陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登山:大岳山

2011 09/30
(金)

すっかり登山ブログになっている気がするが(笑)。

年休消化のため休暇を取って、奥多摩の大岳山へ登ってきた。山頂からの景色が素晴らしかった!

■ コース:ケーブルカー 御岳山駅(8:01着・820m)⇒御岳山(御岳神社)(929m)⇒鍋割山(1084m)⇒大岳山(1266.5m)⇒鋸山(1109m)⇒(鋸尾根)⇒愛宕山⇒JR奥多摩駅(350m)
■ 行動時間:約7時間(休憩含む)
■ 参考:「ヤマケイアルペンガイド4 奥多摩・奥秩父」(山と渓谷社)

いつもの電車で奥多摩方面へ向かう。御嶽駅で下車し、バスでケーブルカーの滝本駅へ。滝本駅にはモンベルの売り場があった。

滝本駅のモンベル売り場

ケーブルカーで御岳山駅まで上る。こんな平日の朝から遊んでいるのはオレくらいなのか、バスもケーブルカーも客はオレ1人だけだった。

ケーブルカー「青空」号
ケーブルカーで御岳山駅へ

御岳山駅の横の展望台からの景色(相変わらず山の名前がわからん・・・)。雲は多いものの日差しもあって、まずまずの天気だ。

御岳山駅からの眺め

まずは旅館や宿坊の並ぶ参道を歩く。神社への階段にはこんな大きな倒木があって通れず、迂回路で御岳神社へ。

御岳神社階段の倒木
御岳神社

ここが御岳山山頂のようだが、特に表示も見当たらず、山頂を踏んだのかどうかはよくわからない。

天狗の腰掛け杉。後の鋸尾根にも天狗の石像があったりして、このあたりは天狗と何か縁があるのだろうか。

天狗の腰掛け杉

分岐を奥の院、鍋割山への登山道へ進む(ガイドブックでは別のコースが紹介されていたが、せっかくなので鍋割山に登っていくことにした)。しばらくは整備された杉林の中を行く。ふた抱えくらいありそうな太い杉の木が立ち並び、1本1本に番号札が付けられていた。もうすぐ伐採されて利用されるのだろうか。

番号札が付けられた杉の木

今日の新兵器・その1。

SUUNTO VECTOR

山でビジネス用の腕時計は使いたくないし、やっぱり高度がわかったほうが便利だし・・・という言い訳で散財。SUUNTOのVECTORは自転車でいえば「CATEYEのサイコン」みたいなド定番だと思うけど、まあこれ買っておけば間違いないでしょう。

奥の院に到着。小さな祠と二等基準点があった。

奥の院
奥の院の二等基準点

鍋割山山頂に到着。

鍋割山山頂

今は閉鎖された大岳山荘。ガイドブックには「休業中」と書かれているが、廃屋のようでオバケでも出そうな雰囲気。

閉鎖された大岳山荘

大岳山荘前の広場から鳥居をくぐって、大岳神社(といっても小さな社があるのみ)の脇から大岳山への登りへ。

大岳神社

急に風が増してきて、山がざわざわと鳴き出した。なんだか胸騒ぎ。「おや、雨が当たったかな」と思った少し後に、パタパタッと大粒の雨が降り出した。こういうときの対応は迅速に、と早速レインウェアを取り出したものの、着込んでいるうちに雨が止んでしまい、10分も経たずにまた脱ぐ羽目に。手間を食っただけだった。

山頂付近は岩場が多い。

大岳山山頂付近の岩場
大岳山山頂付近の岩場

前方から光が見えてきて・・・(この山頂直前のワクワク感が好き)。

大岳山の山頂手前

大岳山山頂に到着すると、素晴らしいパノラマが広がっていた。思わず「わあ~、すごいな~!」と何度も感嘆の声をあげてしまった。

大岳山山頂

写真では素晴らしさが伝わらないのが本当に残念。180度近くに渡って、連なる山並みが幾重にもグラデーションを描いていた。

大岳山山頂からの眺め
大岳山山頂からの眺め

富士山は残念ながら山頂が雲で隠れてしまっていた。それでもこの景色には十分に感動。

山頂に雲がかかった富士山

そして今日の新兵器・その2。PRIMUSのガスバーナー(P-153)。

PRIMUS P-153

もう20年以上前に、オートバイのツーリングでホワイトガソリンのストーブを使っていたことがあるけど、重いし扱いづらかった。それに比べるとガスバーナーはものすごく簡単・便利! 火力も強くて(ハイパワーガスを使用)すぐにお湯が沸いた。カップヌードル(リフィル)の出来も上々! これで山の楽しみがひとつ増えた。

