陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOKIOにヘルメットを!

2005 05/30
(月)

今日は朝から雨のため電車で会社へ。ヘルメット通勤デビューはおあずけとなった。

あまりテレビを見る習慣のない私だが、毎週楽しみにしている数少ない番組のひとつに「ザ!鉄腕!DASH!!」がある。TOKIOのメンバーがDASH村で自給自足の生活をしたり、ソーラーカーで日本一周にチャレンジしたり、良質でとても面白い番組だ。TOKIOの5人はルックスはもちろん性格も良く、同性から見てもすごく格好いい奴らだ(この時期は野球中継で中止になることが多くて残念!)。

昨日の放送では「坂道で止まらずにどこまでいけるか?」というテーマをやっていた。広島県福山市・鞆の浦を舞台に、山口、松岡、城島の3人がMTBと三輪のママチャリに乗って、ペダルを漕がず足を着かずに坂道を下って誰が海まで行けるかを競うという内容である。

これを見て「あっ、残念だな~」と思った。3人とも頭に手ぬぐい姿で、ヘルメットをかぶっていないのだ。
坂道を自転車で下るのはそれなりに危険を伴う行為だし、車道の真ん中や、ときには一つ間違えば急斜面を転落するようなブッシュを走ったりもしていた。三輪ママチャリの城島は絵的にともかくとして、MTBの山口と松岡にはぜひヘルメットをかぶってほしかったと思う。あれだけの人気番組が、まさかヘルメットを買う予算もなかったわけじゃないよね?(笑)

彼らなら絶対サマになるヘルメット姿を見せてくれたに違いない。それを見て「自転車のヘルメットって格好いいんだな、自分もかぶってみよう」という自転車乗りが、意識的にせよ無意識的にせよきっと出てきたのではないかと思う。

最近「自転車の車道走行禁止法案?」なるものがサイクリストの間で話題になっているが、たしかにノーヘルの軽快車が車道をふらふら走っているのを見れば「あんな危険な乗り物に車道を走らせるわけにはいかん!」という論理がまかり通っても仕方がないと思う。
そんな中で、我々スポーツサイクルに乗っている者たちが交通ルールを守り、さらにヘルメットを着用して車道を走行することは「自転車は本来車道を走るものですよ。自分自身で安全にも配慮していますよ」ということをアピールするひとつの方法ではないだろうか。

そういうマジメなサイクリストの姿を世の中に広めるのに、TOKIOのメンバーならもってこいだと思うのだが・・・。全国のTOKIO&DASHファンの皆さん、そう思いませんか?

コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。