陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥多摩周遊道路へ

2008 02/24
(日)

先週の埼玉300kmブルベでビーフラインをシッティングのみで走ったら、てきめんに腰が痛くなってしまった。4月のレースに向けてそろそろ上り用の筋肉を鍛えておかないとまずい。で、昨日(2月23日(土))は東京の気温が15度まで上がるという極めて暖かな予報だったので、これなら雪も寒さも大丈夫だろうと奥多摩周遊道路の風張峠へ走りに行ってきた。

東京駅からJR中央線~青梅線~五日市線と乗り継いで、8:34武蔵五日市駅着。さすがにこっちのほうは気温が低いだろう・・・と思ったのだが、南口に降り立つと驚くほど暖かい! ウィンドブレーカーは荷物と一緒にコインロッカーに預けて、インナー2枚+防風ジャージ1枚の3枚重ねで走り出した。

檜原街道を通って奥多摩方面へ。路肩には雪が残っているが、路面にはまったく雪はなかった。除雪したり塩カルを撒いているのだろう。プロフィールマップを見ると武蔵五日市駅から風張峠までずっと上り基調なのだが、実際にはアップダウンを繰り返していて、ようやく連続的な上りが始まるのは料金所跡のあたりからだ。そこから風張峠まではおよそ5km程度。長い上りを走りたければ逆(奥多摩湖)側から上ったほうがいいようだ(それでも8km程度か)。

「上りでテンポ」を意識して心拍数160bpm以上をキープしたいのだが、いまいち心拍が上がらない。ちょっと気を緩めると160を切ってしまうほどだ。う~ん、帰りがあるので無意識にセーブしてしまうのだろうか。これでは筋トレにはなっても心肺機能のトレーニングにならない。そんな調子のまま風張峠を超える。峠付近の温度表示はたしか8度だった。これは暖かい。上りではジャージのジッパーを少し下ろして走った。

月夜見駐車場のあたりから奥多摩湖を見下ろす。



持参したあんドーナツ1個を食べてから奥多摩湖方面へ下る。何ヶ所かで道路工事をしていた。R411へ出て、11:30頃にいつもの「奥多摩 水と緑のふれあい館」で昼食。おいしそうな見本写真に魅かれて「きのこかつ重」(900円)を注文した。



かつの卵とじにきのこが入っている。わりとボリュームがあっておいしい。ただ900円は高いね・・・。



食事をしているうちになんとなく雲行きが怪しくなり、風が強くなってきた。天気予報でも午後から急激に気温が下がって荒れてくると言っていたので、早々に出発する。来た道を折り返して再び風張峠へ。

往路ではなかなか心拍数が上がらなかったが、食事をしたばかりのせいか復路はすぐに上がる。往路とはプラス10~20bpmくらい違う。こういう条件によって大きく変わるのが、心拍数だけでは負荷の目安になりにくいところだ(だからパワーメーターを使うんだろうね~)。太ももの内側の筋肉にだるさがあって、こんな調子で上れるかな・・・と思ったが、いざ上りに入ると気にならなくなった。心拍数はそれなりに(170台まで)上がったものの、負荷的にはいまいちかなという感じで風張峠に到着。こんなんで練習になったのかどうか?



峠には最高地点を示す標柱が立っていた。初めて気づいたけど今までもあったっけ?



さっきから舞い始めた雪が次第に本降りになってきて、下りに入るとさらに強くなった。予報どおり気温もぐっと下がってきているようだ。標高を下げると雪が雨に変わった。うわ~、ちょっと参ったな。途中で甲武トンネル方面に折れて大垂水峠へ遠回りしていこうか・・・なんてことも考えていたのだが、この先天気が回復するとは思えなかったので、やっぱりやめにして武蔵五日市駅へ直行する。

ところが五日市の街に入ると、うそのように晴れて日が差している。ありゃ~、まあいいか。ちょうど100km、そのうち半分は上りだったしこれだけ走れば良しとしよう。14:20頃に武蔵五日市駅に着き、輪行。

