで休んでも駅のベンチで休んでも同じだ(と思おう)。



今度こそ信濃松川駅で降り、駅から30分も歩いてようやくちひろ美術館に着いた。



すでに15:40。駆け足で1時間程度見ただけで、17:29信濃松川駅発の電車で帰る。のんびりリフレッシュするつもりが、なんだか疲れただけだった。

■ 5/2(水) 走行時間 … 2:10:01 走行距離 … 54.3km

今日は立ったり歩いたりした時間が長かったせいか、かなり太ももがだるくなり、歩き方までカクカクと変になってしまった。こんな状態で明日以降まともに走れるのだろうか・・・。

スポンサーサイト
copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。