陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気がつけば丸6年

2011 05/22
(日)

このブログの更新が7年目に入っていることに気がついた。そういえば6年前の誕生日の前日に、このブログを始めたんだっけ。クロスバイクの頃も含めると丸6年以上、趣味として自転車に乗っていることになる。そんなに長い時間が過ぎた気がしないな~。でもブルベで何百kmも走ったり、フランスまで行ったり、いろんなレースに出たり、結構充実していたと思う。今みたいなトレーニング志向はいつまで続くかわからないけど、自転車自体は歳をとっても続けたいね。

今のささやかな「老後の夢」は・・・。

どこかの峠道の麓に小さな家を買って(たとえば車坂峠なんてどうだろう)、毎朝峠までサイクリング。見晴らしのいい峠でしばし下界の景色を眺めた後、帰宅してジャムやバターをたっぷり塗った焼きたてパンとハムエッグ、サラダ、ミルクとコーヒーでゆったりと朝食。

午前中は畑仕事をしたり、ボランティアに出かけたり。午後の空いた時間は読書をしたり、音楽(クラシックや'80~90年代のヒットナンバー!)を聴いたり。夕方からちびちびとお酒を飲みだして、軽めの夕食。夜8時か9時には就寝。

年に数回ヒルクライムレースに参加して、ご長寿クラスで入賞を目指す。同じ年代の競い合える仲間がいるといいね。

・・・な~んて、最近そういうイメージが具体的になってます(笑)。自分にもこんな「心豊かな老後」が訪れるのかね~? まあそれには、今後20年はせっせと働いて稼がにゃ~ね。ただあまり心配していないのは、今の年金制度は早晩立ち行かなくなるだろうけど、老人の人口はどんどん増えるから民間の老人向けサービスや商品は今よりずっと充実して、老人にとっては暮らしやすい世の中になっているんじゃないかな~と思う。

あとは健康、か。こればっかりは自分で気をつけるのは当然として、最終的には運を天に任せるしかないな。

スポンサーサイト

ランチパーティー&表彰式

2011 05/20
(金)

■ ランチパーティー

車坂峠ヒルクライムでは、レース後にランチパーティーがあった。受付時に800円分の食券がもらえて、それで出店で売ってる食べ物を買えるというシステム。つまり800円以内ならタダ。たとえ自分の参加費から出ているとしても、これってすごく得した気分。

ランチパーティー

売っていたのは、おにぎり、おやき、パン、コロッケ、焼きそば、フランクフルト、焼き鳥、ジュースなど。

ランチパーティー

レース後だから心置きなく食べられる(800円全部使っちゃった)。家族連れなど800円で足りない場合は現金でも買えるから、地元にお金も落ちるだろうし、多くの人が参加するから盛り上がるし、これはぜひ他の大会でも真似してほしいシステムだ。

それに、「食券が余ったら募金箱に入れてください」と言っていた。使われなかったチケットの分は大会の収入にするんじゃなくて、寄付するってことだ。う~ん、偉い。

■ 表彰式

この大会は「ロードレーサー男子」で1つのカテゴリかと思ったら、実際には年齢順に3つのグループに分かれていて、そのグループ毎の順位で表彰が行われた。おかげで自分も表彰してもらい(総合では8位だけどグループでは2位)、大きな賞状に賞品までもらってしまった。レースのタイムはいまいちだったけど、こうなると嬉しくなっちゃうんだよね。

家に帰って賞品を確認すると、小諸の清酒、鯉こくの缶詰、味噌、おそばが入っていた。ありがたや~(-人-)。こんなことならもっと募金してくればよかった。

そんな感じで、車坂峠ヒルクライムはお気に入りの大会になった。小諸の雰囲気も好きだし(駅前のさびれ方はちょっと、だけど)、なにより天気が良かったのが一番だな。来年も晴天に恵まれることを期待して、ぜひ参加したいな~。もちろん記録アップも目指さなければ。

車坂峠レポ

2011 05/19
(木)

■ 5/14(土) 前日

13時半ごろ、受付会場の「信州青少年の家」に到着。

信州青少年の家

すでに受付が始まっていたので早速済ませ、小諸駅近くのホテルにチェックイン。

ホテルの部屋

部屋に入った瞬間、ツーンとタバコの嫌な臭いが・・・(そういえば、楽天トラベルで予約したとき禁煙・喫煙の記載がなかった)。っていうか、ホテルの館内全体にタバコの臭いが染み付いている感じ。家に帰ったら、持参したパジャマにまで臭いが染み付いていた。

ホテルの大浴場へ行って、すね毛を剃ったりサウナに入ったり。いつものユニットバスと違って、大きな窓から日差しが入る浴室は気持ちが良かった。大震災で避難所生活を強いられている人が大勢いることを考えると、広い浴室でふんだんにお湯を使えることの有難さを身にしみて感じる。

夕食の買い出し。駅前通りの商店街はさびれた状態。みんな車で少し離れた大型スーパーへ行ってしまうのだろうな。つるやと7-11で買ってホテルへ戻る。

夕食後に散歩。ホテルの隣にある懐古園は見て回る時間がないので(というかもう閉まってたみたい)、部屋の窓から大きな鳥居が見えた神社(鹿嶋神社)へ行き、明日は実力が発揮できますように・・・とお祈り(財布を持ってこなかったのでお賽銭はなし)。