かなりの強風が吹いている。乗り換え駅で電車の車掌が駅員に「なんかまわりが茶色く見えるんだけど」と言っていた(砂が舞っていたようだ)。一部で運転を見合わせている路線もあるようだ。

東京駅から自宅まで自走する間も、車道を走っていたのに強力な突風が吹いて歩道まで飛ばされてしまった。これはマジで危ない。さらに途中で買い物をして歩道を慎重に走っていたら、急な突風に押しやられて腕に提げていたレジ袋が生垣に引っ掛かって破れ、買ったものが車道に散乱! 牛乳パックには砂がつくし、夜のおつまみにと買ったナッツ&アーモンドの小袋は車に轢かれてしまった。夜開けてみたら見事クランチ状態になっていた(笑)。

この強風では各地で被害が出たようだ。「春一番」だったということだが、まだまだ寒い日が続くしこんなのでも春一番って言うのかね~!?

それから塩カルまじりの水に濡れたせいか、自転車が半透明の膜に覆われたように汚れていた。せっかく早く帰ったのですぐに洗車した。

スポンサーサイト

BRM216埼玉300kmブルベ

2008 02/19
(火)

2月16日(土)はBRM216埼玉300kmブルベ(アタックビーフライン)に参加した。先日の200kmの反省に基づいて、今回は2つの課題を設けた。

課題1: 最初から最後までイーブンペースで走ること。
課題2: 補給をちゃんと摂ること。

結論から書くと、「課題1」は平均心拍数130bpm台を保つように意識して走ったところ(上り区間ではもっと高くなったが)、最後の50kmでペースアップする余裕が残っていた。自分にとって300kmブルベではこのくらいのペースがちょうどいいようだ。「課題2」は50km毎に500kcalくらい補給するようにして(丸信ドライブインの昼飯は一度に1,000kcal近くありそうだったけど)、さらにその中間でアメを1個なめたりカロリーメイトを1本かじったりと軽くカロリーを摂取したところ、食べすぎにも空腹にもならずちょうどよかった。

先日の200kmではオーバーペース&補給不足で後半ボロボロになってしまったが、今回は最後まで調子よく走れた。課題的にはうまくいったな。今後も必ずこの2つを忘れないようにしよう。ということで簡単にレポを・・・。

■ スタートまで

3:00起床。朝食を食べて4:10出発。R6経由で四ツ木橋から荒川河川敷に入る。向かい風が強く、予定より大幅に時間がかかってしまった。それにしてもこんな時間からウォーキングしている年配の人たちがいるのには驚く。歳を取ると早起きになるとはいえ、なにもこんな真っ暗な中を歩かなくても・・・。

新荒川大橋からR122に上がり、途中のコンビニでトイレに寄ってR298へ。ところが神根運動場へ向かう道へ下りるところをまた間違えてしまった! 今回はオダックス埼玉のサイトにある地図をしっかり見て「道合西」交差点を曲がればいいんだな、と思っていたのだが、立体交差になっているのでR298を走っていてもそういう交差点はないのね・・・。ということで行き過ぎてしまった。そんなこんなでスタート時刻の6:00にようやく神根運動場に到着。ウイダーinゼリー(180kcal)を食べて10分遅れでスタートした。

■ スタート~PC1

天気は晴れ。この時期にしてはサイクリング日和。しょっぱなから一人旅だが、マイペースで走れるのは気が楽だ。すでに何度も走ったことのある道なので、キューシートも見ずに走る。利根川の土手道あたりから後ろに人がついたため意識してちょっとペースが上がってしまったが、それでも心拍数140bpm台前半に抑えた。

今回の最初のPCは96.5km地点。それまで補給なしでは長すぎるしトイレも行きたいので、50kmほど走ったところにあったセブンイレブン水海道大生郷店に寄る(このときは気づかなかったが、復路のPC4だった)。おにぎり1個と小ぶりのこしあん入りまんじゅう1個で補給(計300~400kcalくらい?)。