カップヌードル リフィル

30分ほど食事と展望を楽しんだ後、鋸山へ向かう。山頂直下は急だったが、やがてクマザサの生い茂る歩きやすい道が続く。

鋸山へ向かう道

木の根が網の目のように張り巡らされた道を登って・・・。

木の根が網の目のよう

鋸山山頂に到着。休んでいたご夫婦(?)に写真を撮ってもらう。

鋸山山頂

下山する途中、高さ6mくらい(?)の垂直に近い鎖場があった。巻き道もあったが、練習のつもりで鎖場を降りてみる。

鋸尾根の鎖場

あまりいい足掛かりがなくてちょっと苦労したけど、降りてから見上げてみれば大したことなさそうなんだよなあ。

それぞれ「奉」と「納」の文字が書かれた天狗の石像と、小さな祠。

天狗の石像と祠

麓近くの愛宕神社に参拝。ここが愛宕山の山頂らしい。

愛宕神社
愛宕神社の五重塔

187段あるという急な階段を下り、車道に出て奥多摩駅に無事到着。

今日はこれまでの奥多摩の山行の中で、一番疲れが少なかった気がする。天候やコースの難度の影響ももちろんあるけど、だんだん山登りに慣れてきたのかもしれない。

スポンサーサイト

久しぶりの固定ローラー

2011 09/27
(火)

今朝は雨が降りそうで路面も濡れていたので、1ヶ月以上ぶりの固定ローラー。イージーペースで70分。

アーテン錠よりも、先週から飲み始めたリボトリール錠のほうが効いている気がする。右足の状態は正常な頃を1とすれば、0.8くらいか。こう書くと「前と変わってないじゃん」とも思うけど・・・。薬に慣れたせいか、一時の精神的な不調(落ち込みやすくなる)もなくなったようだ。

今くらいの状態なら、自転車のレースのための練習はできなくても、登山のための体力維持なら十分できそう。もうそれでもいいんじゃないか、とも思う。

登山:鷹ノ巣山

2011 09/24
(土)

奥多摩の鷹ノ巣山へ。どのガイドブックにも載っている、最もポピュラーと思われるコースを歩いた。

■ コース:西東京バス 東日原バス停(8:59着・620m)⇒(稲村岩尾根)⇒鷹ノ巣山(1736.6m)⇒水根山(1620m)⇒(石尾根)⇒城山(1523m)⇒六ツ石山(1478.8m)⇒JR奥多摩駅(350m) ホリデー快速おくたま号(16:23発)
■ 行動時間:約6時間50分(休憩含む)
■ 参考:「ヤマケイアルペンガイド4 奥多摩・奥秩父」(山と渓谷社)

最初に乗った電車が車両点検とやらで遅れ、予定した乗り換えに間に合わず、すべて1時間遅れの行動となってしまった。

今日の服装は、やや薄手の長袖Tシャツ+半袖Tシャツ+アンダーに自転車用のメッシュのノースリーブ。奥多摩駅でバスを待つ間は寒くてレインウェアを羽織った。でもレインウェアには保温性がないせいか、思ったほど暖かくならなかった。

バスの終点、東日原バス停から9時頃にスタート。

東日原バス停

にょっきり突き出た稲村岩が目をひく。

稲村岩

巳ノ戸橋を渡り、しばらくは沢に沿って何度か木橋や石伝いに渡りながら歩く。

巳ノ戸橋
沢を渡る
沢を渡る
沢の流れ
木橋を渡る

最近の雨で少し水かさが増していたのか、水中にある石を渡らないといけないところもあった。すっ転ばずに無事通過。普通の靴なら一瞬でびしょ濡れになってしまうところだが、さすがゴアの靴は一滴の水も入ってこなくて感心した。

