陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨセミテ クライミングトリップ (8)

2016 10/11
(火)

(7)からつづく…

■ 9/23(金):移動日

6時起床。
荷物をまとめてテントを撤収し、8時過ぎにCamp 4を後にする。

山道に入り、ガソリンスタンドで給油(やはり日本のカードは使えず)。



広大な大地をひた走る。
途中、Oakdaleのスタバで休憩。




もう一度どこかの町で休憩し、サンフランシスコ近郊へ。
ちょっと寄り道して、ゴールデンゲートブリッジを眺めに行く。



遠すぎたせいか、思ったよりしょぼ…というか、普通の橋だった。
サンフランシスコへ向かう橋のほうが立派(?)。



ヨセミテから約6時間のドライブで、無事にレンタカー返却専用の駐車場へ到着。
AirTrainで空港へ移動する。



15時半頃に荷物を預け、チェックイン。
あとは飛行機に乗るだけとなり、ようやく一安心。




19:20にサンフランシスコ空港を発ち、翌24日の22:35(日本時間)に羽田空港着。
慌ただしく終電に乗って、自宅へ。
こうして、クライマーの聖地・ヨセミテから現実の世界へ戻ってきた。

スポンサーサイト

ヨセミテ クライミングトリップ (7)

2016 10/09
(日)

(6)からつづく…

■ 9/22(木):Church Bowl

明日は丸一日移動なので、登れるのは今日が最後。
ショートルートと5つ星の「Bishop's Terrace」(5.8/2P)を登りに、再びChurch Bowlへ。
顔見知りも含め、日本人パーティーが何組もいた。

アップで「Church Bowl Lieback」(5.8)。



その後、「Bishop's Terrace」へ。
順番待ちのパーティーが2~3組いて、ずいぶん待たされた(時間がモッタイナイ…)。
自分は2P目をリード。
上部はバチ効きハンドのダブルクラックだが、弾切れでかなりランナウトしたのが痺れた。



終了点からの眺め。
この景色もひとまず見納めか…。




この時点ですでに夕方だったが、もう1本登ろうということで巨大なチムニー「Church Bowl Chimney」(5.6)をフォロー。



チムニーといってもホールドが多く、登ってみればなるほど5.6という感じ(フォローだからというのもあるけど)。
ワイド指数は20%程度か。
これが今回のヨセミテの登り納め。

リゾートホテルのAhwahnee Hotelを見物に行く。
どこか和風を感じさせる佇まい。
こんなところにゆっくりと、心穏やかに泊まれたら幸せだなあ。






帰り道では、ピークが夕焼けに染まるHalf Domeが見えた。



Half Dome Villageでシャワー、買い物。
ヨセミテ最後の夜はお気に入りのピザを食べたかったが、注文待ちの行列が長くてあきらめた。

Camp 4へ戻る。
きれいな星空を見上げながら、ベンチでビールとスナック(残り物)のおつまみで最後の夕食。
しかし寒くなってきたので、途中でテントへ逃げ込む。
ビール2本で酔ってしまい、飲み食い終わったところでそのまま寝てしまった。

(8)へつづく…

ヨセミテ クライミングトリップ (6)

2016 10/07
(金)

(5)からつづく…

■ 9/21(水):Snake Dike(敗退)

いよいよ「Snake Dike」の日。
2時起床、3時にCamp 4を出発。
Upper Pines近くの駐車場まで車で移動し、まだ暗いトレイルを歩きだす。

Camp 4を出る前に「5-hour ENERGY」というアメリカ版栄養ドリンク(?)を飲んだせいか、先日の下見のときより断然歩みが速い。
先日の教訓で、こまめに水やエネルギーを補給しているのもいいのだろう。
順調にMist TrailとJohn Muir Trailの合流点へ。

そこからしばらく歩くと、パートナーさんが下見しておいたHalf Domeへと続くクライマー道の分岐に着く。
ふかふかで歩きやすい明瞭な踏み跡を進む。

次第に明るくなってきたが、空は雲に覆われているようだ。
湿原のようなLost Lakeの脇を過ぎ、Y字になった踏み跡の分岐を左へ。
(右のほうが踏み跡が明瞭で、本当は右へ行ったほうが良かったようだ)




藪漕ぎしながら斜面を登っていく。
ところどころにケルンが積んである。

藪を抜けると一旦開けた場所に出た。
そこからスラブを登り、バンドに出たところで探しあぐねていると、黒い服に身を包んだ長身の男性が忽然と現れた。
一体どこから!?
こちらに気づいているはずだが、気にする風でもなく遠くを見つめている。
(ナイスガイだ!)