再び1人で出発。風向きは横風になったり向かい風になったり変化するが、基本的には追い風気味か。今回、道路工事の迂回のためルートが一部変更になったのだが、その手前あたりで数人の参加者に追いついた。道が不安なのでしばらく一緒に走る。かなり複雑に迂回して、3kmほど余計に走って本来のルートに戻ったようだ。昨年の300kmブルベで見覚えのあるラブホテルがある。「正面自動販売機」の交差点のあたりで先行して1人になり、そのままPC1・ローソン岩瀬青柳店に到着した(スタートからの走行距離:96.5km ※キューシートより)。

■ PC1~PC2

ソーセージの乗った惣菜パン1個と牛乳200ml 1パック(計500kcalくらい?)で補給していると、takaさんに声をかけていただいた。少しお話をして、「それではお先に・・・」と1人で出発。交通量の多いR50を13km走り、いよいよ今回のメインイベント・ビーフラインに入る。ビーフラインを走るコースは今年限り(2011年までお休み)だそうだ。



写真を撮っていると、外人さんのライダーが通り過ぎていった。たまたま同じ道を走っている人だと思ったので(実はブルベ参加者だったみたい)特にペースを合わせることはせず、抜きつ抜かれつ走る。外人さんはダンシングを多用。こちらはシッティング縛りで・・・というわけではないが、先が長いことを考えて体力を使うダンシングは封印した。ビーフラインでは一ヶ所だけ日陰でわだち状に路面凍結しているところがあったほかは、道は乾いていた。

ビーフラインの終わりあたりから、丸信ドライブインを折り返してきた人とすれ違い始める。先頭とは30kmくらい離れているのだろうか。毎度のことながらすごい速度差だ。丸信手前のR118では続々と参加者とすれ違う。13:20頃にPC2・丸信ドライブインに到着(150.6km)。



■ PC2~PC3

スタッフの方にブルベカードに記入してもらう。ドライブインは混雑してそうなので昼飯はコンビニにしようか・・・とも思っていたのだが、そういえば去年はチョコのサービスがあったことを思い出してここで食べることにした。中へ入ってみるとちょうど一段落ついたタイミングなのか意外に人が少なく、一般客も含めて10人程度。去年の一番人気だったらしい「けんちんうどん」を注文する。



いかにも手作り感のある太くて不揃いの麺。普段食べてるうどんとはまるで違うので最初は違和感があるが、だんだんくせになる味だ。具&汁がおいしい。量が多かったけど一気にたいらげた。そしてほどよく冷えたみかんがめちゃくちゃうまかった! 今年は残念ながらチョコはなかったが、梅干のサービスがあった。有難いことです。

復路へ出発(今回は完全往復コース)。ビーフラインへ入ってまもなく、7:00スタートのsakakazeさんとすれ違った。しばらく走ると行く先に数人の参加者が見える。追いつけそうかな・・・と思うのだがなかなか追いつけない。心拍数も往路より低めだが、まあいいか。今日はとにかく無理をしないことだ。「がんばらない」と自分に言い聞かせる。復路もシッティングオンリーで走る(そのせいか、翌日は腰が痛くて・・・)。ビーフラインを終えてR50に出ると強い向かい風。R50は雰囲気もよくないし、全行程でこの区間が一番しんどかったな。PC3・ミニストップ岩瀬羽黒駅入口店に到着(202.3km)。

■ PC3~PC4

イートインコーナーはブルベの参加者で一杯。ひとつだけ空いていた席に座り、野菜のサンドイッチとカフェオレのペットボトル350mlで補給(計500kcalくらい?)。ブルベ後半になると、いつも不思議と野菜サンドが食べたくなるんだよね。ほかの方が「この先は追い風らしい」と話している。本当にそうならいいのだが・・・?

