陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大変なことが起きた

2006 07/16
(日)

大変なことが起きてしまった。

美濃600kmブルベの下見を兼ねた厳しくも楽しい1泊2日のツーリングを終え、輪行で御茶ノ水駅に戻ってきた。我が家まであと少しだ。駅前で自転車を組み立てて走り出し、輪行時にはギアをトップにしてあるので「ガチャガチャガチャッ」と一気にロー側に落としていったそのとき。

  ガッガゴゴゴゴッッ!!!

なにかとてつもない事態が起きたことを感じさせる異音がリアから生じ、自転車が止まった。すぐに確認すると――なんとエンド部がバッキリと折れ、ディレイラーが丸ごとホイールの中に噛み込んでしまっているではないか!!!!

  フレームが折れた!!?

あり得ない状況に呆然。真っ青になりながらまず頭に浮かんだのは、

  「15万円!」 そして 「美濃600kmに出られない!」

の2つだった。

(注1) RFX8のフレームは15万円。
(注2) フレームを注文しても数ヶ月は待たされるだろう。

がっちりと食い込んだディレイラーをなんとかホイールから取り出す。大変なことになった。当然走れない。まずはどうすれば――。
いつも頼りにしているサイクルショップYへ行こう。ホイールを外し、タクシーに乗って一路Yを目指す。ああ大変なことになった。泣きたい、死にたい・・・。

Yに到着し、やや大げさな感じで「大変なことになっちゃいました!」と店員さんに告げる。事情を説明して見てもらうと、しかしエンド部だけの破損でフレームは大丈夫だそうだ。よかった~!!!

店内に自転車を入れてあらためて見てもらう。ディレイラーの台座、そしてディレイラー自体もダメになってしまった。チェーンもねじれてしまっているので交換(場合によってはスプロケも交換が必要かもしれないとのこと)。スポークも曲がってしまったが、こちらはちょうど新しいホイールを注文したところなのでとりあえず良し。



(↑)ディレイラーの台座がバッキリ。



(↑)ディレイラー自体も真っ二つに折れてしまっている。

必要なパーツの取り寄せをお願いする。今週末には届き、その後の調整を入れても再来週の週末(ブルベ)には十分間に合うそうだ。安心したような、走れない口実がなくなって残念のような・・・自分でもどっちかよくわからないが。

なぜこんなことになったのか。
思い当たるのは輪行時に無理な力が加わったのではないかということだ。そういえば昨日の行きの輪行中に、確認するとエンド金具が外れてディレイラーで直接支えるような形になってしまっていた。

でもそうすると、昨日から折れそうな状態でずっと走り続けていたことになる。もし下りで50~60km/hも出ているようなときにバッキリいって、ホイールに噛み込んだとしたら・・・想像するだに恐ろしい。そう考えると、輪行を終えて走り出したときに折れたのは不幸中の幸いとも言えるが・・・。

・・・とずっと考えていて店員さんにも「たぶん輪行時に」と話したのだが、いろいろ考えるとそうではなくて、「ガチャガチャガチャッ」と一気にロー側に落としたのが原因の可能性もある。通常そんなことでは折れるはずもないが、もしホイールをはめたときにチェーンがスプロケにちゃんとかかっておらず、その状態で一気にギアチェンジをして内側に強く引っ張ったとしたら・・・?

そういえば、ゆるめておいたブレーキシューを走り出す前にちゃんと戻したかどうかも記憶がない。そんな上の空の状態だから、チェーンがきちんとかかっていなかったというのも考えられる話だ。

どちらが原因だろう? できれば後者であってほしい。でないと折れそうな状態のまま豪快なダウンヒルを下っていたと考えるのは恐ろしすぎる(あるいは帰りの輪行時になったのかもしれないが)。

とにかくフレームが無事でよかった。「フレームが折れた!?」と思ったときには本当に泣きそうだったのだが、かなり気持ちを持ち直すことができた。これでツーリングのレポも書けそうだ。

それにしても「もし走行中に――」と考えると、自転車は怖い乗り物だと思った。そして輪行するのも怖くなってしまった。エンド部を下にするタイプの輪行袋を使うのは考え直したほうがいいかもしれない。そして輪行後に走り出す前には、チェーン、ブレーキ、クイックレバーの確認を忘れずにしなければとあらためて思った。今までもそう思っていたはずではあるのだが・・・(ダメだった)。

