陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥多摩 風張峠越え、そしてミスコース

2006 02/06
(月)

昨日は奥多摩方面へヒルクライムのトレーニングに行くことにした。

計画ではJR青梅線で羽村駅まで輪行し、そこから青梅街道を通って奥多摩湖へ。湖の南側の奥多摩周遊道路へ入り、風張峠(かざはりとうげ)を越えて再び羽村へ戻ってくる。帰りは輪行してもいいし、余力があれば多摩川CRを走って帰ろうと考えた。

このコース案をカシミールで調べてみるとこんな感じ。




奥多摩周遊道路に入ってから風張峠まではおよそ10kmで、標高差は600mくらいだろうか。つまり平均6%の上りが10kmだ。なかなか辛そうだが、グランフォンド糸魚川の経験がある私としては何とか走りきりたいところ。
4月に参加予定のツール・ド・草津が13kmで標高差800mということなので、計算上の勾配はやはり6%。そのトレーニングにもよさそうだ。



5:30に起床し、6:40に自宅を出発。あらかじめ御茶ノ水駅~羽村駅の乗り継ぎを調べておいたのだが、それより1、2本早い電車に乗ったらかえって接続が悪く、2回も後続列車に追い越される。結局、羽村駅には停車しないホリデー快速に乗り換えてしまい、ひとつ手前の福生(ふっさ)駅で下りることにした。

9:05に福生駅を出発。青梅方面へ向かう。ウォーミングアップのためにゆっくり走るが、信号の変わるタイミングと自転車の速度がちょうどシンクロしているようで、信号という信号にすべて引っかかってしまう。しかも少し向かい風(西風)で有難くない。

青梅からの道中は、ランのトレーニングをしている人をたくさん見かけた。再来週に迫った青梅マラソンの練習なのだろう。ランと自転車で種目は違うが、同じくトレーニングをしている者として仲間意識を感じる。「青梅マラソン30km折り返し」の看板のあるところで折り返しているグループもいた。

奥多摩駅の近くにあるデイリーストア奥多摩店(ここが奥多摩湖への最終コンビニらしい)でおにぎりを2個買い、1個食べる。そして11:00に「奥多摩 水と緑のふれあい館」に到着した。



奥多摩湖までの上りは大したことがない。ふれあい館のすぐ手前の急坂ではセンター×ロー(38×26)を使ったが、それ以外は最低でも38×23までしか使わなかった。昨年7月にはインナー×ロー(28×26)まで使ってしまったことを思うと成長したなあ・・・といい気になりかけたが、そんな乗り始めて間もない頃と比べて喜んでちゃ話にならないな。私が勝てる相手は“過去の自分”くらいしかいないからなあ(情けない)。



ちなみに、先日タイヤをIRC REDSTORM(25C)に履き替えた。赤い嵐。赤いトレッドがアグレッシブな気分にさせてくれる。ただ接地面はすぐに汚れてしまうし、白い粉を吹いたようになって(これが米ヌカか?)ちょっとばばっちい。今まで履いていたシュワルベのステルビオと性能的な違いは感じられなかったが、ロードノイズが若干大きくなったような気がする。これがグリップの良さの現れなのだろうか。

ふれあい館でトイレ休憩し、5kmほど走って湖の西側へ。



奥多摩周遊道路に入る手前に売店があったので、さっきのおにぎりと自販機でオロナミンCを買って補給。これからの登坂、「元気ハツラツぅ?」「オフコース!」といくかどうか・・・。



三頭橋(みとうばし)を渡り、いよいよ奥多摩周遊道路へ。



入り口の料金所(現在は無人で無料)には「只今の気温 0度」の表示が。ただ、日なたにいるとそれほど寒さを感じない。路面凍結も心配したが、結論からいうと路肩に雪はあったが路面凍結している箇所はどこにもなかった。塩カルを撒いたあとがあったので、放っておいたら凍結してしまうんだろうな。

少しの平坦区間の後、いよいよ上りが始まる。すぐにフロントをインナーへ。でもインナー×ロー(28×26)は絶対に使わないぞ。俺のSIRRUS A1にそんなギアは存在しないのだ。

2番目に軽いギア(28×23)でひたすら上る。辛い。辛い。どんどん脚がきつくなってくるが、傾斜のきつい区間とゆるい区間がわりと頻繁に交互に現れるので、坂を見上げたときに「あの傾斜がゆるやかになるところまで辛抱しよう」と思ってなんとか頑張れる。それの繰り返し。もしまったく同じ傾斜の坂がずっと続いていたら我慢しきれなかっただろう。