沢を外れて山の斜面をジグザグに登り、稲村岩のコルに出る(写真の岩場は登らず)。

稲村岩のコル

ここで一息ついた後、稲村岩尾根の登りへ。はっきりしない尾根をひたすら上へ上へとジグザグ登っていく。ときおり「フーッ」と大きく息を吐きながら。

稲村岩尾根の登り

この登りが2時間近く続き、ようやく前方に光が見えて、開けた鷹ノ巣山山頂に出た。

前方に光が
鷹ノ巣山山頂

天気が良ければこの本の表紙にある絶景が望めるところなのだが、今日は雲が多くて富士山のありかはわからなかった。

鷹ノ巣山山頂からの景色

風が寒くてレインウェアを羽織る。菓子パンで昼食。いつも菓子パンでは味気ないので、次の山行ではストーブで暖かいものが食べたいね。その後はテント泊も・・・と考えているけど、そうするとどんどん荷物が重くなっていくんだよな。

おじさんのグループに写真を撮ってもらう。単独行だとなかなか自分の写真が撮れないので、貴重な1枚。

鷹ノ巣山山頂にて

下山路は広い防火帯を歩くハイキングコースのような道。気持ちが良くて足取りも軽くなる。

防火帯の道
ブナ

そろそろ水根山かな・・・と思っていたら城山山頂の小さな標識があった。水根山はいつの間にか通り過ぎてしまったようだ。

城山山頂

その先から急に道が険しくなる。急斜面をジグザグに下り、ほかの道と合流するとまたなだらかに。しばらく歩いて六ツ石山山頂へ。

六ツ石山山頂

長居はせずに下山。石垣が積まれて「昔から整備されていたのかなあ」と思えるような細道がしばらく続く。日が陰ってきて肌寒くなり、ここでもレインウェアを羽織る。

石垣が積まれた道

その後、V字の溝になって水が流れた跡のような、粘土質の滑りやすい道が長く続く。歩きにくくて疲れた。二度ほど前に足を滑らせてしまったが、とっさに「服を汚したくない!」と思って手をついてしまった。本当は尻もちをついたほうがいいらしいね。

この下山路がとても長く、いい加減歩くのにうんざりしてきた頃にようやく下界の景色が見えてきた。

下界の景色(奥多摩工業?)

しかしそこからもまだまだ長い。最後は舗装路と登山道を交互に歩き、よう~やく奥多摩駅に到着。

奥多摩駅

体力(持久力)的にはまだまだ行けそうなのだが、足が疲れたヨ~。

楽になった、か?

2011 09/23
(金)

朝練。今日は昨日よりもさらに楽になった気がした(「楽になった」というのは、右足のつま先は下がってしまうけれどその程度が軽くなったという意味)。まだ薬の効果とは言い切れないが、このくらいならある程度の強度練もできそうだ。

ということで今日はSSレベルをキープしようとしたのだが、う~ん思ったほどパワーが出ない。これも薬のせいで筋力が落ちているのか、それとも練習不足で衰えてしまったのか・・・?

6日ぶりの自転車

2011 09/22
(木)

6日ぶりの自転車。こんなに練習しなかったのは今までにないね・・・(水泳や登山で、運動していなかったわけではないが)。

一昨日の夕食後からリボトリール錠を飲み始めたが、副作用のせいかその日の夜は電気点けっぱなし・窓開けっぱなしでいつの間にか寝てしまった(こんなことは珍しい)。

また、昨日は手がすべってガラスのコップを割ってしまった(これは関係ないかもしれないけど)。やっぱりちょっと普段とは体調が違うみたい。こんな状態で登山とかして大丈夫なのか心配だ。

今朝の練習では、少し脚が楽な気がした。でも、これも薬の効果なのか、5日間自転車に乗らなかったせいなのかがわからない。薬の効果を見るためには、ある程度継続して乗らないとわからないよな。

病院へ

2011 09/20
(火)

