陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PBPビデオ上映会&BRM311宇都宮200km(1)

2007 03/12
(月)

宇都宮で過ごした2日間、PBPの途方もない厳しさを認識する有意義なものになった。

■ PBPビデオ上映会

3/10(土)はAJ宇都宮の主催による2003年PBPの公式ビデオ上映会。13:30からなので、朝はわりとゆっくりして上野駅からJR宇都宮線で輪行し、11:30に宇都宮駅に到着。自転車を組み立て駅を出たのが12時ちょっと前。

会場の宇都宮市森林公園まで15km弱。30分前には着けるな、余った時間は何をしていようなんて思っていたのだが、なんと道を間違えてR119(日光街道)を進んでしまった。宇都宮ICの近くでようやく今いる場所を理解する。4~5kmの遠回りだ。しかも「もはや昼飯を食っていたら間に合わない」と気づいたのが、食堂に入って「唐揚げ定食」を注文した後。

結構おいしい唐揚げだったのに味わう暇もなく大急ぎでかっこみ、1個残して自転車を走らせる。森林公園手前の急坂も大汗かいて必死に上ったが、結局10分ほど遅刻してしまった。PBPに行く前の上映会からこの調子では先が思いやられる(写真は上映会が行われた管理センター)。



上映会の参加者は約12名、プラスAJ宇都宮スタッフの方が4名ほど。PBPの公式ビデオ上映の前後にパワーポイントや独自に編集された映像を使って、PBPの歴史やこれまでの上映会で出た質問と回答(Q&A)などの説明があった。



楽しみにしていたパリブレスト(ケーキ)もいただく。直径10cmそこそこで、今回のために特別に小さなものを作ってもらったそうだ(通常はこの2倍程度)。このサイズなら普段でも買えるんだけどね~。トッピングのナッツと茶色いクリームの味が印象的でおいしかった。 (※パリブレストはデパ地下でもときどき見かけるが、お店によってバリエーションがあるので味はそれぞれ違うと思う)

公式ビデオについては期待が大きすぎたせいか、「まあこんなものか」という感じ。情報量はサイスポ(03年10月号)の記事や、前回参加者の方々によるネット上のレポートのほうが詳しい。なによりプロジェクタの映りが悪くて(ピンボケ・白とび・色ずれ?)残念だった。しかしQ&Aは実際に参加された方々の生の声を聞く貴重な機会であり、とてもためになった。全体的には上映会というより勉強会・説明会といった感じだった。ビデオに出てきたマッサージャーの人が話していて、Q&Aの回答にもあった、ひたすら練習あるのみというのが身にしみた。

17時に終了。今度は間違えずに・・・と思ったらまたちょっと遠回りして、宇都宮駅近くのビジネスホテルにチェックイン。夕食はコンビニ弁当。風呂に入って21時に就寝する。

ビジネスホテルにしては珍しく壁の2面に窓があって、ちょっとラッキーと思っていたのだが、いざ寝てみると角の交差点に面しているので車や音声式信号の音がやたらと耳につく(信号の音は22時までだったみたい)。しかも真下の道路で夜間の電線地中化工事をやっていて、機械の音で何度も目を覚ました。この辺では最安価格帯のホテルを選んだのだが、安いだけの理由はあるってことか・・・。次はもう少しましなところにしよう。工事は3時頃に終わり、ようやく静かになった。

■ BRM311宇都宮200km スタートまで

翌朝4:10に起床。外を見ると路面は濡れているが、傘を差さずに歩いている人がいる。雨が降っているかはよくわからない。前日に買っておいたパンを食べ、若干脚がしびれている感じがしたので念入りにマッサージ。ストレッチをして、効き目はいまいち実感できないがスポーツバルムのレッドをひざ周辺に塗る。5:20にチェックアウト。

外へ出ると雨がしとしとと降っていた。気温はそれほど低くない。レインウェアを着てスタート会場の森林公園へ向かう。途中でシューズカバーを着ける。少し遠回りだが初めての道でまた迷いたくないので、昨日の帰りと同じ道を通り6:20に会場に到着した。ブリーフィングにはぎりぎり間に合った。



雨のせいか、今日はDNSの人が多いそうだ。ブリーフィングを終えるとすきんへっどさんが声をかけてくださった。私と同じRFX8だが一番大きなサイズで、それでもサドルをすごく高くしてサドル下のスペースが有り余っている。さらにステムを長くしたいと考えていらっしゃるそうだ。私とはまるで正反対、なんともうらやましい・・・。フロントギアもピカピカで私の105より格好いいな。ホイールのキシリウムもエッジのきいたデザインで、私のニュートロンより格好いい。

参加者の中には2週間前の埼玉300kmの記事で書いたご夫婦(たぶん)もいらっしゃった。もしかしてこの方々は先週の千葉300kmとか、毎週走っていらっしゃるのだろうか? だとしたらすごいなあ~。やはりPBPを目指しているのだろうか。

この頃になるとほとんど雨はやんでいた。シューズカバーと頭にかぶっていたヘッドウォーマー(?)を外して、7時少し前にスタートする。

■ スタート~PC1

公園周辺のアップダウンを抜けてR293に出ると、やっぱり雨が降っている。おやおや、さっきやんでいたのは山の中だからか?

