陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRM128埼玉200km完走(2)

2007 02/01
(木)

(1)からつづく・・・

■ PC2~PC3

12時過ぎに、霞ヶ浦沿いにあるPC2・歩崎園地に到着(スタートからの走行距離:102.0km ※キューシートより)。芝生の広場に大勢の参加者が集まっている。ブルベカードに記入をしてもらってからトイレへ。和式の便器に苦しみながらようやく「大」を済ませた。

ここにはドリンクの自販機や野菜などを売っている売店はあるが、特に食事をするところはなさそうだ(もしかしたら売店の奥にあったのかも)。とりあえず出発するか・・・という感じでいると、以前コメントをいただいたtakaさんが声をかけてくださった。ブログで写真は拝見していたが、グフカラー(?)の青い自転車。高~いサドルに高いハンドルで、有り余るコラム部にはステムを2つ付けて片方をフロントバッグ取り付け用に使っている。う~む、チビな私の自転車では絶対不可能な技だ。

少しお話させていただいてから、さて出発・・・と思ったら脚のストレッチを全然していなかった。takaさんに先に行っていただき、簡単にストレッチをしてからいよいよ後半へ。

しばらくすると、ついに左ひざが痛みだした。残り100km、去年のBRM923で痛みに耐えながら500km近く走ったことを思えば何とか完走できるだろうか。とにかくひざに負担を与えないように意識して走る。

昼飯とひざを休めるため、PC2から20kmほどの筑波自転車道の入口にあるセブンイレブンで休憩する。カップラーメンとおにぎり1個を食べていると、次々に参加者がやってきた。やはりここで昼飯にする人が多いようだ。

1人で走り出す。野焼きはもう終わっていた。鉄道のホーム跡でtakaさんが休んでいるのを発見。

左ひざの痛みは大きくなったり、ほとんどなくなったり。痛みが大きいときは、ひざの皿の内側にゴルフボール大くらいの異物が入っているような感覚だ。これは一体どういう状態なのだろう。最近買ったひざ痛の本に「ひざの皿の周辺が硬くなっているので、皿を手で上下させるといい」と書かれていたので、信号待ちの間にグリグリと動かしてみる。効き目があるのかわからないが、たしかに硬くなっていたのがほぐれるような気がする。

筑波自転車道から先はキューシートのポイント間が約9kmほどの、今回のコースとしては長い区間が続く。こういう区間は実際の距離以上に長く感じる。尻も痛い。ハンドル手前を持つと尻の当たる位置が変わって痛みがなくなり、さらにひざも痛みにくくなるようだ。やはり「ひざの痛み」といっても原因はひざだけにあるのではなく、まわりの筋肉の状態や骨の角度など、いろんな要素が関係しているのだろう。そのへんが明確になれば、ひざ痛を防ぐことができるかもしれない。

■ PC3~ゴール

PC3・ミニストップ谷原福岡店に到着(149.5km)。さすがに参加者もばらけてきてPC1やPC2よりは少ないが、やはり20台くらいの自転車が停まっていて置き場所がないほどだ。店内のテーブル席でカップ豚汁とおにぎり1個で補給。ミニストップはどこもこういう休憩スペースがあるのだろうか、結構ありがたい。

自転車に戻るとtakaさんも到着されていた。先に1人で出発。ひざは相変わらず痛くなったりなくなったりだが、幸いなことにどんどんひどくなる様子はないようだ。あと50km、もう完走は大丈夫だろう。といっても油断は禁物、無理をしないように心がける。心拍数をペースの目安にしているのだが、疲労のためかもうあまり上がらなくなった。信号待ちのたびにひざの皿をグリグリ。

利根川の芽吹大橋からは往路と同じコースだ。ひざを休めるためにPC3とゴールの間で1回休憩しようと思っていたのだが、キューシートのポイントを細かく刻んでいくうちに残り20kmを切ってしまった。こうなったらもう最後まで走ってしまおう。早くゴールしたい欲も出てきた。

戸塚環境センターを過ぎ、いよいよ最後の直線路。ここへきてひざの痛みも和らいだので、ちょっと気合を入れてペダリングする。そろそろ夕暮れが迫るころ、17時のチャイムを聞きながら神根運動場にゴール!



ゴールではお手製のおしるこをいただいた。う~ん、うまい! 今日はわりと暖かくて風も弱かったが、走った後のあったかくて甘~いおしるこは最高のご馳走だ。スタッフの方々に感謝。

6:50にスタートしたのでタイムは10時間10分くらい。昨年初めて参加した200kmブルベよりも時間がかかった(しかもそのときはアップダウンの厳しいコースだった)が、場合によっては13時間半ぎりぎりかかっても・・・と思っていたので、深刻な故障もなくこのタイムでゴールできたのはよかった。

ただ、ひざのことを考えれば、出走せずに回復に専念すべきだったのも確か。だから単純に喜んでいいものかどうか・・・。

たとえば北京オリンピックを目指すQちゃんは、代表への近道となる名古屋国際女子マラソンに出場しないことを決めたそうだ。何でもかんでも走ればいいってものじゃない。長いスパンで考えることが必要だ。今回200km走ったことが、最後の最後に吉と出るか凶と出るか。

200kmブルベは今回だけにするつもり(というか神奈川も千葉も締め切りが過ぎちゃった)。次の300kmまでにしっかりひざを回復させ、故障しない体づくりに取り組もう。

コメント

のむさんこんばんは。

のむさんの読者を引き込むブログの書き方とか見習わなければと思います。
私がブルベに興味を持ったのも何を隠そうのむさんのこのブログがきっかけなのです。

それにしてもお互い膝には泣かされていますね・・・。
本当、この痛みがなければどれだけ楽しいのかと思います。
がんばって克服していきましょう。

by: taka * 2007/02/02 22:00 * URL編集

takaさん、こんにちは。

> 私がブルベに興味を持ったのも何を隠そうのむさんのこのブログがきっかけなのです。

そう言っていただけると嬉しいです。ありがとうございます(^_^ゞ。
ひざ痛は本っ当~に嫌ですね!!
私も何の痛みもなく好きなだけ走れる時期もあったのに、なんでこうなってしまうのか・・・本当に悔しいです。
なんとか解決したいですね!

by: のむ * 2007/02/03 18:29 * URL編集

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/265-a155c400
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。