陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨセミテ クライミングトリップ (3)

2016 10/03
(月)

(2)からつづく…

■ 9/17(土):Nutcracker

今日こそCamp 4を取りはぐれるわけにいかない、ということで、3時起きでCamp 4へ。
さすがに一番乗りだったが、すぐに10人ほどの行列ができた。
マットを敷いてシュラフに入り、寝ながら順番待ち。

女性レンジャーが整理券を配り始め、無事にキャンプサイトを確保。
これでようやくヨセミテに落ち着ける…。
いくつか空きサイトの候補を言われて、角地でトイレも遠すぎず近すぎずのサイトを選んだ。



キャンプ場の中央には、あの有名なMidnight Lightningが。
ちょっと触ってみたけど、出だしのカチが磨かれてツルツル。



まだ前夜泊まった人がいるので、テントを張るのは後回しにしてManure Pile Buttressの5つ星ルート「Nutcracker」(5.8/5P)へ。
ここもアプローチ至近(5分)で、クライマーが大勢いた。
ちょっと順番を譲ってもらい、11:45頃に登攀スタート。



1P目(5.8)は自分がリード。
下部のOWと、右へ屈曲するところが難しかった。
少し登りすぎて、2P目の途中まで登ってしまう。
下の写真はビレイ点からの眺め。



2P目(5.4)はパートナーさんリード。
傾斜のないグルーブでとても易しい(杉野さんのサイトには「走って登れる」と。まあ確かに…笑)。
登り切ると安定したテラスがある。

2P目は物足りないので(自分が半分登っちゃったし)、3P目(5.7)もパートナーさんリード。
大きなフレークを繋いでいくピッチ。
先行パーティーが2組いて、登る前と途中でトータル1時間くらい待たされる。
下の写真は先行パーティーのおじさん。
お国は違えどやってることは同じ~(笑)。



4P目(5.8)は自分。
小ハングを右から巻いた後、プロテクションの取れないスラブを左へ大きくトラバース。
5.8といってもホールドは細かく緊張する。
落ちたらものすごい振られ落ちで大変なことに…(ということは考えないようにする)。
ようやくクラックに辿り着き、プロテクションが取れたときには心底ほっとした。
今まで経験のないドランナウトで痺れた~。

その後のハングの乗っ越しも小核心だが、ハンドサイズのクラックなので見た目ほどは難しくなかった。
長いピッチ(165フィート)でかなり疲れた。
写真は4P目のビレイ点から。



5P目(5.8)はパートナーさん。
出だしすぐの垂直のコーナーからのマントルが核心で、落ちるとちょっとヤバい。
先行パーティーのおじさんがヒントをくれたが、パートナーさんは別のムーブ&ホールドで無事突破。
わかってしまえば…系だが、フォローの自分は手足の順番を間違え、テンションしそうになってヒヤッとした。

ピッチ後半はクラック沿いでホールドが多く易しいが、補給不足でハンガーノック?
数歩登っては休む始末でヘロヘロだった。
それでも無事にオールフリーでOS!(ヒントをもらったのでFLかな?)

途中の待ち時間が長かったこともあり、トップアウトは17時。
感想は…長い。暑い。そして乾燥。
でもものすごい充実感!!

Camp 4に戻ってからシャトルバスでHalf Dome Villageへ行き、シャワーのちピザ屋で夕食(ここのピザは美味い!)。
自分はビールも注文。
しかし閉店時間(21時)が迫っていてゆっくり食べられず、ピザの残りをテイクアウトして食べながらCamp 4に帰った。

(4)へつづく…

スポンサーサイト
copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。