前日の上映会で身につけるべきことのひとつに「集団走行に慣れる」というものがあったので、今回は積極的に集団走行をしてみようと思っていた。早速、心拍数が130台前半でついていけるちょうどいいペース(かわずかに遅め)の集団と一緒になったので、後ろにつかせてもらう。すぐにすきんへっどさんも同じ集団に。

しばらく7~8人の集団で走っていたが、次第にばらけて3人になった。ちょっとペースが上がり、エアロビック心拍数を超えることも多くなったが今回は集団走行を優先。その後も数人の集団と一緒になったり離れたり。途中何度か道を間違えそうになるが、そのたびにオレンジ色のレインウェアを着た方が指摘してくれる。

集団走行をしていると、前走者の後輪が跳ね上げる水しぶきが容赦なく顔に降りかかる。前方を確認したり水たまりを避けるために進路をこまめに変えながら走っていたが、後になって考えると私の後ろを走っていた方には迷惑な動きだったかもしれない。

5人くらいの集団で私が2番手で走っていると、前走者の方がトンネルの手前で本当は9.5kmの区間なのに6.5kmくらいで右折した。あれっと思ったが、キューシートを入れたビニールのフォルダも眼鏡も水滴がついてよく見えないのと、後ろにいる今まで何度も間違いを指摘してくれたオレンジ色のレインウェアの方を振り返っても何も言わないので、じゃあ正しいのかな? と後をついていく。

が、2km以上走ったところで前走者の方が「間違えたみたい」と停車。やっぱり間違いでしょうということになり引き返す。トータル5km弱のロス。これが集団走行の怖いところで先頭走者は責任重大だが、後走者も当然キューシートをしっかり見ているべきで、人に頼っていた私も悪い。

その後アップダウンの繰り返す区間へ。下りでブレーキが全然効かず、信号で止まった前走者の後輪にぶつかって自分も自転車ごと転倒してしまった。幸い止まる寸前でスピードが落ちていたのでお互いに問題はなかったが、いらぬ恥をかいてしまった。私の自転車のブレーキが特に効きが悪いとは思えないので、ロックするのが怖くて握り方が足りないのだろうか? (※この出来事がどこだったか記憶があいまいで、もしかすると違う場所だったかもしれない)

その後もずっと1人になることなく、9時過ぎにPC1・セブンイレブン那珂川町馬頭店に到着した(スタートからの走行距離:45.3km ※キューシートより)。このところPC間の長いブルベが多かったが、今回は約50kmおきにPCがあるのでその点は楽だ。

■ PC1~PC2

店の前には「こんなに先行者がいたのか」と驚くほどたくさんの自転車が並んでいて、置く場所がないほど。すでにグローブもシューズも中までびっしょり。新しい靴下を買ったり、靴下の上にコンビニ袋をかぶせたりして工夫している人もいる。ウイダーinゼリーと肉まんを食べてすぐに出発・・・したいのに、濡れたグローブの内側がこんがらがって指が入らんっ。そんなことで無駄な時間を費やしてしまった。

PC1を1人で出発。10人くらいの遅い集団を追い抜いたタイミングで、その中から1人後ろについてきたようだ。

上り坂を走っていると左脚の外側の、太ももからお尻にかけての筋肉に軽くつったような痛みが出てきた。自然に治まる様子がないので手で叩いたり、シッティングではなく立ち漕ぎで坂を上るようにすると痛みがひいた(が、この痛みには復路にも何度か悩まされた)。ひざはときどきかすかな痛みを感じることはあるが、今のところ大きな問題はない。

相変わらず雨は激しく降っているが、わりと暖かいのが救いだ。これで寒かったら濡れた体が凍えて悲惨なことになっていただろう。それでも指先の感覚がだんだんなくなってきて、変速レバーを押した(押せた)のかどうかわからない。追い風が強くスピードは順調。そのぶん復路は大変だ。

途中メンバーが変わりながら常に3人程度の集団で走ってきたが、PC2の直前ではいつの間にか1人になっていた。11:40頃、PC2・デイリーヤマザキ日立みなと町店に到着した(走行距離:103.7km)。



ここにも予想以上にたくさんの自転車が止まっていた。店内のテーブルスペースには全身ずぶ濡れで砂を撒き散らす無残な姿の参加者がたむろし、知らない人が見たら何事かという雰囲気だ。それでも店員さんが嫌な顔もせず、椅子を出したりおしぼりを出したりとても親切に対応してくださって本当に有難い。これには事前にAJ宇都宮スタッフの方が断りを入れておいてくれたおかげもあるのではないだろうか。

カップヌードル(みそ)とチョコバーで補給。しばらく指先がかじかんでいたが、食べ終わる頃には温まっていた。

(2)へつづく・・・

コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/279-f50d8b9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。