午前中に半休を取って病院へ。

薬を増やしてもあまり効果がないこと、倦怠感があって疲れやすくなったことを伝える。

アーテン錠を1回半錠に戻し、あらたにリボトリール錠という薬を追加してみることになった。

処方時にもらった説明書きによると、リボトリール錠は「脳に作用して、神経の過剰な興奮を鎮め、けいれん発作を抑えるお薬です」とある。ただ、「眠くなったり、注意力や集中力の低下が起こることがあります」とも書いてある。それじゃあアーテン錠と同じだ。

アーテン錠を1回1錠に増やしてから、常に倦怠感があって、疲れやすく、仕事にも集中できず、睡眠が嫌な感じに深くなったと思う。さらに、ときどき気持ちがど~んと落ち込んだりする。

こうやって薬を飲み続けることが正しいことなのか、考えてしまう。肝心の右脚に効果がなくて、日常生活に悪影響が出るようなら飲まないほうがいい。自転車に乗れなくても日常生活には困らないけど、常に体調が悪いのではほかのことまで出来なくなってしまう。

登山:三頭山

2011 09/18
(日)

奥多摩三山のひとつ、三頭山へ。檜原都民の森から3~4時間で歩けるコースもあるが、今回は「山と高原地図」に載っていた約6時間のコースを歩いてみた。

■ コース:西東京バス 小河内神社バス停(7:51着)⇒イヨ山(979.1m)⇒ヌカザス山(1175m)⇒入小沢ノ峰(1302m)⇒三頭山(1531m)⇒大沢山(1482m)⇒槇寄山(1188.2m)⇒西東京バス 数馬バス停(14:25発)
■ 行動時間:約6時間10分(休憩含む)
■ 参考:「山と高原地図 奥多摩」(昭文社)

奥多摩駅発の小菅行きのバスは、登山客やトレイルランナーで超満員。でも、小河内神社バス停で降りたのは自分1人だけだった。奥多摩湖の浮橋で対岸に渡り、三頭山への登山道へ入る。

麦山浮橋

こんなに目立つ登山口なのに、最初見過ごして500mほど行きすぎてしまった・・・。しっかりしてくれよ、オレ。

三頭山登山口

しばらく山の斜面をジグザグに登り、尾根上に出てからは基本的に尾根歩き。落ち葉がフカフカに敷き詰められている道が多くて足に優しく、途中で通過する山頂の前後などには急坂もあって楽しめた。

眼下に見える奥多摩湖
尾根上の道
ブナ林の登山道

三頭山山頂までに出会った人は3人だけだったが、山頂に着くと大勢の人でにぎわっていた。

三頭山山頂
三頭山山頂

富士山もきれいに見えた。

三頭山山頂からの富士山

菓子パンで手短に昼食を済ませ、大沢山~槇寄山へ。ぐんぐんと標高を下げていく道で、逆に登りだったらきつかっただろうなあと思う。日本山岳耐久レースのコースになっていることもあってか、トレイルランナーと多くすれ違った。

槇寄山山頂からも富士山、そして手前の山並みがよく見えた。これで「あの山は○○山」ってすぐに名前がわかると面白いんだろうなあ。

槇寄山山頂からの富士山

槇寄山を過ぎた西原峠から、仲の平バス停方面へ下る。1時間に1本くらいしかないバスにぎりぎり間に合うかな? という微妙な時間だったので、ちょっと気が急いた。最後は少し舗装路を歩いて(こんなところにも人家があってすごい)、奥多摩周遊道路へ出て数馬バス停でゴール。

歩きやすい道が多かったせいか、先週歩いた4時間台のコース(高水三山)より疲れが少なかった。これは直射日光をあまり受けなかったことや、シューズに慣れてきたこともあるかも。帰りの電車でも全然眠くならず。

なかなか難しい

2011 09/17
(土)

今日は水泳。練習・・・と書きたいところだが、練習以前のレベルなのでそう書くのはちょっとはばかられる。

これまでのキックに手のかきを加えてみたのだが、そうするとキックのリズムが滅茶苦茶になっちゃって、手のかきもうまくいかず我ながら溺れているとしか思えない。う~む・・・最初はこんな状態でも、続けていれば泳げるようになるのかねえ? とにかく水泳は難しすぎるよ。

相変わらず

2011 09/13
(火)

