陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Over1000kmチャレンジ(3)

2007 07/24
(火)

(2)からつづく・・・

■ 7/16(月) 3日目

2:45起床。昨日買っておいた朝食を食べ、4:10に出発。未明の長野市街を抜け、R19で松本へ向かう。

ひざはいつ痛み出してもおかしくない微妙な状態だ。ペースを8割くらいに落とし、ギアも早め早めに軽いほうに切り替える。お尻の痛みもそろそろ大変なことになってきた。

背後から朝日が差してきた。今回のOver1000kmチャレンジで初めて見る自分の影だ。最終日にしてようやく晴れたかと思ったが、その後また曇ってしまった。



スタートから約40分、道の駅・大岡村を少し過ぎたところの民家の前で休憩。ひざのストレッチ・マッサージをする。今日はとにかくひざをいたわって、できるだけゆっくり行こう。でもこの調子では予定より楽なコースへの変更は避けられそうにないな。



実家から50kmくらい走ると急に疲労感が強くなってきた。東京をスタートしてからの総走行距離は700kmを越えているが、ここからが正念場だ。600kmブルベは何度も走ったことがあるんだし、いつも以上にしっかり睡眠を取っているんだから700kmは走れて当然だ。ここから先が走れてこそ、今回の1000kmチャレンジの意味がある。

7:52、松本のサークルK・松本双葉店に到着(80.4km)。パスタ、牛乳で補給する。



高出の交差点でR20に折れる。穴山橋までは神奈川ブルベ(400km・600km)と同じコースだ。塩尻峠の上りはかなりゆっくり走ったので時間がかかり、いつも以上に長く感じた。塩尻峠を越えると上諏訪までは下り基調。

日差しが出て暑くなってきた。所持金が少なくなってしまったので、茅野を過ぎたあたりの郵便局でお金を下ろす。富士見峠へ向かって道はまた上りに。



11:14、富士見峠に到着(131.1km)。ああ、疲れたな・・・。だいぶグロッキーになってきた。靴を脱いではだしになり、ホットケーキ風のお菓子を食べながら休憩する。左ひざは常に違和感がつきまとっているが、まだ深刻な痛みは生じていない。

ここから韮崎までは下りだ。神奈川ブルベでPCとなる穴山橋のセブンイレブンを過ぎると、その先は初めて走るコース。疲労がますます濃くなり、眠気も強くなってきた。穴山橋を過ぎてじきのバス停のベンチで休憩する。



ベンチには座布団がくくりつけてあり、横になって仮眠することもできそうだったが、本格的に休憩する前にもう少し先へ進みたかったのですぐに出発する。

当初の計画では笛吹市のあたりから河口湖へ向かい、山中湖のわきを通って道志みち(R413)を走ろうと思っていたのだが、それだと遠回りになるし御坂峠の上りがかなり厳しそうだ。これ以上ひざに負担はかけられないので、このままずっとR20を走って東京へ戻ることに決めた(それでも1000kmは越えられそうだ)。もっとも、地図上ではR20が最短ルートに見えるが実際にどんな道なのかは走ったことがないのでわからない。県境を越えるのでそれなりの峠はありそうだが・・・。



R20は釜無川沿いの道になる。河川敷の広場には屋根のついたベンチのようなものがあり、あそこで昼寝したら気持ちよさそう・・・。暑さと疲労で頭がボーッとして、視界が露出オーバーのように白っぽくなってきた。どうもヤバイ状態だ。強烈な紫外線が肌をじりじりと焦がすが、あと数時間もすれば夕方になると思うと日焼け止めを塗るのが面倒だ。

東京まであと150km(後で確認したところ、韮崎駅の近くか)。



毎度のことながら、いざ休もうと思うとなかなかコンビニがない。ようやく左手の方向にセブンイレブンの看板が見えたので、R20を少し離れて甲斐双葉宇津谷店で大休止する(166.7km)。



焼肉弁当、野菜ジュース、コーラ、ガリガリ君で補給。外気が蒸し風呂のように暑い。1時間以上休憩して、再び走り出す。尻の状態もかなり悪くなっていて、サドルが石のように固く感じられる。

再びR20へ。このへんは立体交差が多く、自転車は下のわき道を通らないといけないのでそのたびに長い信号待ちに引っかかる。沿道にはぶどうや桃の直売所が立ち並び、店先で食べている人たちがいる。ああ、汁気たっぷりの桃が食いてえなあ・・・。

日が陰って涼しくなってきた。行く手には真っ黒い雲の巨大なかたまりが空を覆っている。どうやら夕立になりそうだ。

やがて長い上りが始まる。ひざに負担をかけないよう、ゆっくりゆっくり上る。途中、工事現場で止まったときにMTBの人に先を譲ってもらったが、こっちもゆっくり走っているから譲ってくれなくていいのに・・・。いつ抜き返されるかと思っていたが、別の道へ進んでしまったのか結局抜かされなかった。

16:13、新笹子トンネルの手前にある道の駅・甲斐大和に到着(200.0km)。



自販機で菓子パンとドリンクを買い、しばし休憩。笹子峠を越えれば、もう長い上りはないのだろうか?