PC3を出発すると、この先は左折方向に向かうのだが右前方から風が吹いている。ということは・・・左折してK148に入るとたしかに追い風だ! これは助かった。茜色に染まる地平線に富士山が見えた。へえ~、こんなところからも見えるなんて富士山はすごいな。というより、途中にまったく遮るもののない関東平野のまっ平さが驚きだ。



往路で迂回路を通ったあたりにやってきた。どこから迂回路に入るのか、1人で迷わずに走れるかな・・・と心配だったが、もうこの時間は工事が終わっていたみたいで迂回路を通らずにまっすぐ走ることができた。

宗教施設の大きな建物を過ぎたところの交差点で、PBPで同室だったYさんともう1人の方が追いついてきた。成り行き上2人の前を引いて走る。そうなるとあまりみっともない走りはできないので、心拍数を140台に上げてがんばる。今まで体力を温存していたせいか、意外に脚が元気よく回る。そのままPC4・セブンイレブン水海道大生郷店に到着した(249.7km)。

■ PC4~ゴール

おにぎり1個、牛乳200ml 1パック、オロナミンCで補給(計400kcalくらい)。最後の区間に出発する。さっきの好調子が維持していて、これまでよりもペースを上げてぐいぐいと走る(もしかしたらオロナミンCのドーピング効果!?)。街中に入るとほとんどの信号に引っかかりまくり。加速してようやくペースに乗ったと思うたびに信号ストップになるのは少々いらつくが、まあ信号に文句を言ってもしょうがないか。21時過ぎに神根運動場にゴール。10分遅れでスタートしたことを計算に入れても、15時間は切れなかった。

いつものように手作りのおしるこをいただく。このおしるこが何度食べても本当においしくて嬉しい。おしるこ1杯でものすごく幸せな気持ちになるよな~。大根の漬物もものすごくおいしくてボリボリ食べる。箸が止まらなくて困った。我ながらだんだん遠慮がなくなってきたな(少しは遠慮しろよ)。でもあの漬物は買ってでも食べたいおいしさだ。

ご馳走を有難く頂戴して、帰路に。R298に入るポイントでは次回こそ道を間違えないようにと、道路案内標識の写真を撮ってきた。R298を走ってきた場合、[鳩ヶ谷 さいたま]の標識で側道に入ればいいんだな。

さすがに疲れが出たか、荒川河川敷は心拍数110~120台でゆっくりしか走れなかった。左ひじの内側(上腕骨の下)のあたりも痛む。どうも1ヶ月くらい(?)前から長距離走るとそこが痛むのだが、なにがいけないんだろう。右ひじは全然痛くないのでハンドルが左右非対称になっているのだろうか・・・? あとは以前よりバーテープが固いっていうのもあるな。やっぱりOGKに戻そうか。

23時過ぎに帰宅。プロテインを飲んでバナナを食べて風呂に入って寝た。

冷え込み続く

2008 02/14
(木)

天気予報では連日「この冬一番の冷え込み」と言っているが、一体いつまで「この冬一番」を更新し続けるんだか。もう2月も半ば、いい加減上昇に転じてほしいよ。

このところ練習の成果が出ない、どころか以前よりも遅くなってしまっているのでブログを書く気も失せていたのだが、「マラソンを走る・見る・学ぶ Q&A 100」(山地啓司/大修館書店)を読むとやはり寒い時期はスピードが低下するようだ(p223)。寒さで血管が縮小するため血流量が減り、筋肉への酸素の供給が不十分になることや、体温を保つためにエネルギーが消費されてしまう・・・などとある。最近の不調の理由もこれであってほしいなあ。練習しても成果が現れないのは精神的に辛いけど、信じて続けることだな。

先日、4月6日のヒルクライムin伊吹山、20日のツール・ド・草津にエントリーした。宿も予約。あとは練習あるのみ。

それにしても伊吹山の人気はすごい。私がエントリーした「Road-C」カテゴリは600名の参加者になりそうだ。これでマスドスタートにされたら、後ろのほうに並んだらものすごく不利だよなあ・・・(レーススケジュールを変更すると書いてあるので、グループに分けるかもしれないけど)。そうかといって輪行の予定なので場所取り用の自転車を持っていくわけにもいかないし。カバンとかで場所取りしてもいいものだろうか?

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。