陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尻痛かなり改善

2007 06/04
(月)

BRM602沼津600kmブルベを完走した。まずは無事故でなによりだ。2回連続で事故に遭ったらただのバカだからなあ。レポを書く余裕があるかどうかわからないので、先にサドルのことだけ書いてしまう。

今回、尻痛対策としてスペシャライズド アバターGELからVELO PRONTO SP GELにサドルを変えてみた。嬉しいことにかなり尻痛が改善された。アバターGELでは400kmを過ぎるとサドルが焼けたフライパンに感じられるほどの激烈な痛みになって、もはや座っていられる状態ではなかったのだが、PRONTO SP GELでは痛みはあっても最後までサドルに座っていることができた(さすがに最後のほうは、ときどき尻を上げて休ませてやる必要はあったが)。

一方、問題もあって、心配したとおり尿道が痛くなってしまった。約300km走ったときのトイレでかすかな痛みを感じ始め、400km以降はおしっこの出始めだけではあるがはっきりとした痛みがあった。でもそれほど深刻なものではなく、アバターGELの焼きごてを当てられるような尻の痛みに比べればはるかにまし。「このくらいは仕方ない」と思えるレベルで、今日はもうほとんど痛みがひいている。

昨日の帰宅後に鏡で尻を見てみると、アバターGELのときの2倍くらい広範囲にわたって赤くなっていた。さらにアバターGELではまったく影響のなかった、股間から肛門にかけても赤くなっている。見た目だけならアバターGELのときよりひどい。自分の尻ながらおぞましい光景だ。

それでも痛みがアバターGELより少なかったのは、アバターGELのときは皮膚の表面が擦りむけたように傷ついてしまったのに対して、PRONTO SP GELでは充血しているだけで皮膚のダメージがないためではないかと思う。あらためて考えてみれば、皮膚が傷ついたところに摩擦や強い圧力を加えればひどく痛むのは当然だ。

このような効果が得られた理由として、まずは尻とサドルの接する面積が増えて圧力が分散されたことがあると思う。穴あきに比べて面積が広いのはもちろんだが、(横から見たときに)尻のカーブに沿うようにしてサドルの中央がくぼんでいる効果も大きいようだ。特にハンドル手前を持って腰を立てたときに、尻が後方から支えられているような心地よいフィット感があった。

もうひとつは適度なクッション性。アバターGELより座面が柔らかく、かといって柔らかすぎない。また、サドルを裏から見ると尻の両側と股間が当たる部分のベースがくりぬかれていて、見た目以上にクッション性があるようだ。路面の凸凹を乗り越えたときも、アバターGELではガツンと尻に伝わっていた衝撃が、PRONTO SP GELではかなりサドルが吸収してくれている感触があった。

こうしたことから、PRONTO SP GELは一見ただの「フィジークのアリオネ風サドル」でありながら、実はアリオネよりもよく考えられたサドルではないかと思う。コンフォート系としては比較的スマートなデザインで、ロードバイクにつけても違和感がないのもよい。

さらに付け加えておくと、アバターGELより座面が滑りにくい(サドルを変えて真っ先に感じたのがこれ)。ただ、このことが尻痛に影響しているかどうかはわからない。

問題となる尿道の痛みについてだが、今回はサドルの上に置いた板が水平になるようにセッティングしたので、前半分だけを見ると(中央部がくぼんでいるので)だいぶ前上がりのような感じになっていた。これを少し下げてやれば、尿道の痛みは軽減できるのではないかと思う。

また、今回は少しサドルが高すぎた。アバターGELからPRONTO SP GELに変えたときに座面が数mm高くなっていたのだが、何度か試走したときにはサドル自体の座り心地にばかり気をとられて全然気づかなかった(そういえばいつもより腕の筋肉が疲れて変だなあと思っていたが、そのせいだったか)。今回のブルベの途中でひざが痛くなりはじめてようやく気づき、500km近く走ってから少し低くした。これも適正な高さにしてやれば、尿道の痛みが減るのではないかと思う。逆にサドルを下げると尻にかかる体重が増えて、尻痛が増す恐れはあるが。

サドルの角度と高さを調整して、次のブルベでもう一度試してみたい。1,200km走ればもっとひどいことになるのだろうが、600kmならこれでいけそうだ。尻痛がまったく解決できない問題ではないことがわかってよかった。あるいは自分の尻のせいかもしれない・・・とも思っていたのだが、サドルの選択が間違っていたんだ。

ひとつPRONTO SP GELに文句を言いたいのは、サドルの後ろが白いこと。自転車を持つときに触れたり後輪の跳ね上げで汚れやすい部分なのに、どうして白を使うかなあ。同様の製品で後ろが白くない「Stealth2」というモデル(もろアリオネ風)もあるようなのでそちらにすればいいのかもしれないが、PRONTO SP GELより少し安いのが気になる。性能は同じなのだろうか。

コメント

ひとまず完走オメです。
サドル…こちらの方が600kmの道程よりも長い旅になりますね。

by: らんた * 2007/06/05 22:36 * URL [編集

完走おめでとうございます。

もはやのむさんにとって600kmという距離は普通?といったところでしょうか?(笑)

VELOのサドルは私もショップで見つけて良さそうだなと思いながら
ずっと座面をプニプニ押しながら感触を確かめていたことがあります。
結局穴開きではないことが不安で購入はしませんでしたが・・・。

by: taka * 2007/06/05 22:54 * URL [編集

こんにちは。

▼らんたさん
ありがとうございます。
本文中で「尿道の痛みはほとんどひいた」と書きましたが、まだときどきアソコがうずきますよ(笑)。
尿道の痛みは尻痛とはまた違った問題がありますねえ・・・。
実はあと2種類ほどサドルを買ってあるのですが、使わずにすむことを祈ります。

▼takaさん
ありがとうございます。
600kmが普通だなんてとんでもな~い!
毎度のことながら最後のほうはボロボロになって走ってますよ。
なんでわざわざこんな苦労をしているのか、自分を呪いたくなります。

ショップへ行くと、どうしてもサドルをプニプニしちゃいますね(笑)。
私も穴あきでないので迷いましたが、アリオネよりも良さそうな感じがしたので購入しました。
次の宇都宮600kmでいい結果が得られるといいのですが。
それにしても深夜1時スタート、一体どういうタイミングで仮眠を取ればいいのか悩んでます。

by: のむ * 2007/06/05 23:29 * URL編集

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/307-31c4779c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。