陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乗鞍試走(1)

2006 08/14
(月)

週末、1泊2日で全日本マウンテンサイクリングin乗鞍の試走に行ってきた。今までいくつもの峠を走ってきたが、平均6%以上の勾配が20kmも続くヒルクライムは初めてだ。一体どんな感じなのだろう。

■ 8月11日(金)

22時頃に自宅を出発。JR新宿駅まで自走し、新南口のL-Breathの前で自転車をパッキング。23:54発の夜行列車「ムーンライト信州81号」で松本へ向かう。



予想どおり乗客のほとんどが登山者で、みな大きなリュックを持っている。帰省らしき人は見当たらなかった。輪行袋はデッキに置いた。ドアの位置が悪くて手すりに固定できなかったが(ドアと手すりが進行方向に対して同じ側についているため、乗り降りの邪魔にならないようにすると手すりが使えない)、幸い降りるまで動いたり倒れたりすることはなかった。

■ 8月12日(土)

4:32、松本駅に到着。4:45発の松本電鉄上高地線に乗り換え、5:08にまだ夜の明けきらない新島々駅に降り立った。




駅前で自転車を組み立て、コインロッカーに荷物を預ける。気温はやや涼しい程度で半袖でも大丈夫。結構風がある。6:15、まずはヒルクライムのスタート地点へ向かってR158を西へ走り出した。

途中いくつかトンネルがあるのだが、このトンネル内の路面が異常に悪くて辟易した。冬場にチェーンで削られるのか、それともスリップ防止のためにあえてそうしてあるのか? 砂利混じりのコンクリート舗装が削られてガタガタとひどい荒れようだ。特に路肩のほうがひどいのだが、交通量が結構あるので路肩に寄らざるを得ない。路面の状態に神経をすり減らし、背後からの「邪魔だ追い越すぞ」という車のプレッシャーで気の休まる暇がなく、はっきり言って自転車では走りたくないルートだ。

奈川渡ダムのある梓湖を過ぎ、上高地方面と分岐してK84へ。民宿街に入る頃から上りがきつくなる。勾配10%の標識もあり、すでにヒルクライムだ。ここで疲れてしまわないようにゆっくり走る。このあたりは民宿やペンションが本当に多く、これなら3,000~4,000人も集まるようなイベントでも収容できそうだなあと思う。

新島々駅から約27km走り、7:45に乗鞍観光センターに着いた。朝食は途中のコンビニででも・・・と思っていたのだが、結局ひとつもなかった(後でわかったのだが、新島々駅の反対側すぐにセブンイレブンがあった。そうと知っていれば寄ってきたのになあ)。



売店でおにぎりとりんごジュースを買い朝食にする。腹ごなしと脚を休めるために30分ほど休憩。乗鞍の山頂方面がよく見える。これからあそこまで上っていくのか。ここまででもう練習になったからこのまま帰りたい気も・・・。



スタート地点・ゴール地点は「ノリクライム」に従うことにした。喫茶店「ひこーき雲」の向かいにある631号電柱から、いざ・・・スタート!(下の写真は帰りに撮ったもの)



走り出してすぐに狭くて急な左コーナーがある。意外に細くて荒れた道を上っていくなあ、と思ったが最初だけ。2車線になったり、センターラインのない1.5車線ほどになったり。序盤は林間の比較的ゆるやかな上りで、ときどき平坦な区間もある。速い人はここでダッシュするのだろう。心拍数は自然と170台半ばで落ち着いた。これ以上がんばると最後まで持ちそうにない。ケイデンスも自然と70台前半に。

上るにつれて、最初は19km/h台だったサイコンの平均速度の表示が18、17・・・とどんどん下がっていく。スタートから約12kmのコンクリート舗装が現れるところでついにインナーロー(34×25)を使用。路面の溝で後輪がスリップするほどの急坂だ。ここが最初の踏ん張りどころか。単独走ならいいが、集団だと思うようなライン取りができず失速・落車の恐れもありそうだ。

腰が痛くて辛い。あとは太ももの内側。普段おろそかにしている筋肉がよくわかる。終盤に入ると周りの樹木が低くなり、高山の様相を呈してくる。風が強くなり、向かい風・追い風の影響が明らかに感じられるほどだ。まだはるか上方に道路が見える。ペースは落ちるのみで、それまでの速度を上回ることは基本的にない。

18kmくらいの地点でバッタリ脚が売り切れた。これが乳酸が溜まりきった状態なのか、それとも空気が薄くなったせいなのか? あと少しでゴールなのにもう全然力が出ない。心拍数も160台、そして150台まで落ちた。まったくスパートできないまま、19.6kmでようやく県境にゴールした。



【走行データ】 ※Polar CS200cadのデータ。同時に計ったCATEYE CC-MC100Wでも似たような値だった。
  • 走行時間: 1時間22分29秒
  • 走行距離: 19.6km
  • 平均速度: 14.2km/h
  • 平均ケイデンス: 69rpm
  • 平均心拍数: 172bpm
  • 最大心拍数: 178bpm

心拍を追い込む前に脚が売り切れた・・・息ははずんでいないが脚が限界だ。

朝が早かったのでまだ9:50。畳平でしばらく時間を過ごす。下の写真は鶴ヶ池と、その後方は富士見岳(2,817m)か。





(2)へつづく・・・

コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/236-926031ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。