救世主のように現れた彼に取り付きの情報を教えてもらい、もっと左へ登っていく。
ドームの基部近くまでやってきたが、広い壁を見上げても「Snake Dike」が特定できない。
トポの情報もいまいち曖昧だし、ハングなどの岩の特徴も似たようなところがいくつもあって、どれがそうなのかわからない。



そうこうしているうちに、恐れていたことが…パラパラと雨が降り出した。
カッパを着て、小さな岩小屋で雨宿りする。

パートナーさんを残して一人で取り付きを探しにいく。
そしてようやく「ここに違いない」と思える場所が見つかった。



岩小屋に戻ると、パートナーさんがぽつねんと小さくなってしゃがみ込んでいた。
……。
ルートが見つかったことを伝え、一緒に取り付きへ。
たしかにここで間違いなさそうだ。
しかし今度は風が強くなってきた。
雨も少し降っている。

登るか? どうするか?
長いランナウトもあるこのルート、もし登っている途中で風雨が強くなったり、雷が発生したら…と考えるとリスクが高い。
「敗退」という苦渋の選択をした。

そうと決まれば無事に下山しなければ。
少し下ると、山に遮られるのか風がなくなる。
やっぱり登れるんじゃ…という未練を残しつつ、何度か懸垂下降もしながら下山。
踏み跡のY字の分岐まで戻り、元来た道を引き返す。
「Snake Dike」への挑戦が終わった。

前日「Snake Dike」を登ったという人に話を聞くと、前日は5パーティーくらい入っていたそうだ。
今日は自分たち以外のパーティーはいなかった。
みんな、天気予報を見て避けたのだろうか。

8日間のヨセミテ滞在中、雨が降ったのはこの1日だけだった。

(7)へつづく…

ヨセミテ クライミングトリップ (5)

2016 10/06
(木)

(4)からつづく…

■ 9/19(月):Commitment

Five Open Booksの4つ星ルート「Commitment」(5.9/3P)へ。
アプローチにはカラビナマークの道標があってわかりやすい。



しかしエリアに着くと似たようなコーナーが並んでいて、「Commitment」の取り付きを探すのに一苦労。
それらしきルートは上のほうに見えるのだが、杉野さんのサイトに書かれている「きれいに割れたクラック」が見当たらない…。

壁沿いを端から端まで行ったり来たり、ルートを登っている人に聞いたりして、ようやく岩を少し登った上に取り付きを見つけた(下からではわかりにくい)。
ルートが右上気味なためか、取り付きは思ったよりずっと左側だった。



ルートを見上げると巨大なルーフがあってすごい迫力だが、実際にはグレードのわりに易しい。
5.8の「Nutcracker」が体感5.9で、5.9のこちらが体感5.8という感じ。
出だしのバチ効きハンドから、レイバック、ルーフ越えと変化があって面白い。
自分がリードした3P目のルーフ越え(というかルーフ巻き)が、フットホールドに乏しく核心だった。



午前中からカンカン照りで、岩はフライパン状態。
猛烈に暑い。
この日は最高で華氏93度(摂氏34度)もあったらしい。

途中で少し先行パーティーの待ちがあったが、2時間弱でトップアウト。
水の枯れたYosemite Fallのある岩峰や、Half Domeの眺めが素晴らしかった。




ちょっと危ない踏み跡を歩いて下降。



午後はビレッジの中心にあるVisitor Centerで展示や土産物を見た後、毎度のHalf Dome Villageでシャワー、サンドイッチの軽食(といっても量が多い)、買い物。




Camp 4へ戻り、夕食のサラダを食べながら「Snake Dike」の相談。
旅行全体のスケジュールや天気予報等を考慮して、明日は完全レストにして明後日「Snake Dike」を登ることにした。

■ 9/20(火):完全レスト

朝起きると、ヨセミテに来てから毎日憎らしいくらいの快晴だった空に、うろこ雲が現れていた。
天気の変わり目のようだ。



この日は完全レスト。
Bridalveil Fallへ観光に。
水の少ない時季だが、かろうじて滝が流れ落ちていた。



雲が多い。




その後、Housekeepingへ洗濯に。
洗濯機が$1.25/30分、乾燥機が$0.25/10分。
乾燥機は洗濯物の量が少なめでも10分では乾かず、30分回した。



Housekeepingの売店で少し買い物して、Camp 4に戻り昼食、ひげ剃りなど。
つかの間のゆっくりした時間。



明日の持ち物の確認・準備。
ひと通りの荷物を揃えてみるが、ここに水が加わるとかなり重くなりそうだ。
一昨日の下見でヘロヘロになったアプローチが不安。

またまたHalf Dome Villageへ行き、シャワー、サラダとピザ一切れの夕食。
明日に備えて早めにCamp 4へ戻る。
20時頃に就寝。

(6)へつづく…

ヨセミテ クライミングトリップ (4)

