陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完走するも事故

2007 05/17
(木)

BRM512宇都宮400kmブルベを完走したが、途中で車と事故を起こしてしまった。

20:55頃、船引近くのR349(スタートから約235km、キューシートのポイントNo.83を過ぎたところ)を直進中に、左側の脇道から出てこようとした車がこちらに気づかず、シートステーの末端からリアのクイックレバーにかけて衝突。それに押される感じで転倒した。

体のほうは頭も打たず、転倒時に左ひざを少し打ったのと、左手の親指にわずかな傷ができた程度。自転車は衝突箇所にこすった傷ができたほか、リアホイールが少し振れてしまったのと、なぜか左右ともSTIレバーのネームプレート部分がかなり削れていた。一体どういう転び方をしたのだろう、ほぼ自転車に乗った状態のままで横倒しになるように転倒したのだが、具体的にはよく覚えていない。車のほうはナンバープレートからバンパーにかけて長さ50cm程度の傷ができていた。

体、自転車ともに大事には至らなかったようだが、後から走ってきた参加者の方のアドバイスもあり、もし保険を使うことになれば事故証明が必要なので警察を呼ぶことにした。この参加者の方にはスタッフに電話をしていただいたりして大変お世話になった。本当に感謝している。しばらくして、前のPCを引き上げたスタッフのSさんにも来ていただいた。

パトカー2~3台で警察官が3~4人来る結構な騒ぎになり、いわゆる事情聴取やら現場検証やらを行った(この程度の事故でも結構しっかりやるんだなあと思った)。警察を呼ぶまでの時間も含めて、解放されるまで1時間半くらいはかかったのだろうか。その後、体にも自転車にも大きな問題はないので引き続き走ることにした。ホイールの振れはブレーキシューの間隔を広げれば大丈夫なレベルだった。

相手の車の運転手は中年の男性で、私の前を走っていた車が通り過ぎたのを見て、自転車には気づかず発進したそうだ(前照灯2灯にヘッドライト、さらに目立つ反射ベストを着ていても見落とされてしまうとは)。自分の側の責任を認めているようで、修理代は払ってもらうということでその場は話をした。これが話の通じない非常識な人だったり、責任を相手になすりつけるような人だったら大変だった。とはいえ示談はこれからなので、どうなるかわからないが・・・。

今日、ようやく自転車屋に行って修理の見積もりを依頼した。私はホイールの振れ取りとSTIレバーのネームプレート部の交換だけで済むと思っていたのだが、ホイールは前後とも交換、STIレバーも丸ごと交換すべきという話だった。具体的な見積もりは後日受け取るが、そうなると15万円近くはいくだろうか。

ホイールはスポークのテンションではなくホイール自体がゆがんでしまった可能性があるので交換は仕方ないが(とはいえフロントは交換しなくてもいいだろうが、前後セットということだ)、STIはレバーごと交換する必要があるのだろうか? 自分が払うのではないとしても、金額が高くなればそれだけ相手のほうも出し渋るだろうから、面倒が長引くことになる。早く片付けて走ることに専念したいのに、気が重い・・・。

スポンサーサイト
copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。