FC2ブログ

陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒サイ100kmライド(ついにゴール)

2005 06/07
(火)

オフロードで体力を消耗したからなのか、それとも60km程度が今の私には限界なのか。新荒川大橋の近くで休憩した後の道のりは、かなり辛いものとなった。

ケツが痛てー! 手が痛てー! 肩が痛てー! 体中が悲鳴をあげている。疲れるとハンドルに体重を預けてしまい、ますます手と肩が痛くなる。でももはや姿勢を正す体力も残っていない。
おまけに左ひざの関節が痛くなってきた。左ひざといえば、去年富士登山をしたときに下りの“砂走り”でひどく壊してしまったところだ。もう完全に治ったと思っていたが、無理をしたせいでまた古傷が痛み出したのだろう。

途中で右岸のコースに戻ってだいぶ走りやすくなったのに、がくんと速度が落ちた。ほぼ10kmおきに休憩を入れる。行きには何でもなかった10kmが、今は果てしなく長い距離に感じられる。休むとしばらくの間は回復するが、2~3km走るともうダメだ。

88km走ったところで最後の休憩を取る。「後はもうゆっくりでいいから、なんとか葛西臨海公園までたどり着こう」そう思って少し気が楽になる。20km/h前後のペースでひたすら海を目指す。
清砂大橋ではなく葛西橋を渡ってしまったため左岸のサイクリングロードに入り損ねるが、河口の手前で合流することができた。ここまでくればもうすぐだ。やがて道は公園の敷地内へと入る。



そして13時50分、ついに大観覧車に到着! 朝自宅を出てから6時間20分の道のりだった。公園内をぐるっと回ったところで距離計もぴったり100kmになった。快適なサイクリングロードばかりとはいかなかったのが残念だが、よくここまで走った。自分もSIRRUSくんも本当にお疲れ様。

観覧車のわきの広場に自転車を停めて、焼きそばとファンタで昼飯にする。冷たいビールをキューッと一杯・・・とは不思議に思わなかった。飲酒運転がダメとかじゃなくて、あまり疲れると酒を飲む気力もなくなるようだ。それにこの疲労困憊状態で酒なんか飲んだら、ビンディングペダルでもないのに立ちゴケ必至だ。



観覧車のゴンドラが芝生に影を描いていく。まばゆい日差しの中で、たくさんの人たちが思い思いに休日の午後を楽しんでいる。この平和な日々がいつまでも続きますように・・・そんなことを思った。
ゆっくりと休んで帰途につく。海岸沿いの遊歩道からは若洲海浜公園の風車が見える。あそこにもサイクリングロードがあるんだ。今度行ってみよう!



6月5日(日)の走行データ(葛西臨海公園から自宅までの行程も含む):
  • 走行距離:113.2km
  • 平均速度:21.7km/h
  • 最高速度:41.3km/h
  • 走行時間:5時間13分


コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。