陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRM224埼玉300km完走(1)

2007 02/26
(月)

BRM224埼玉300kmブルベ(アタックビーフライン)を完走した。今回は不思議とひざがあまり痛まず、最後まで走り切ることができた。常に不安な状態で瞬間的に痛むことは何度かあったが、左ひざの皿の内側の異物感は感じなかった。

ただ、帰りの輪行~翌日にかけては階段の上り下りが痛くてできない状態だった。これが走った後の一時的なものなのか、それともまたひざを痛めてしまったのかは数日様子を見ないとわからないな。

いずれにしても、ひざがまったく「改善の見込みなし」ではないことがわかって嬉しかった。やはり痛むからといって完全にトレーニングをやめてしまうとかえって逆効果で、痛まない範囲でトレーニングを継続したほうがいいみたいだ(痛めたばかりの急性期は別として)。これからもひざとよく相談しながら、トレーニングを続けていこう。

というわけで以下レポート。

■ 当日朝~スタート

当日は3:00に起床。ここ数日早寝を心がけていて、前夜も23時前に寝たためかすっと目が覚めた。ブルベ前夜には必ずかいてしまう寝汗も今回はなし。外は風が強く、マンションの建てつけの悪い窓がビュービューガタガタいっている。

朝食を食べて4:05に出発。秋葉原駅から輪行。輪行をするのはたしか昨年の923神奈川600kmブルベ以来5ヶ月ぶりなので、手順を間違えて何度かやりなおすはめになった。予定していた4:49発の電車になんとか間に合い、5:20に南浦和駅着。東口で自転車を組み立て、不要な荷物はコインロッカーへ。駅前ではもう1人自転車を組み立てている人がいたが、あの人もブルベだったのかな?

私は6:00スタート組だが、6:10頃にスタート会場の神根運動場に到着。参加はがきにある6:00スタート組の番号を見たスタッフの方が「えっ」と驚いて、あわてて検車&説明をして送り出してくれた。ううっ、ご迷惑をおかけしてすみません。ほかに遅刻する人はほとんど(まったく?)いないようだ。早朝なのにみんな偉いなあ。もっとも私も寝坊したわけではなくて、計画的遅刻なのだが。

■ スタート~PC1

6:14にスタート。東へ向かう市道へ出ると、ちょうど日の出の時間で右前方からオレンジ色の太陽が昇ってきた。スタートして5kmも行かないうちに早速パンク修理をしている人がいた。そうか、パンク1回分と思えば15分程度の遅刻はロスとしてありえる範囲だな。

心拍数130台を目安に走る。7:00スタートの人たちは当分追いついてこないし、1人きりでマイペースで走れるのは気が楽だ。そう思いながら走っていると、やがて尿意が・・・。コンビニに寄ると時間がもったいないので我慢していたが、どうも下腹に力が入らない。とうとう我慢しきれなくなり、スタートから約20kmのところにあるローソンへ飛び込んだ。このあたりで早くも左ひざにかすかな痛みを感じた。おいおい、早すぎるぞ。

利根川沿いの土手道へ入り、走りながらSOYJOYで補給する。風は冷たいが晴れて日差しが暖かい。こうして写真を撮っているとツーリング気分だ。



芽吹大橋を渡ったところで、おそらくさっきパンク修理をしていた人が追いついてきた。しばらく私が前を走るが、やがて先行していった。後から追いついてきたんだから当然あっちのほうが速いよな。

鬼怒川にかかる美妻橋を渡る少し手前で、男女のカップルに追いついた。たしかこのお2人は前回の200kmでも見かけたし、ほかのブルベでも見たことがあるような気がする。ご夫婦だろうか。

それにしてもこのお2人は偉いと思う。ご主人(ということにして)が1人で走ればきっと奥さんより速いだろうに、しっかり奥さんにペースを合わせて付き添っている。奥さんも(失礼ながら)遅ければそれだけ人より長い時間苦労するのに、ブルベが嫌にならずに何度も参加されている。“速く走れること”とはまた違った、ブルベを走る者にふさわしい偉さがあると思う。この精神はぜひ見習いたいものだ。