昨日は練習なし(休養日)。

今朝は実走。なりゆきペース(L2~L3)で1時間ちょっと。右脚の状態は相変わらず。毎日同じで書くことがないな。

疲労大

2011 09/11
(日)

今朝は朝練するつもりで早起きしたのだが、昨日の登山の疲れが思いのほか残っていて、朝食後に昼寝(朝寝?)。

その後、体力&気力が回復したので午前中に実走。なりゆきペース(L2~L3)で1時間ちょっと。右脚の状態は相変わらず。

昼食を食べたらまた眠くなってしまったので、昼寝・・・。今日は寝まくり。登山はかなり疲労が残るなあ。はっきりいって自転車より疲れる。昨日は山も平地並みに暑くて、熱中症気味になってしまったせいもあるかもしれない。

登山:高水三山

2011 09/10
(土)

登山の趣味復活第一弾として、今日は奥多摩の高水三山に行ってきた。

復活、といっても大した経験はないし、ブランクも大きいので、まずはガイドブックで「初級」「奥多摩の絶好の入門コース」と書かれているこのコースを選んだ。

■ コース:JR青梅線 軍畑駅(8:06着)⇒高水山(759m)⇒岩茸石山(793m)⇒惣岳山(756m)⇒JR青梅線 御嶽駅(13:00発)
■ 行動時間:約4時間40分(休憩含む)
■ 参考:「ヤマケイアルペンガイド4 奥多摩・奥秩父」(山と渓谷社)

「初級」「入門コース」というからもっと楽かと思っていたが、自分には十分歩き応えのあるコースだった。いきなり中級コースを選ばなくて良かった~。あと何回か初級コースを歩いてからじゃないと、次のレベルには進めないな。それから今回は、履き慣れないトレッキングシューズで足が疲れてしまった。いずれ慣れるのかなあ?

登山もいい長時間の運動になるね。これからもできるだけ、山へ行くようにしたい。

 ◆

高水山山頂の近くにある常福院不動堂。
常福院不動堂

高水山山頂。
高水山山頂
高水山山頂

岩茸石山山頂。
岩茸石山山頂

岩茸石山山頂から北方を望む。
岩茸石山山頂からの景色

杉林の稜線を行く。
杉林の稜線

惣岳山山頂の手前には短い岩場も。
惣岳山山頂手前の岩場

惣岳山山頂。
惣岳山山頂

惣岳山山頂にある青渭神社。
青渭神社

ここで昼食。
昼食

今日はダメダメ

2011 09/09
(金)

朝練で実走。なりゆきペース(L2~L3)で約1時間。

今日はいつも以上につま先が下がろうとする力が強く、抑え切れなかった。非常に辛い。

こうなると、先週わりと楽に感じたのも本当にアーテン錠の効果だったのか、疑わしくなってくるなあ。単にそういう周期だっただけかも。

ひとまず、もらった薬がなくなるまで様子を見て、改善されそうもなければ自転車からしばらく離れたほうがいいのかもしれないな・・・。でも、自転車をやめたくないという気持ちもあって、なかなか決められない。

効きすぎ?

2011 09/08
(木)

昨日はサボ。

今朝は実走。なりゆきペース(L2~L3)で1時間ちょっと。

一昨日の夜からアーテン錠の服用量を増やした(それまでの半錠から1錠に)のだが、その影響なのか身体がだるくて頭の働きもいまいち鈍い感じがする。ちょっと風邪気味のときのような状態。また、ペンを持つ手に力が入らなかったり、キーボードのタイプミスも少し増えたみたい。1錠だと効きすぎなのかなあ?

今朝の練習ではあまり状態がよくなかった(つま先が下がってしまった)。たぶん、つま先が下がるのに抗する筋肉にもアーテン錠が効いてしまったせいではないだろうか。また、両脚のハムが異常にだるくて辛かった。

アーテン錠は狙った筋肉だけにピンポイントで効くわけじゃないから、全身の筋肉が弱くなっているのかもしれないなあ。

アーテン錠を2倍に

2011 09/06
(火)

昨日は練習なし。

今朝は実走。なりゆきペース(L2~L3)で1時間ちょっと。

一昨日と大きな変化はなく、やはりつま先は下がろうとしてしまうが以前よりは楽になっている感じがする。ただ、強度を上げれば上げるほどつま先が下がろうとする力も大きくなり、抑えきれなくなってしまう。