テレビを見ていたら、ツール・ド・美ヶ原のCMをやっていてびっくり。

ツール・ド・美ヶ原のCM

20時に就寝。

■ 5/15(日) 当日

4時半起床。夜中に冷蔵庫の音で何度か目が覚めたが、わりとすっきり起きられた。体重を量ってみると、昨日までの心配とは裏腹にまったく問題のない数値まで落ちてる! うまい具合にレースにコンディションが合ってくれたようだ。

ホテルをチェックアウトして、7-11で朝食を買ってから開会式会場近くの第4駐車場へ。他の大会だと駐車場の争奪戦が激しいので早起きしてきたのだが、まだガラガラだった。

気温は5度程度か。思った以上に寒く、もうちょっと厚着してくるんだった。それでもローラーでウォーミングアップしている間に周囲の木立の上に太陽が顔を出し、暖かくなってきた。今日のウェアは真夏と同じスタイルで、脚にはホットオイルを塗る。

ゴールへ運んでもらう荷物を8時半に預け、少し下った天池公民館前のスタート地点に移動すると、すでにもう整列が始まって大勢並んでいる! 開会式が8:45からだから、整列はその後だと思ったのに。自分のグループの前から3列目くらいに1台分の空きスペースがあったので、恐縮しつつも図々しく割り込ませてもらう(こういう行動は良くないので、来年は早く並ぼう)。

その後、列の幅が道いっぱいに広がって前から2列目になった。申し分ないポジションだ。なんだかいつもより緊張しているようで、時おり「ふう~っ」と大きな息をつく。頭がボーっとしてきたので、これじゃあいかんと気持ちを集中させて、今日の目標を反芻する。

9時半に最初のグループがスタート。5分後、自分たちのグループがスタート。

■ レース

走り出してすぐに「喉が渇いた!」と感じた。空気が乾燥していたせいだろうか。今日は時間が短いし、少しでも軽量化したいのでボトルは持たなかった。まあそれは仕方ない。いつものように後ろから大勢に抜かされるが、一定ペースを心がける。

しばらく走ると、紙コップで給水してるスタッフがいた! タイムロスになりそうなので今まで給水を利用したことはなかったのだが、今回初めて利用した。冷たい水を一口含んで生き返った。

中間地点の6kmまではわりとあっという間。でもここからが長いんだよな。「後半ゆっくり走りたい気持ちと戦える」「お前ならできる」と自分に言い聞かせるが、やっぱりじわじわと落ちていってしまう。それでもほかのレースより短いんだから、タレるには早すぎるぞ。残り2kmを過ぎる。もうあと少しじゃないか。

最後のコーナーを曲がり、ラストスパートでダンシング。思ったよりパワーが出てる。こんなことならもう少し前から上げれば良かったか。と思いつつ、持続できずに何度か腰を下ろしてしまう。身体の底にはまだまだパワーがあるはずなのに、気持ちで出せない。普段、限界まで追い込む練習をしていないから本番でもできないのは当然だ。そんな調子でゴール。

ゴール地点

手元のタイムを確認すると、45分弱といったところ(公式タイムは44分51秒)。あまり根拠なく43分台を目標にしていたが、全然及ばなかったか。初参加なので、このタイムがいいのか悪いのかよくわからない。

このときはいまいち出し切れなかった感じがしていたが、帰宅後にパワーを確認すると目標以上の値を出せていたことや、翌日以降の筋肉痛の状態から、実は結構出せたのかなあ・・・と思う。でも、それでこのタイムっていうのは逆の意味でいまいちだね。

車坂峠の結果

2011 05/15
(日)

木曜の朝には最悪だったコンディションだが、レースまでに何とか調整が間に合った。体重も十分に減少。なので今日の結果は言い訳なしの実力。

総合順位で8位。車坂峠はチャンピオンクラスや年代別のクラス分けがないのでこの数字だけだとよくわからないが、同時スタートしたグループの中では2位だったので、まあそういうところ。

例によって限界まで追い込むことはできなかったが、それも含めて今の実力どおりの結果だったと思う。でもやっぱり、もうちょっと出せたなあという気持ちも。

それにしても、カラッといい天気で清々しく、レース後のランチパーティーも堪能できていい大会だったな。来年もぜひ参加したい。たぶんしらびそと同じ日か1週間違いになると思うけど、車坂峠のほうがアクセスもしやすいしなあ。

今日はもう疲れたので、レポはまた後日。

ウェイトコントロール失敗

2011 05/13
(金)

このあいだの日曜までは、レースまでには何とかなりそうな体重の推移だった。

ところが日曜。昼食後におはぎ2個と、ずっしり大きな菓子パンを1個。ここまではまだ良しとしよう。午前中それなりに走ったし。

しかしその夜に何をトチ狂ったか、普通に夕食を食った上にワインをボトル1本空け、酔った勢いでわざわざ近所のローソン100へ行ってスナック菓子を3袋買ってきてビール500mlとともに一気にドカ食いしてそのままベッドへバタンキューで寝てしまった(記憶が定かではない)。

翌朝は怖くて体重計に乗れなかった。

なので月~水は極端に摂取量を減らしたが、思ったほど体重は減らず(なぜか体脂肪だけは急減した)、しかも今度はグリコーゲン枯渇(?)でまったくパワーが出せなくなってしまった。木曜の朝練ではL2の維持すら辛すぎて30分でギブアップ。

いくら体重を減らしてもエネルギー切れでは走れない、ということで、昨日からはもう減量はあきらめて、エネルギー補給のために食事を普通に戻した(というか糖質を多めに)というのが現在の状況。

あ~、どこまで俺はバカなんだろう。体調めちゃくちゃ。明日1日で、どれだけ正常な状態に戻せるだろうか・・・。

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。