陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRM729美濃600kmレポ(2)

2006 08/01
(火)

(1)からつづく・・・

■ PC3~PC4



PC3のくるみ温泉に続々と参加者が到着した。あまり長居をするわけにもいかないので1人で出発する。おにぎり&チョウザメうまかったなあ~、AJ愛知はいいな~、と気分よく坂を下っていると、後輪ががたがたと・・・パンクだ。ブルベでパンクは初めて。ついに来た。パンク修理は長いことやっていないし今のタイヤ&ホイールでは初めてなので、うまくできるか心配だ。

まずはタイヤの外側を確認。小石が刺さったような小さな穴がいくつかあるが、このなかには以前からのものもあるはずだ。レバーを使ってタイヤを外すと中には結構たくさんの水が溜まっていた。タイヤの内側を確認するが異物は見つからず、チューブを見てもどこに穴が開いているのかわからない。大丈夫だろうか・・・? 不安を残したまま新しいチューブに交換。タイヤが固くてはまりにくいのではないかと心配したが、レバーを使わずに意外にすんなりとはまってくれた。

携帯ポンプではなかなか空気が入らない。まだ十分とはいえないが、ある程度空気が入ったところで出発する。思ったよりも手早く修理できたが、この間に数人に追い越されてしまった。せっかく1人で先に出発したのになあ。

後輪を気にしながら走り続けるが、タイヤの接地部分がかなり潰れている。やはり異物が刺さったままで、またパンクしてしまったのだろうか・・・? 自転車を停め、とりあえずもう一度空気を入れて走り出す。まだ若干のタイヤの潰れはあるがだんだんそれが増えていくということはなく、どうやら空気の入れ方が足りなかっただけのようだ。

来たときと同じ道を美濃へ向かって走る。数百m先に先行車が1台見えるが少しずつ離されていき、やがて視界から消えてしまった。PC3までは私のほうが速かったはずの人なのに・・・きっとペースを抑え目にしていたのだろう。こっちはどうも思うようにペースが上がらない(どうやらそれには理由があったようだが、別記する)。

ずっと1人旅が続き、PC4・タイムリー萩原上呂店に到着した(15:14、178.0km)。

■ PC4~PC5

エネルギーゼリーとフルーツジュースで補給し、すぐに出発。R41からR257へ入る交差点の信号待ちで、後続の2人組と一緒になった。1人の方が「ここまでずっとインナーを使わずに走ってきた」と話しているのが聞こえる。え~っ、すご~い。あの放生峠をアウターだけで上ってきたのか。その人たちとは新日和田トンネルへと続く上りで一時離れたが、岩屋ダムのあたりで再び合流。そこからはつかず離れずで走っていく。

ひぐらしの大合唱を聞きながら山あいの道を進む。放生峠の上りでまた2人組と少し離れたが(まさかまだアウターだけってことはないよね・・・?)、峠で写真を撮っていると追いついてきた。



今度はお二人のうちの1人に先行してもらう(もう1人は峠で停まったようだ)。ここまでなかなかペースが上がらなかったこともあり、ちょいと図々しいがぴったり後ろにつかせてもらう。やっぱり同じくらいのペースの人に引いてもらうとすごく楽だ。やや下り基調ということもあり快走する。

あんまり楽をさせてもらって申し訳ないので、PC5まであと6kmほどのところで「私が引きますね~」と先頭交代。引いてもらっていたときの心拍数+10を目安に、ちょっとがんばり気味に走る。一度、二度振り返ったときには後ろについてくれていたのだが、しばらくしてもう一度振り返るといなくなってしまっていた。ちょっとペースが速すぎたのか・・・? 楽をしてもらうつもりがかえって迷惑をかけてしまった。やっぱり引くのは難しい。PC5・サークルK武儀富之保店に到着(17:43、238.2km)。

■ PC5~PC6

おにぎりとエネルギーゼリー、野菜ジュースで補給。次のPCまでは100kmあり、今回のブルベの最長区間だ。ここまで一緒に来た方はほかの人とおしゃべりをしていたので(どうも2003年のPBPの話をしていたようだ)、1人で出発する。再び見坂峠を越え、美濃市へ。今朝のスタート地点近くを通り、長良川沿いの市道に出た。