2016 10/04
(火)

(3)からつづく…

■ 9/18(日):Snake Dikeアプローチ下見

この日の朝食は日本から持ってきたグラノラにスキムミルク、バナナ、コーヒー。
Camp 4に落ち着いて、ようやく日常の食事に戻った感じ。

日曜日ということで、無料のコーヒーがふるまわれていた。



アクティブ・レストを兼ねて、Half Domeにある5つ星ルート「Snake Dike」(5.7 R/8P)のアプローチの下見に行く。
「Snake Dike」は行きに3~4時間、帰りに6時間くらい(?)歩かないといけない、とても遠いルート。
当日道に迷っている余裕はないので、事前にトレイルからクライマー道の分岐までは確認しておこうと。

Upper Pines近くの駐車場まで車で移動し、トレイルの出発点のHappy Islesを11時頃にスタート。



Merced River沿いのトレイルは良く整備されている。




Vernal Fallという大きな滝を通り過ぎる。



滝の上の湖畔からは、2つの大きな岩山が見える。




次に現れたのはNevada Fall。
今の時季はどの滝も水量が少ないそうだが、それでもなかなかの迫力。



階段状の長い急登が続くあたりで、暑さと補給不足のせいか熱中症のようになってしまい、ゆっくりとしか歩けなくなってしまった。
何とかMist TrailとJohn Muir Trailの合流点までは辿り着いたが、そこでギブアップ。
元気なパートナーさんだけその先のクライマー道の分岐まで行ってもらい、自分は日陰で休んでいた。



帰りもゆっくり歩いて何とか駐車場へ戻る。
自分のこの体調では、明日また長いアプローチを歩いて「Snake Dike」を登るのはとても無理そうなので、明後日決行することにした。

夕方はまたHalf Dome Villageへ行き、シャワー、アウトドアショップで買い物(アプローチ用にトレッキングポールを買った)、ピザ屋でボリュームたっぷりのサラダとピザ一切れの夕食。




Camp 4へ戻り、パートナーさんと明日の相談。
自分の体調も回復したようなので、易しいルートを1~2本くらいなら登ろうか…とトポでショートルートを調べたり、同じサイトのアメリカ人ペア(シアトル在住だそう)の話を聞いたり。
その結果、明日は「Commitment」(5.9/3P)を登ることにした。

トイレでは、瑞牆や小川山で何度かお会いしたことのある日本人にばったり。
自分たちとほとんど同じ旅行日程らしい。
ほかにもCamp 4にはかなりの数の日本人が入っているようだ。

(5)へつづく…

ヨセミテ クライミングトリップ (3)

2016 10/03
(月)

(2)からつづく…

■ 9/17(土):Nutcracker

今日こそCamp 4を取りはぐれるわけにいかない、ということで、3時起きでCamp 4へ。
さすがに一番乗りだったが、すぐに10人ほどの行列ができた。
マットを敷いてシュラフに入り、寝ながら順番待ち。

女性レンジャーが整理券を配り始め、無事にキャンプサイトを確保。
これでようやくヨセミテに落ち着ける…。
いくつか空きサイトの候補を言われて、角地でトイレも遠すぎず近すぎずのサイトを選んだ。



キャンプ場の中央には、あの有名なMidnight Lightningが。
ちょっと触ってみたけど、出だしのカチが磨かれてツルツル。



まだ前夜泊まった人がいるので、テントを張るのは後回しにしてManure Pile Buttressの5つ星ルート「Nutcracker」(5.8/5P)へ。
ここもアプローチ至近(5分)で、クライマーが大勢いた。
ちょっと順番を譲ってもらい、11:45頃に登攀スタート。



1P目(5.8)は自分がリード。
下部のOWと、右へ屈曲するところが難しかった。
少し登りすぎて、2P目の途中まで登ってしまう。
下の写真はビレイ点からの眺め。



2P目(5.4)はパートナーさんリード。
傾斜のないグルーブでとても易しい(杉野さんのサイトには「走って登れる」と。まあ確かに…笑)。
登り切ると安定したテラスがある。

2P目は物足りないので(自分が半分登っちゃったし)、3P目(5.7)もパートナーさんリード。
大きなフレークを繋いでいくピッチ。
先行パーティーが2組いて、登る前と途中でトータル1時間くらい待たされる。
下の写真は先行パーティーのおじさん。
お国は違えどやってることは同じ~(笑)。