コメント

いや~。災難でしたね。

「15万円!」 、 「美濃600kmに出られない!」 、以前に怪我なくてよかったですよ。客観的に見られるので、まっさきにそれが・・・
自分、以前乗っていたパナのクロスバイクがフレームから折れたことあります。溶接部分だったので、ベテラン自転車屋さんがすっかり直してくれました。
当時中学生で、泣きながらすがりついた自転車屋さんが直してくれた嬉しさはなかったですね。森下にある自転車屋さんだったのですが、引退してしまいました。近所だったので非常に惜しい。。。

しかし、のむさんの様な慎重な方でも、あるんですね。
輪行(が原因じゃないみたいですが)デビュー前に、勉強になりました。

by: しろ * 2006/07/16 23:27 * URL編集

うわっ・・・ディレイラーもげてますね・・・・
泣きたくなりますね・・・

輪行ごときじゃディレイラーハンガーは曲がってももげるまではいかないんじゃないかな
組み立ててからちょっとは走っているので、ディレイラーの変速に何らかの原因でチェーンラインが追随出来なかった。
で、ホイールの回転について行けすにディレイラー自体がもげてしまったって感じのように類推します
となるとディレイラーのプーリー付近が輪行時にひどく曲がってしまっていたとかプーリーあたりのチェーンが外れっぱなしだったとかチェーンがトップ側で外れたままで走ってしまったとか・・・かも
とりあえず修理可能で安心しました。
私のガリはディレイラーハンガーがフレームと一体型なんで同じ状況だとフレームお釈迦ですね・・・
ところでコレを機にdura行っちゃうのかな・・・・
ホイールは何にしたのかな???楽しみです
シマノの7801かな?キシリかな?カンパかな?イーストン?フルクラム?まさかチューブラーでZIPPとか・・・・(これだけ書けばあたるんじゃないかなw)

by: koro * 2006/07/17 08:38 * URL編集

しろさん、こんにちは。
本当に、人間のほうに何事もなくてよかったですよね。
自転車は危険な乗り物で、交通事故も含めて乗るときは気をつけなければ・・・とあらためて思いました。

私も今回はすがるような思いで自転車屋に行きましたよ(ほとんど半べそ)。
いつもの店員さんがてきぱきと状況を判断してくれて、本当に頼もしかったです。

私はしっかりしているように思われがちですが、決してそんなことないんですよ~。
特に昨日は旅の疲れと「もうすぐ家だ」という気のゆるみで、かなり集中力をなくしていたようです。

by: のむ * 2006/07/17 08:44 * URL編集

koroさん、こんにちは。

> チェーンがトップ側で外れたままで走ってしまったとか・・・

その後理由を考えていたんですが、私もこれではないかな~と思ってます。
ホイールをはめたときにチェーンがトップより外に落ちた状態になっていて、それでディレイラーを一気に内側に変速していったもんだからまずプーリーが折れた → それをホイールが噛み込んで、台座ごともげた・・・という感じかなと思っています。
ただ、間接的な原因として輪行時に力が加わっていた可能性もありますね~。
なんにしても、本当に代償の高い勉強になってしまいましたよ(-_-;)。

> これだけ書けばあたるんじゃないかなw

むふふ、お楽しみに(笑)。
ちなみにディレイラーは今までどおり105にしました(^_^ゞ。

by: のむ * 2006/07/17 08:54 * URL編集

ご無沙汰しております。
大変な事になりましたね。
原因は私には全然分かりませんが、私ものむさんを手本にして輪行を始めたので、今回の事は留意しなくてはならないですね。
と言っても、輪行をといて走り出す前にエンドが曲がっていないかとか、基本チェックくらいしか出来ないですが...。
先頭車両に輪行袋を置いていると、先頭車両で景色を見たがる子供の足元が気になる時があります。

私も来年は200km、300kmブルベにチャレンジしようかと思っています。

by: magara * 2006/07/17 09:01 * URL編集

のむさん、大変でしたね。

アルミのエンドは曲がりやすく、輪行ではイチコロで曲がってしまう事もありますよね。
通常リアホイールを外すのに、TOPに入れるのが普通でしょうから、内側に曲がったエンドのままで走り出して、一気にローに入れたら、ディレイラーがホイールと干渉して…

考えるだけで怖いです。

私も逆さタイプの輪行袋を買おうかなぁ…このさい大きさは二の次で…

by: らんた * 2006/07/17 09:36 * URL編集

のむさん大変でしたねぇ。
何とも、傷跡が痛々しい限りですが、怪我が無かった事が不幸中の幸いでしょうか?(懐は痛そうですが(汗))
ブルベにも間に合うようで良かった良かった(^^)

by: Yz * 2006/07/17 10:39 * URL編集

こんにちは。

▼magaraさん
私も先頭車両に置いていて、子供に蹴られるんじゃないかとヒヤヒヤしたことがあります。
ずっと輪行袋の脇に立って見ていればいいんでしょうが、そうもいきませんからね~。
とにかく、うっかり人に蹴飛ばされたりすることのないような置き方には気をつけるべきですね。
あとはやっぱり、走り出す前の点検でしょうか。