岐阜市街に近づくにつれ、前方に花火が見えてきた。あらかじめ聞いていた長良川の花火大会だ。間髪を入れずに次々と上がっている。どこだったかちょっとはっきりしないが、おそらくK94とK77が交わる鵜飼大橋のたもとで自転車を停め、写真を撮る。わざわざ夜景用のモードにしたり何度も撮り直すのは面倒なので・・・うまく撮れないまま出発(写真中央やや右上の円形が花火)。



視界を遮る高い建物がないので、そこから10kmくらい離れた橋の上にもまだ花火見物の人がいる。また、別の場所(南進している右手側、つまり西のほう)でも花火が上がっているようだ。長良川花火を2ヶ所でやっているのか、それとも別の花火大会だろうか?

K1からK18へ折れる竹鼻町飯柄交差点の手前で、午前中にPC2前後で一緒になった2人組に追いついた。キューシートの曲がるポイントを迷っているようだったので一旦は先行するが、すぐに追い越されて後ろを一緒に走っていく。

濃尾大橋で木曽川の左岸に渡る。ここから先は市道に入り、迷いやすいルートだ。川沿いの道は暗く、自分のヘッドライトだけでは心もとない。ややペースの速い2人組になんとかついていく。しかし困ったことにボトルが2本とも空になってしまった。尾西グリーンプラザを過ぎた自販機がたくさん並んでいるところで2人組と別れ、水を補給する。ちょうど行程の半分の300kmを過ぎたところだった。

再び1人旅。「喫茶リッキーを過ぎてすぐを右折」というポイントで、キューシートの間違いではと勝手に判断して左へ下ってしまうが、すぐに思い直して正しいルートへ。明るい昼間なら先の様子が見通せるのだが、夜になると直前しか見えないので迷いやすい。

間もなく木曽川の堤防上を走る道に出た。ここから先、約17kmはずっとこのルート1本だ。しかし、わずか数km行った橋(後で確認すると東海大橋)との交差点で行き止まりになり、左折してK8に出てしまった。川沿いに戻ろうと住宅の中の細い道を進むと、田舎の香水の匂いがただよってくる道には明かりもなく、路面も草が生えたりして荒れてきた。下手をするとドブ川に突っ込んでしまいそうな雰囲気なので先へ進むのは断念。地図を検討し、「急がば回れ」で数kmの遠回りになるが迷いようのない、R155を通ってR1へ出ることにした。

なんとかR1に出た。次のPCまであと十数kmだが、空腹を感じてきたので休憩がてらカーボショッツで補給。

尾張大橋、伊勢大橋は幅1mほどの歩行者・自転車道を渡る。道路なのに大勢の人が釣竿を斜めに立てかけていて、中には座り込んでいる人もいたりして大変迷惑だった。携帯に夢中で前をまったく見ずに歩いてくる人も。R1は渋滞している。このへんでもお祭りをやっているのか浴衣姿の歩行者が多かった。ようやくPC6・ampm川越町富洲原店に到着(23:05、339.9km)。

■ PC6~PC7

カップヌードル、アーモンドケーキ、ネクター、リポビタンDで補給。後からやってきた人と少し話をする。次のPC7(折り返し地点)までは約80km。まだ4時間近くかかる計算だが、なんとか今夜のうちにそこまで辿り着いて仮眠にしたい。そうすれば明日の残りはあと180km程度だ。残り200km以上とそれ以下とでは精神的にかなりの違いがある。

さらに後続の人たちがやってきたところで1人で出発。しばらくR1を走った後、市道、県道と細かく走り次いでR23に出る。その少し手前にあるコンビニで、眠気が増してきたので「眠眠打破」を飲む。眠眠打破のすごいところは飲んだ瞬間に眠気がなくなり、それが数時間は続くところだ。