途中で奥多摩湖を一望するビューポイントがあったが、止まらずに上る。やがて峠が近づき、月夜見駐車場のあるあたりから傾斜がゆるやかになった。でももうギアを上げる余力は残っていない。
明確な峠の表示が見当たらないまま、12kmポストのあるところで最高地点を越えたと判断して足を着く(※)。きつかった・・・!! もう脚が限界だ。



※後で確認すると、最高地点の風張峠は12.8km地点にあったようだ(参考ページ:西建)。つまり、足を着いた12kmポストではまだ峠に達していなかったことになる。

アップダウンのある道をさらに1km進み、13kmポストの手前で休憩。結局、峠の表示は見つけられなかった。



ときおり車が通り過ぎる以外は、とても静かだ。鳥が一羽さえずっている。



遠くには東京都心だろうか? 高層ビル群が見える。その向こうは海かな?(画像は一部を拡大したもの)
この景色を見るためなら辛い上りだって・・・なんて思うかっつーの! まったく何を好き好んでわざわざこんなところまで辛い思いをしに来てるんだか。

今の私には10kmで6%の上りが限界だ。さらに距離が伸びるツール・ド・草津では大丈夫だろうか・・・? まあ、そういう現実がわかっただけでもこの上りには意味があった。
そして、予約中のロードバイクの最低ギアは34×25(コンパクトクランク使用)。今日使った28×23よりもギア比が高い。ツール・ド・草津はSIRRUSで臨むことになるだろうが、ロードバイクでもこのくらいの坂を上れるように鍛えないと。

ウイダーinゼリーで補給し、峠を下り始める。くわ~っ、寒い!! とてもスピードを出す気になれずブレーキを多用しながら下る。



途中、勾配9%の表示が。カシミールの高低図でははっきりしないが、こちら側から上ったほうが傾斜がきついのではないだろうか? でも私が上ってきた道も平均6%とはいえ、それ以上のところがあったのかなあと思う。

檜原街道を下り、十里木という交差点で地図を確認する。あちゃ~、ツーリングマップルを見て今日のお昼はここにしようと思っていた「いっぷく亭 遊」(家庭的なビーフカレー 750円はおすすめ、らしい)を通り過ぎちゃってるよ。楽しみにしていたのだが、今日はあきらめよう。

14:30、武蔵五日市駅を過ぎてまもなくのセブンイレブンあきる野増戸店で休憩。温かくてしょっぱくて汁っぽいもの・・・という体の欲求に従いカップヌードル(チリトマト味)と、グレープフルーツジュースを買い駐車場の車止めに腰かけて食べる。
地図を検討。このまま拝島まで行き、狭山湖のわきを通ってR463で荒川まで行くことにした。羽根倉橋から荒川CRで帰ろう。

渋滞する車の横をすり抜け、R463に入って10kmほど走ったところの交差点で地図を確認する。さっき入間市役所を通り過ぎたので、今いるのは入間市だ。
ところが・・・ない。ない。いくら地図を見ても羽根倉橋の近くに入間市なんてない。もしやと思って前のページを確認してみると・・・ぐわ~っ! R463を逆走してたよ! ガーン! このへんの土地勘がまったくないので全然わからなかった。まさか逆に走っているとは思いもしなかった。

かなり時間をロスしてしまったが、距離的にはそれほど遠回りしたわけではないのが幸いだ(10km程度か)。R16経由で新上江橋へ行き荒川CRに入ることにする。すでに日が暮れ、ライトを点灯した。

新上江橋を渡り、18:00にようやく荒川CRに入る。とりあえず一安心、これで道に迷う心配はなくなった。それにしてもとんだミスコースをしてしまった。ブルベではこういうことのないように気をつけないと・・・。方位磁石でも買ったほうがいいか!?