また、つま先が下がる力にすねの筋肉で必死に逆らっているので、走っていてとても疲れる。これではロングは厳しそう。

午前中は半休を取り、再び川崎市立多摩病院へ。

「少し楽になっている感じがする」と伝えたところ、効果が見られるということで(だと思う)アーテン錠の量を2倍にすることになった。といっても、今までは1回あたり半錠だったのが、1錠になっただけだが。

この薬は、やはり症状を「治す」のではなく「抑え込む」だけのもので、飲み続ける必要があるとのこと。症状を抑えている間にできるだけ、正しい動きを身体に憶えさせて治るのを期待するってことかなあ。

相変わらず

2011 09/04
(日)

実走。なりゆきペースで1時間半ほど。

右脚の状態は相変わらずかな。やっぱりつま先は下がってしまうけれど、以前よりは楽になった感じがする。

薬を飲まないとこの状態を維持できないのであれば、とりあえずもう一度処方してもらうってもんかな・・・。

気がかりなのは、思うようにパワーが出ないこと。不自由な右脚のせいなのか、練習不足で体力が落ちているのか、それとも薬の副作用なのかはわからないけど。

ちょっと面白くなってきた

2011 09/03
(土)

午前中にプールへ。2時間弱の練習。

まずは相変わらず蹴伸びの練習。やっぱり沈んでしまうな・・・。肺に空気が入っているうちはいいんだけど、息を吐いていくとだんだん沈んでしまう。体脂肪が少なすぎるせいかな~?(下手なだけだって!)

そういえば「カナヅチ」って表現があるのを思い出したよ(笑)。 

いつまでも蹴伸びだけではつまらないので、蹴伸び+キックの練習を。息が続かなくなるまで泳いで12~13mほど。途中2回足を着いて25m進んだ。こんなんでも一応「泳いだ」って感じがして、ちょっと面白くなってきたよ。

蹴伸びとキックがうまくできるようになったら、次はプル(手のかき)、そして息継ぎか~。水泳って同時にやることが多すぎて、だから難しいんだよな。

アーテン錠4日目

2011 09/02
(金)

実走。なりゆきペースで1時間少々。

アーテン錠を飲み始めて4日目。やはりつま先は下がってしまうものの、以前より楽になった気がする。

アーテン錠は飲んだときだけ一時的に症状を抑えるものなのか、それとも飲み続けることによって症状が治っていくのか、どっちなんだろう? 前者だとしたら、いつまで飲み続けるのか(薬を飲んでまで自転車に乗るのか)を決断する必要があるよな。副作用の可能性もあるみたいだし・・・。

こちらのサイトを見ると、「長期服用により緑内障を引き起こすおそれ」とか「高齢の人の認知症の発現を早める可能性」とか、怖いことが書いてある。それは勘弁だよ。まあ、自分の場合は今のところごく微量の服用なので、心配しなくても大丈夫だと思うが・・・。

来週の受診できっと「また処方しますか?」と聞かれると思う。そのときまでに答えを用意しておかないと。

今、つま先が下がってしまうのはジストニアに加えて、筋肉が誤った動きを憶えてしまったこともあると思う。なので、症状の軽いうちにできるだけ正しい動きに戻していければいいのだが。

でも、医師の診断では「職業性ではなく症候性」という話だったが、それでも誤った動きを繰り返すことでかえって定着・悪化させてしまうのではないかという心配もある。乗ったほうがいいのか、乗らないほうがいいのか。

前途多難

2011 09/01
(木)

今日は自転車はなし。明日は回してみないとな。

夕方からプールへ。蹴伸びの練習を1時間半ほど。

ショック。昨日より下手になってる。前に進まないし身体が沈むし。こりゃあ前途多難だなあ。泳げるようにはならないかも。

小中学校の頃、25m泳げなかったことも納得がいった。根本的にオレ、水泳に向いてないわ(笑)。

でもまあ、用品も買い揃えたことだし、しばらく頑張ってみよう。ゆっくりきれいに泳げる気持ちよさを自分も味わいたい。

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。