たしか美妻橋を過ぎたあたり(はっきりと覚えていないが)で、後方から来た3人のグループに抜かされた。車間を詰めたきれいな列車を作り、ローテーションしながら走っている。たぶん7:00スタートの一番速い人たちだな。やっぱりグループで速く走るには3人がいいようだ。2人だと後ろで休める時間が少ないし、4人になるとペースの合わない(遅い)人が出てきて、その人に引きずられて逆に遅くなってしまう。ハイレベルな選手が揃っているプロはまた違うだろうけど。

美妻橋から3kmほど進んだ交差点を左折して、ここからは前回の200kmと異なるルートだ。・・・と、リアバッグに入れた携帯の呼び出し音が鳴っている。少し前にも鳴っているような気がしたが、やっぱりそうだったのか。無視しちゃおうかな・・・と思いつつも出ようとするが間に合わなかった。これは恐らく仕事のトラブルの連絡だ。でもこんなときに困るよ。またかかってきたら出ることにして先へ進む。

15分ほどしてもう一度携帯が鳴った。出てみると会社の先輩からで、やっぱりトラブルだ。今茨城にいることを話すと、自転車をやっていることを知っているので「漕いでる?」「はいそうです」のような会話をして、とりあえず対応は先輩にお願いする。申し訳ないけど許してください。

1時間ほど走ると1台の自転車に追いついた。一目でそれとわかるtakaさんだ。ご挨拶をして先へ行かせてもらう。と、また電話がかかってきた。結局トラブルの原因はお客さんのほうにあったとのこと。なんだよもう! 人騒がせな。まあ解決してよかったか。電話をしているとtakaさんに追いつかれてしまったので、再度先へ行かせてもらう。

K133~K131を北上する。向かい風が強くなってきた。道路沿いの旗竿がちぎれんばかりにはためいて、煙突の煙が真横に流れている。右手には筑波山。利根川沿いの土手道からず~っと見えていた。このあたりにはほかに高い山がないんだな。

なんとなく空腹を感じてきたので、PC1まであと20kmくらいのところでセブンイレブン(明野海老ケ島店)に寄りフランクフルトソーセージを買う。半分は店の前で食べて、もう半分は走りながら食べる。するとかえって空腹のスイッチが入ってしまったようで、それだけでは足りなくなり持ってきたSOYJOYも1本食べる。朝食が早かったしね。

やがて3人のグループに追いついた。私と同じかわずかに遅いくらいのスピード。ちょっとだけ後ろにつかせてもらうが、知らない人のグループにコバンザメでついていくのは申し訳ないので前に出る。といっても結局同じスピードで、ずっとつかず離れずで走ることになった。見栄を張って余計に疲れてしまったな・・・。向かい風が強烈だ。こうなると心拍数130台なんていうわけにはいかず、(心拍数的には)オーバーペースが続く。

R50に出る。11:15頃、スタートから100km弱走ってようやくPC1・ローソン岩瀬青柳店に到着した(スタートからの走行距離:96.7km ※キューシートより)。



(2)につづく・・・

コメント

のむさんブルベお疲れ様でした。

のむさんの力強いSRの走りを拝見させてもらいました(笑)

実は私も今回は膝痛がありません。
太ももに軽い筋肉痛を感じますが膝は問題ないです。
200kmの時よりも明らかに風、坂ときついはずなんですけどね・・・。

それにしても計画的な遅刻をするなんて余裕ですね(笑)

by: taka * 2007/02/26 23:30 * URL編集

takaさん、こんにちは。
300kmお疲れ様でした! お互いひざが大丈夫でよかったですね~。

> それにしても計画的な遅刻をするなんて余裕ですね(笑)

いやいや、これでも一番早い電車で行ったんですよ。
どうしようか検討したんですが、前泊するほど遠くないし、レンタカーは昼間乗らないのにもったいないし、ということでちょっとの遅刻を選びました。
本文にも書きましたがパンク1回すれば同じですよね。

by: のむ * 2007/02/28 22:37 * URL編集

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/272-d9d0eac9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。