治水橋のたもとでチョコバーを食べて補給。不思議とまだ元気がある。別腹(別脚?)じゃないが、やっぱり上りと平地とでは疲れるところが違うようだ。ライトが暗く路面がよく見えないので、ペースを落として走る。多少の追い風があるのが救いだ。

しかし、まだ元気だなんて言っていられたのも途中まで。戸田橋の下で最後の休憩をした後は、脚がだるくて走るのが非常に辛くなってきた。もはやペダリングに力が入らず、ギアを下げてもなおケイデンスががっくり落ちる。
ペダリングに力が入らないとそのぶんの重さがみんなサドルに来てしまうので、お尻もかなり痛い。岩淵水門を過ぎてからは1kmおきにペダルの上に立ち上がり、脚とお尻を休めながら走った。
必死の思いで船堀橋まで走り、20時半頃に帰宅した。

LAP1234567
走行時間1:44:2617:5756:231:10:142:43:231:48:5620:37
走行距離(km)36.37.413.032.059.343.95.3
平均速度(km/h)20.824.713.827.321.724.115.4
平均ケイデンス(rpm)86918088908469
平均心拍数(bpm)157152177137145134111
最大心拍数(bpm)168191164174160123

※乾燥のため測定エラー
  1. 福生駅~奥多摩 水と緑のふれあい館
  2. ~奥多摩湖 三頭橋手前
  3. ~風張峠(13kmポスト手前)
  4. ~武蔵五日市駅
  5. ~荒川CR 新上江橋
  6. ~荒川CR 船堀橋
  7. ~自宅

■ 走行データ:
  • 走行時間: 8時間58分
  • 走行距離: 197.2km
  • 平均速度: 21.9km/h
  • 平均ケイデンス: 86rpm
  • 平均心拍数: 146bpm

走行距離は約200km。それでこの疲労度だ(もう限界)。600mの峠越えはあったが、そういうコースはブルベにだってあるだろう。今の自分にとって、やはりブルベは実力以上のことをしようとしているんだなあ・・・と思わざるを得ない。

困難に挑もうという気持ちはもちろん大切だが、もし無理だと思ったら出走しない決断も必要だ。一人きりのツーリングならいいが、ブルベで途中棄権すれば(いくら自己責任といっても)ほかの人にも迷惑をかけてしまう。自分の実力を見極めて、責任の持てる判断をしなければならないと思った。

コメント

はじめまして。ウズラと申します。RFX8を私も注文中で、それを検索中にこのページを見つけてから拝見させていただいております。
奥多摩を走ってR16経由で荒川を走れるなんて神様です。
そのコースは、単車でのツーリングのお気に入りに近い感じですが、単車でも半日以上かかります。
すばらしい脚力ですね。感動いたしました。

by: ウズラ * 2006/02/06 15:09 * URL [編集

このコース走れるようならブルベは大丈夫ですよ。:D
みんなで走るから精神的な疲れ方が全然違いますし。
ミスコース防止にはGPSがあるといいかも。
それと、サドル低くないですか?

by: kassy * 2006/02/07 00:28 * URL [編集

のむさん.いつも拝見しております.なんとも楽しそうで,つらそうなコースですね(笑)私の場合,200km越えは琵琶湖一周の時に一度経験しただけなのですが,これだけヒルクライムのあるコースで実施されるのはスゴイ.ちなみに,ハンドルには方位磁石つけてます.GPSは欲しいですが,高いですし,結構重宝してますよ.

by: yanz * 2006/02/07 01:21 * URL編集

おつかれ様でした
すごいコースを走破してますね・・・(゜ロ゜) ヒョオォォ!
オイラには真似できない・・・・
前でkassyさんも書いてますが、ミスコース対策にはGPSいいみたいですね~
ちょっと値段が・・・ですけど
この分なら参加されるブルペもダイジョブなような気がします。
レポート楽しみにしてますよ(←プレッシャー(笑))

by: koro * 2006/02/07 03:54 * URL編集

おつかれさまでした。
今、今度回る湖or沼を探しているのですが、奥多摩はさすがにキツそうですね(^^;
ブルペは、他の人も走っている利点もありますし、大丈夫そうですね。
影ながら応援してますし、必要ならサポートに駆けつけますので気軽に声かけてくださいね。
方位磁石・・・便利ですよ。これさえあれば逆走はしませんw
GPS欲しさに何度、携帯電話をauにしようかと思いましたがとりあえずはこれで十分乗り切れます。

by: しろ * 2006/02/07 05:11 * URL編集

 のむさん、BLOGへのコメントありがとうございました。BLOGは完全に辞めてしまおうとは思っていないんですよ。今はちょっと精神的にもいっぱいいっぱいなのです。私のBLOGが縁で知り合った方々のところへは時々遊びにきますね。どこかの長距離ライド(ブルベ?糸魚川?)でお目にかかれますよう