新笹子トンネルを抜けてしばらくは下り。東京まであと99km。



大月のあたりで日が暮れ、雨が降ってきた。高架下で雨具を着ける。渋滞が始まった。そうか、R20は東京へ向かう車で渋滞しているんだな。

路側帯が狭くて思うように車を追い抜けない。大幅に走行ペースが落ちた。ときどき車が順調に流れている区間もあるのだが、すぐにまた渋滞にはまってしまう。こんなことなら予定通り河口湖方面へ向かったほうがよかったのでは・・・とも思うが、ここまで来たら進み続けるしかない。

18:20、セブンイレブン・山梨上野原店で休憩(237.5km)。グラタンコロッケパン、ワッフル、牛乳で補給。



軒下が狭いので立ったまま食事をしていると、ときどき頭の回転が止まったように一瞬くらっとする。意識ははっきりしているのだが、頭の芯のほうが疲れ切ってしまっているようだ。

雨の中を再び走り出す。渋滞を避けて歩道を走ったりしてみたが、歩道もやたらと幅が狭くてまともに走れない(あの歩道はたぶん自転車不可だったね)。

やがて上りが始まった。そうだ、大垂水峠があったんだ。さっきまでのような渋滞はなくなり、車が10台ぐらい連続して追い抜いていったかと思うとしばらく間隔があく、それを何度も繰り返す。たいていの車はスピードも落とさず、遠慮なしにすぐ脇を通り過ぎていく。

車の中から見れば「こんな雨の夜の山道を自転車で走って、酔狂な奴もいるもんだ」くらいに思っているのだろうか。こっちはどれだけ悲惨な思いで走っていることか。少しでもそれが想像できれば、あんなふうに追い抜いていくことはできないはずなのに。でも100台に1台くらい、大きく避けて徐行してくれる車もいる。そういう車のドライバーは自転車乗りなのかなあ、なんて思う。

雨は激しさを増している。上っているうちはまだいい。下りが怖い。長かった上りを終えて、いよいよ下りへ入る。晴れていれば上りの遅れを取り戻せるところなのに、雨でスピードが出せない。カーブはもちろん直線でもスピードが乗ってしまうと先のカーブが怖いので、常にブレーキのかけっぱなしだ。

車がシャーッ! シャーッ! と耳障りなノイズを立ててすぐ脇を追い抜いていく。しばらく静かになったかと思うとまた、シャーッ! シャーッ! 延々それを繰り返す。シャーッ! シャーッ! あ~もういい! やめてくれ! 頭がおかしくなりそうだ。

少し勾配がゆるやかになったところに赤いランプのついた倉庫(消防器具を置いておくところ)があったので、自転車を停めた。そのまま少し雨に打たれていたが、倉庫の横に2階へ上る屋根つきの階段があることに気づき、そこに腰掛けて雨を眺める。ひたすら雨が降り続いている。ひざは「痛み」はないが、皿の下がつかえているような違和感が常にある。これ以上走るとさらに悪化するだろう。

「絶望的な状況」という言葉が頭に浮かぶ。もうこのへんで断念したほうがいいんじゃないか。東京まであと50km。トータルの走行距離は960kmくらいか。1000kmには満たないが、これ以上走ってもいいことはない。

とはいえここではどうしようもない。ずっと雨を眺めているわけにもいかないので仕方なく走り出す。しばらく行くと京王線の高尾山口駅があった。とにかく少し休んで考えようと、駅の軒下に自転車を停めてベンチに腰掛けた。時刻は20:30。



高尾山口駅で呆然の図。こんな写真を撮ってるくらいだから、まだ多少の余裕はあるのだが・・・。雨は一向にやむ様子がない。もはやこれまでだ。これ以上走るとひざも悪くなるし、なんとかここから電車で帰ろう。Over1000kmチャレンジは終わった。

近くのコンビニでタオルやガムテープ、手提げ袋を買う。迷惑がかかるかもしれないので詳しくは書かないが、親切な方のおかげで大きなビニール袋を3枚入手。それを輪行袋の代わりにした。ホイールがちょうど入る大きさで、まるで輪行用にあつらえたようだ。




最後は絶望的な気持ちになったが、ちょうどいいところに駅がありコンビニがあり、ビニール袋も入手できたのは本当に幸運だった。そうでなければどうしようもなかった。この雨も、なんとしてもこれ以上は走らないほうがいいと教えるために神様が降らせているんじゃないだろうか。



22:20(かな?)発の京王線に乗り、笹塚駅で京王新線(新宿線)に乗り換えて都内の最寄り駅まで。雨はやんでいた。24時頃に帰宅。今日の走行距離は259.2km、Over1000kmチャレンジの総走行距離は968.4kmだった。