4P目(5.8)は自分。
小ハングを右から巻いた後、プロテクションの取れないスラブを左へ大きくトラバース。
5.8といってもホールドは細かく緊張する。
落ちたらものすごい振られ落ちで大変なことに…(ということは考えないようにする)。
ようやくクラックに辿り着き、プロテクションが取れたときには心底ほっとした。
今まで経験のないドランナウトで痺れた~。

その後のハングの乗っ越しも小核心だが、ハンドサイズのクラックなので見た目ほどは難しくなかった。
長いピッチ(165フィート)でかなり疲れた。
写真は4P目のビレイ点から。



5P目(5.8)はパートナーさん。
出だしすぐの垂直のコーナーからのマントルが核心で、落ちるとちょっとヤバい。
先行パーティーのおじさんがヒントをくれたが、パートナーさんは別のムーブ&ホールドで無事突破。
わかってしまえば…系だが、フォローの自分は手足の順番を間違え、テンションしそうになってヒヤッとした。

ピッチ後半はクラック沿いでホールドが多く易しいが、補給不足でハンガーノック?
数歩登っては休む始末でヘロヘロだった。
それでも無事にオールフリーでOS!(ヒントをもらったのでFLかな?)

途中の待ち時間が長かったこともあり、トップアウトは17時。
感想は…長い。暑い。そして乾燥。
でもものすごい充実感!!

Camp 4に戻ってからシャトルバスでHalf Dome Villageへ行き、シャワーのちピザ屋で夕食(ここのピザは美味い!)。
自分はビールも注文。
しかし閉店時間(21時)が迫っていてゆっくり食べられず、ピザの残りをテイクアウトして食べながらCamp 4に帰った。

(4)へつづく…

ヨセミテ クライミングトリップ (2)

2016 10/02
(日)

(1)からつづく…

■ 9/16(金):観光(Glacier Point)、Church Bowl

朝5時に起きるつもりが5分ほど寝坊。
テントは張ったままにして、急いで車でCamp 4へと向かう。

道に迷いつつ6時少し前にCamp 4に到着すると、すでに30人余りの待ち行列ができていた。
そして受付に掲示された本日の空き人数は「ONLY 30」。
これはダメかも…。




ともかく順番待ちの列に並ぶ。
Camp 4のすぐ横にある岩壁の上部に朝日が当たり始めるが、谷底のここはまだ日陰。
寒くて防寒着が必須。



8時頃から整理券(?)を配り始めたが、残念ながら自分たちの直前で30人分が終わってしまった。
今夜泊まるところがない…。

Upper Pinesに戻り、作戦会議の後10時過ぎに撤収。
ここでほかのキャンプ場を予約するなり、ちゃんと行動すれば良かったのだが、それをしなかった自分の判断が甘かったことを後で知る。

今日は移動の疲れを取るため休養日にする予定だったので、ビューポイントのGlacier Pointへ観光に行く。
ビレッジ内を車で走っていると、スピード違反でレンジャーに捕まってしまった。
追突の次はスピード違反か…。
免許証をチェックされたが、口頭注意だけで罰金とかにはならなかった(アメリカのDBに違反歴は残ったかも?)。

ビレッジ内は制限速度にとても厳しいようで、その後も毎朝レンジャーが張り切って仕事を始める時間には、獲物を見つけたサイレンの音が鳴り響いていた。

途中のTunnel Viewから見た景色。
左の大岩壁がEl Capitan、奥のほうに見えるのがHalf Dome。



Glacier PointからはHalf Domeを中心に、見渡す限り花崗岩の山並み(岩並み?)が続くヨセミテが一望にできる。
まるでCGかジオラマか、絵葉書のような光景だ。





その後、ガス缶を買いにあちこちのショップへ行ってみるが売ってない。
どこも観光客で混んでいて、駐車場の空きを探すのも一苦労。
疲れただけだった。

一旦ガス缶はあきらめて、1本くらい登っておこう…とChurch Bowlというエリアへ行ってみる。
駐車場のすぐ目の前が壁になっていて、アプローチ1分。
5つ星の「Bishop's Terrace」(5.8/2P)を登りたかったがルートを同定できず、ヨセミテ初登りは「Black is Brown」(5.8)というショートルートにした。



ハンド~フィンガーサイズで体感5.9~10a?
中間部にきわどいムーブがあって何度もやり直したが、そこ以外はグレード相応かも。

トポには終了点から80フィートで下降できると書いてあったが、60mロープでロワーダウンしたらなぜか長さが足りず地面に届かない(たぶん、まっすぐ下に降りると80フィートという意味なのだろう)。
登っている途中でビレイヤーさんが何か言っていたが、内容までは聞き取れなかった(ロープが半分出たと言っていたらしい)。
ビレイヤーが一段上に登ったり、折れそうな怪しい立ち木でピッチを切ったりして、ひと悶着あったが何とか下降。
いやはや、車も買い物もクライミングも大変だ。