そこから先はキューシートのポイント間距離が28.4km、21.5kmと、今回のブルベとしては長い区間が続く。これが数kmの区間だと気がまぎれるしいつの間にか距離を稼げるのだが、疲れているときは20km以上ともなれば走っても走っても辿り着かないという感じ。相変わらず思うようにペースが上がらないが、幸い強めの追い風が吹いている。基本的にずっと平坦なのだが、川と交差する橋のところが上りになっていて、疲れた脚にはこの程度の坂でも結構きつい。

ようやくR42に出た。PC7まであとわずか。最後に若干道に迷ったが、なんとか折り返し地点のPC7・サークルK夫婦岩店に到着した(3:18、424.5km)。

■ 仮眠

すぐに仮眠をするつもりだったので、グレープフルーツジュースだけ購入。店から出てくると車の中からスタッフの方が出てきて、ここが有人PCだったことを思い出した。すぐ先にあるシークレットポイントのクイズの問題を確認し、二見輿玉神社へ。



二見輿玉神社は闇の中・・・。せっかくだからお参りしていこうかと思ったが、砂利道で歩きにくかったので鳥居まででやめておいた。残念ながら夫婦岩もどこにあるのかわからなかった。クイズの答えはすぐにわかるのかと思っていたが、意外に目立たなくてちょっと探してしまった。

少し離れたところにある公民館の裏口を、今夜の仮眠場所に決めた。地べたに座り込んで靴下を脱ぐと・・・うわっ、くっさ~(笑)。雨に濡れたままず~っと走ってきたからなあ。それでもシューズがメッシュなので、ほとんど蒸れずにすんでいる。普段人がいないところのためか蚊はほとんどいないようだが、地面をダンゴ虫が歩き回っている。まあよかろうと、レインウェアを枕に横になった。

(3)につづく・・・

コメント

うわぁ、1に気づかない間に2がぁ!

長良川の花火を眺めながら走るのは気持ちよさそうですね(それどころじゃないかもしれませんが(^^;)
盛大な花火なので、けっこう遠くからみえるんですよ。
長良川沿いの道はいかがでした?
近いうちに、走りにいきたいと思っている道なんです。

by: しろ * 2006/08/01 21:16 * URL編集

美濃の600kmですか...この時期暑さはどうでしたか?今年は夏がまだ来ていない感じで走りやすかったのでは?私は600kmを走ると身体が1ヶ月ぐらい戻らないのですが、平気なのですね?
PBPの時はたぶん、むちゃむちゃ暑いはず、いいシュミレーションになりましたね。今週末、地元のサイクリストが集まって200kmほど走ります、その中にはブルベで知り合った人、埼玉ブルベの関係者もご一緒します。
ブルベで仲間の輪が広がれば楽しいですね。

それでは。

by: S山 * 2006/08/02 10:12 * URL編集

こんにちは。

▼しろさん
今回のブルベで長良川沿いを走ったのは市道を数kmとK94を数kmだと思いますが、どこのことでしょうね~?
K94は交通量も多かったですし、正直あまり走りやすいとは思いませんでした(~_~)。

▼S山さん
1日目は涼しくて大変走りやすかったです。
2日目はかなり暑くなりましたが、走っていると風があるのでそれほど暑さを感じないのと、あとは頭への水かけが効果ありましたよ。
ただ、思いがけなく腕にあせもができてしまいました。

> 私は600kmを走ると身体が1ヶ月ぐらい戻らないのですが、平気なのですね?

私の場合、脚の筋肉痛がなくなるのに2~3日、身体が完全に元に戻るのが1週間くらいでしょうか。
S山さんは普段から鍛えていらっしゃいますし、実際のところ1ヶ月もかからないのでは・・・?(^_^)

> ブルベで仲間の輪が広がれば楽しいですね。

そうですよね~。
私はいつもほとんど単独走なので、仲間同士で走っている人を見るとうらやましく感じます。
互いに引き合える効果もありますし、気持ちの支えにもなりますよね。

by: のむ * 2006/08/03 00:21 * URL編集

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/229-2074f9e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。