◇◆◇


このレポを書くために調べてみたところ、R20の大垂水峠がある相模湖~高尾山口駅の距離は12kmだった。わずか12km! たったこれだけの距離があれほど長く感じ、あそこまで絶望的な心境に追い込まれてしまうとは・・・。

今回968kmで断念してしまったことは、「そこまで走れば1000km走ったのと同じじゃん」とは思わない。1000kmを超えて自宅まで辿り着くのと、途中で断念してしまうのとではまったく違う。でもこれが本番じゃない。PBPのことを考えれば、あそこで断念するという判断はぎりぎり正しかった、と思う。

コメント

のむさん、本当にお疲れ様でした。

のむさんでも絶望することがあるんですね・・・。
のむさんのチャレンジ精神は無尽蔵だと思っていましたので、
それ程の状況だったということですね。

確かにこれが1000kmブルベだったらリタイヤでしょうけど、本番ではありません。
自分に厳しいのむさんにとっては納得できないんでしょうけど・・・。

PBPでは天候に恵まれるといいですね。フランスまで行って雨は勘弁してほしいですよね(笑)

by: taka * 2007/07/24 22:29 * URL編集

始めまして、ボミと申します。いつのまにか40代になったロード好きで貧脚なおやじです。すーっとHPを拝見してました。今回のレポを読んで、本当に感動です。普通の人は失敗したこととか書きたくないですよね。でも文面から悔しさと満足感が伝わって・・・・胸が熱くなりました。これからも体に気を付けて自転車もブログも頑張ってください。影ながら応援させて頂きます。

by: ボミ * 2007/07/25 01:30 * URL [編集

こんにちは。

▼takaさん
雨の夜の下りで車がひっきりなしに追い抜いていく、という状況には耐えられませんでした・・・
特に、濡れた路面で車がたてるシャーッ! ていう音の連続にはホント頭がおかしくなりそうでしたよ。
PBPは本当に晴れてほしいですね~。
フランスでカッパは着たくないです(笑)。

▼ボミさん
はじめまして。よろしくお願いいたします。
「満足感」があったかどうかはわかりませんが(~_~;)、ひざのことを考えるとあれがやめどきだったと思います。
実は走り続けるよりもやめる決断をするほうが難しいんですよね~。
応援もありがとうございます。
まだ1000kmチャレンジのダメージが抜け切れていませんが、なんとかPBPまでにベストの状態に持っていきたいと思います。

by: のむ * 2007/07/25 22:25 * URL編集

お疲れ様でした。
目標を達成できなかったことは残念でしたが、1000kmを目標にするとは凄すぎです。

体を休めてくださいね。

by: コロケロ * 2007/07/28 18:26 * URL編集

コロケロさん、こんにちは。
本番(PBP)は1200kmですからね~。
休息を十分に取っての1000km、なんとか完走したかったんですが雨に祟られました。
まあ一度はこういうトレーニングも必要ですが、本当は短くても密度の濃いトレーニングを継続的にやるべきですね。

by: のむ * 2007/07/29 18:22 * URL編集

のむさんはじめまして、いつも興味深く読ませて頂いてます。
いきなりの質問で恐縮ですが、駅での輪行前の写真を見ると、のむさんのお使いの携帯ポンプは「マイクロ ロケット マスターブラスター」あたりと拝見しました。
長距離を走るためになるべく装備を軽くするためと思いますが、お使いのポンプで空気圧は問題なく入りますでしょうか。
またうまく入れるコツなんてあれば教えて頂ければと思います。

by: 脳天気おやじ * 2007/08/08 15:34 * URL [編集

脳天気おやじさん、はじめまして。よろしくお願いいたします。

はい、マスターブラスターです。
入れた後に空気圧を計ったことがないので確かなことは言えませんが・・・
おそらく、8BAR・120PSIくらいまでなら十分入ると思います。
(公称スペックが160PSIですしね)
ただしかなり根気よく入れ続けないといけないのと、最後のほうはかなり力が必要です。

注意点としては、力を入れるのでそのぶんバルブの先っちょ(中の細い部分)を曲げてしまいやすいことでしょうか。
しっかり押さえておかないといけませんね。
うまく入れるコツは・・・う~ん、よくわかりません(^_^;)。
今までの経験では空気圧が不十分なまま走ってえらく遅くなってしまったことがあるので、とにかく根気よく空気を入れることが必要だと思います。

by: のむ * 2007/08/08 20:27 * URL編集

のむさん、早速のお返事有難うございます。
そうですか問題なく入りますか、私の腕力が無いのかな?
根気強く入れるようにして使って見ます。
有難うございました、これからもがんばって下さい。

by: 脳天気おやじ * 2007/08/09 08:40 * URL [編集

脳天気おやじさん、こんにちは。
購入を検討されているんじゃなくて、すでにお持ちだったんですね。
とすると、ちゃんと入るというのも自信がなくなってきました(笑)。
まあ、このくらいでいいだろうと思ったところから、さらにしつこく入れ続けるということですかねえ・・・。

by: のむ * 2007/08/10 20:42 * URL編集

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/319-9aa255bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。