帰りにCamp 4で翌日の空き人数をチェックすると、「ONLY 23」の掲示。



無料のシャトルバスでHalf Dome Village(旧Curry Village)へ行き、シャワー、ファストフードのお店でピザのテイクアウト。
ここのアウトドアショップで、ガス缶が売っているのを見つけた。

その日の夜は某所に泊まった。

(3)へつづく…

ヨセミテ クライミングトリップ (1)

2016 10/01
(土)

9/15(木)~24(土)にかけて、クライマーの聖地・ヨセミテに行ってきた。
移動日を除くと実質7日間のクライミングトリップ。
ヨセミテもアメリカも、クライミングのために海外へ行くのも自分にとっては初めて。

■ 9/15(木):移動日

今回はクライミングギア、テント泊装備、さらに着替えや旅行用品等々…と荷物がかさみ、飛行機の預け荷物がサイズ制限ぎりぎりのスーツケースと65L級ザックの2つ、機内持ち込み荷物もサイズ制限ぎりぎりのバックパックが2つという大荷物になった(結局、一度も使わなかった物もあったが…)。

この日は年休を取り、自宅から成田空港まで電車で移動。
これだけの荷物を持って何度も乗り換えたり混雑していたりするのは嫌なので、ちょっと贅沢して成田エクスプレスを利用した(これだと乗り換え1回)。

ユナイテッド航空でアメリカへ。




ほぼ定刻どおり、現地時間の10時半頃にサンフランシスコ空港に到着した。
日本との時差はマイナス16時間。
1日得した気分だが、そのぶん帰りは損をする(笑)。

ターミナルからAirTrainでHertzのカウンターへ移動し、予約してあったレンタカーの受け取り。
しかし受付システムのトラブルで時間がかかり、ようやく車で出発したのは13時頃になってしまった。




サンフランシスコ市街のハイウェイは混雑していて、見慣れない道路標識も瞬時にはわかりにくい。
混乱した首都高をそのままスケールアップした感じで、走りながら迷っている余裕はない。
何度か分岐を間違えて、なかなかサンフランシスコから抜けられない。

渋滞でノロノロ運転中、エアコンの操作に気を取られているといきなり前車に追突!!
早速やっちまった~。
前車に従って路肩に車を停めると、降りてきたのは笑顔のあんちゃん。
急ブレーキをかけて車が止まるのと接触するのがほぼ同時だったようで、ほとんど衝撃はなく双方の車とも傷はなさそう。
こちらがレンタカーの外国人ということもあってか、あんちゃんは「気をつけな~」という感じで去っていった。
大事に至らなくてほっとしたが、最初からこの調子では先が思いやられる。

なんとか郊外へ脱出し、広大な大地を東へ東へひた走る。
右側通行は間違えなかったが、いつも右ハンドルで自分(運転手)が車線の右側に位置しているので、左ハンドルでも無意識に右へ寄り過ぎてしまう。
この習慣は旅行中もなかなか直らなかった。

途中、Oakdaleという街にあるSave Martで食料品などの買い出し。
ここで結構時間を食った。



ヨセミテ国立公園の料金ゲートに着く頃には夕暮れになり、すでに無人になっていた(通過は可)。
山道を走っていると正面に大きな月が見える。

ヨセミテまでで最後と思われるガソリンスタンドで給油しようとすると、クレジットカードを認識してくれない。
何枚か試したが、どれもエラーになってしまう(後日調べてみると、郵便番号のチェック?があり日本のカードは使えないようだ)。
まだガソリンは十分残っているので、給油はあきらめて先へ進む。

ヨセミテバレーに入ってからも道に迷い、予約しておいた初日のキャンプ場・Upper Pinesに到着したのは20時半頃(ここもすでに受付は無人)。
サンフランシスコを出発してから7時間以上かかったことになる。
何はともあれ、辿り着けて良かった!

Upper Pinesは事前予約が必要だが、2人組がやって来て「予約してないけどここに泊まらせてくれないか」と言う。
1つのキャンプサイトに2組まで泊まれるのだが、空きスペースがあったのでOKする。
キャンプ場が空いている時期は、こういう人たちが少なからずいるのかも。

軽く夕飯を食べて、22時過ぎに就寝。
明日は早起きしてCamp 4の順番待ちだ。

(2)へつづく…

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。