by: クニリン * 2006/02/07 11:38 * URL [編集

こんにちは。
▼ウズラさん
はじめまして~。RFX8、お互い早く来るといいですね~(^_^;)。
奥多摩周遊道路はバイク(オートバイ)にも人気のコースみたいですね。
この日はさすがに数台しか見かけず、路面凍結を心配してか徐行気味でしたが、春~秋にかけては峠を攻めるバイクが多くて自転車は危ないかもしれませんね。
▼kassyさん
サドルは低くて驚かれるかもしれませんが、これでもサイズ出ししているんですよ~。
並外れて足が短いんです。ここのblog名はそこから来ています(^_^;)。
▼yanzさん
はじめまして。
楽しそうと言ってしまうあたり、yanzさんも好きですね(笑)。
ヒルクライムをしても結構距離は走れるようです。もちろん体力の消耗はありますが・・・。
国内でロングライドしようと思ったらどうしても峠が出てきますから、こういうコースも走り慣れておきたいですね~。
▼koroさん
GPSは予算的な問題と、ちょっとそこまで必要ないかな? という考えで今のところ購入予定なしです(笑)。
ブルベ、200kmは余裕で帰ってこれるようにしたいですね~。レポートお楽しみに(^_^;)。
▼しろさん
そういえば、しろさんも逆走経験がおありでしたね(笑)。
以前blogでご紹介されていた狭山湖のあたりも走ったんですが、時間の余裕がなくて見てこれなかったのが残念です。
奥多摩周遊道路も途中で休憩を入れれば上れますよ~。
ネットで検索すると結構レポも見つかって、見どころがありそうですね。
▼クニリンさん
コメントいただけて光栄です。ありがとうございます(^_^)。
糸魚川、実はちょっと気になってます。
ただ“fast run”の名のとおり(笑)それなりの速度が要求されそうなので、まずはロードバイクを入手して、自分がどれだけ走れるのか見極めてからの判断になりますね。
クニリンさんの頑張りを励みに、私も頑張りたいと思います!

by: のむ * 2006/02/07 13:21 * URL編集

>これでもサイズ出ししているんですよ
股下長 * 0.875~0.885 くらいですかねー。
サドルが低いんじゃなくてハンドルが高いってことでしょうか。(笑
GPSはあると楽しいですよ。地図がないタイプで十分ですので、foretrex 101 などであれば2万5千円くらいで手に入りますね。(私もそれ。)
道案内的な使い方もしますが、帰ってきてからの軌跡を見るのが楽しいです。

by: kassy * 2006/02/08 10:38 * URL [編集

はじめまして、Ad2と申します。
私もSIRRUSに乗り、RFX8待ちの間です。
SIRRUS改造の誘惑にかられつつ日々をすごしてます。(^^;
奥多摩てすごく風景が良いんですね~、驚きました。
のむさんがうらやましい限りです。
私は、北陸の方に住んでまして、最近は雪がおおく、3本ローラー台でのトレーニングのみです。ただ、バランス感覚がとても付いた感じはします。

by: Ad2 * 2006/02/08 13:02 * URL [編集

こんばんわ。
奥多摩周遊なんて車で走り回ってた頃を思い出します(しかも事故った経験もあり(汗))。
傾斜も辛くて見通しが悪くて側道がない、と言う記憶がありますが・・・(^-^;
いや、凄いっす。

by: 柴犬461 * 2006/02/08 13:21 * URL編集

こんにちは。
▼Ad2さん
はじめまして。
RFX8を注文された方(しかもSIRRUSから乗り換えという方)、多いですね~。
なんとか早く来るように祈りましょう(-人-;)。
雪の多い地方の人に比べると、自分は本当に恵まれていると思います。
そのぶんしっかりトレーニングしなければ・・・。
▼柴犬461さん
自転車で走っているとあまり気になりませんでしたが、地図を見るとかなり曲がりくねっていてブラインドコーナーも多そうですね。
車やバイクの少ない今がチャンスなんですが、寒いのはやっぱり嫌ですね(^_^;)。
傾斜はどうなんでしょう。平均すると6%ですが、場所によってはそれよりきついところもあるのかも。
ただ私は本当に軽いギアで走ってますから・・・インナー38Tとか39Tで走れる人はすごいですね(@_@)。
#重複投稿になっていましたので、ひとつ削除させていただきましたm(_ _)m。

by: のむ * 2006/02/08 15:54 * URL編集

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/157-f9788f8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。