#magaraさんのblogにあった松姫峠、私もいつかチャレンジしたいと思ってます。

▼らんたさん
あらためて見てみると、プーリーとかって薄い部品なんですよね~。
通常の使用では問題なくても、無理な力がかかれば一発で・・・というのが納得できます。

縦置き形の輪行袋は電車の片側にちょうど納まるサイズで、邪魔にもならずいいんですよね。
エンド部を下にするというリスクはありますが・・・
でもやっぱり、実用性を考えるとこれからも同じものを使うことになるのかなあ。

▼Yzさん
本当に怪我がなくてよかったです。
怪我をせずに自転車の怖さが勉強できてよかった、と思うべきですね。
懐も痛いですが、やっぱりこんな失敗をしてしまった間抜けな自分に胸が痛みます・・・。

by: のむ * 2006/07/17 13:04 * URL編集

怪我がなかったこと、フレームに損傷がなかったことは何よりだったと思います。

リプレーサブルエンドはこういうトラブルのとき簡単に交換できる
というのが何よりものメリットですね。

MTBではディレイラーをぶつけてエンドを壊すことがありますので
普段からスペアを準備している人もいるくらいです。
そういう人はディレイラーに大した被害がなければ壊れたエンドだけ交換して
走り続けちゃったりします。

逆にいえば、フレームを守るためにリプレーサブルエンドは壊れやすく
出来ていると考えても良いかもしれません。

ちなみに、機械装置関係では過負荷から機械を保護するためにシャーピンと呼ばれる
ある一定の負荷を超えると破断するピンを使用する場合があります。

例えば、除雪車のスノープラウ(除雪板)は路面の突起や段差等につっかえ、
取り付け部に過負荷がかかって破損しないよう、シャーピンが切断されることで
保護されるように出来ています。

なお、シマノの落っこち系MTB用コンポではフリーハブ軸にディレイラーをマウントし、
ディレイラーが当たってもフレームに損傷のないような方式を採用したり、
障害物等にケーブルが引っかかった際の過負荷を逃がすケーブルテンションセーバーなど
様々な工夫が凝らされています。


リプレーサブルエンドで普段から注意しておかなければならないのは
取り付けているネジが緩むこともあるということですね。

それに気付かずに走っていると変な負荷がかかって金属疲労を起こし、
トドメとなる大きな負荷一発で逝ってしまうというケースもあるでしょう。

そうした懸念があるからなのかは解りませんが、
トレックなどはリプレーサブルエンドを採用していないんですね。
(あそこんちは意外に流行を追わない頑固なメーカーで、
インテグラルヘッドも採用してないんですよね。)

今回のトラブルがリプレーサブルゆえ起こったのかどうかは解りませんが、
リプレーサブルでなければ被害の範囲もかなり違ったと思いますから、
どちらが良い方式なのかを判断するのはとても難しいと思います。

by: 石墨 * 2006/07/17 18:59 * URL [編集

こんにちは。
とりあえず、フレームが無事でよかったですね。
たしかに、自転車ダメになっちゃたら死にたくなっちゃいますよねwww
ワタシも輪行バックはエンド部とサドルを下にするタイプなので気を付けます。
この前気が付いたら、エンドが地面に直接接触してましたから。金具がうまくクッションになってないのって外からじゃ分からないんですよね。

by: 鉈でココ * 2006/07/17 21:47 * URL編集

スミマセン、ちょっと一言抜けてました。

誤)トレックなどはリプレーサブルエンドを採用していないんですね。

正)トレックなどは上級モデルになるとリプレーサブルエンドを採用していないんですね。

by: 石墨 * 2006/07/18 21:23 * URL [編集

鉈でココさん、こんにちは。
自転車を壊しちゃった! と思ったときには、本当にもう平常心をなくしてしまいましたよ。
サイクルショップYでも興奮していて、ちょっと呆れられたかもしれません(^_^;)。

> 金具がうまくクッションになってないのって外からじゃ分からないんですよね。

そうなんですよね。
輪行袋を置いたときには一応チャックを開けて、中を確認するようにはしているんですが。
それでもいつのまにか金具が倒れていることもあるようで・・・やはりこのタイプの輪行袋はリスクがありますね~。

by: のむ * 2006/07/18 22:29 * URL編集

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/218-3d96a9f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。