陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PBP2007レポ(4)

2007 09/02
(日)

(3)からつづく・・・

■ 8/20(月) PBPスタート

ようやく時差に慣れてきたのか、4時半まで目が覚めずに眠れた。その後はいつものように半分意識のある状態で、少し遅めに7:20起床。外は曇り空で路面が濡れている。

いよいよPBP1200kmスタートの日だが、あまり実感がわいてこない。平常心といえば聞こえはいいが、もうちょっとなにか気持ちの高ぶりがあってもいいような気もするのだが。テレビの天気予報は曇りか雨の予報。

朝食後、荷物を整理して9:30にドロップバッグをサポートバスに預ける。PBPに備えてできるだけ寝だめをしておきたいので、昼まで部屋で仮眠。1人でスーパーへ行き、ドーナツ4個セットとヨーグルトドリンクを買って昼食にする。PBP中の補給食として大ぶりの野菜サンドのようなものも買った。その後またしばらく仮眠。熟睡できるわけではないが、頭と体をできるだけ休めておく。

今日は防寒を優先して長袖ジャージを着ていくことにした。オダックス埼玉のPBP記念ジャージをはじめ、せっかくいろんな半袖ジャージを持ってきたのに、一番ダサいグレーの長袖ジャージを着なければならないのは残念だ。ホテルをチェックアウトし、16:00頃に3人でサンカンタンへ向けて出発。空は雲の合間から青空が見えて日も差している。


(画像クリックで拡大)


スタート地点の人権体育館から1kmほど離れたディナー会場に到着。


(画像クリックで拡大)


食堂内ではすでに80時間のカテゴリー(20:00スタート)の参加者と、VIPの人たち(各国のオダックス関係者だろうか)のディナーが行われている。90時間のカテゴリー(21:30スタート)のディナー開始は18:30の予定なのでまだだいぶ時間があるが、「できるだけ早くディナーを済ませてスタート地点に並んだほうがいい」という前回参加者のIさんのアドバイスにしたがって日本人グループが先頭で開場を待つ。


(画像クリックで拡大)


やがて各国参加者の長い行列ができた。



予定より早く、17時少し前に入場開始。ディナーは前菜、メインなどを数種類の中から1品ずつ選ぶスタイルで味は可もなく不可もなくだが、ボリュームは多かった。例によってデザートには「パリ・ブレスト」も。


(画像クリックで拡大)



参加者が非常に多いため入場制限をしているのか、ディナーを終えて食堂を出てくると外にはまだ長い行列が続いていた。

スタート地点へ移動し、18:50頃から体育館近くの列に並び始める。ここで約1時間待たされた。その間テレビカメラの取材を受ける日本人もいた。19:50、ようやく列が動き始める。地下道を通って体育館の敷地内へ。20時過ぎ、花火と歓声があがる。80時間の組がスタートしたようだ。


(画像クリックで拡大)


グラウンド周囲のトラックに並ぶ。



1200km走るという緊張感や興奮はほとんどない。でもこれから3日と18時間の旅が始まるんだ。検車を受けて先へ進む。

20:50頃、ついに小雨が降り出した。皆がウィンドブレーカーやレインウェアを着始める。私もレインウェアとレインシューズカバーを着る。国内のブルベやOver1000kmチャレンジではさんざん雨にたたられたが、結局PBPでもこれか・・・。

反射ベストを着た数千人の参加者の列はさすがに壮観だ。


(画像クリックで拡大)


日が暮れてきた。21:10、ブルベカードにスタンプを押してもらい、体育館の敷地の外へ出てスタートを待つ。ブルベカードには21:50の記載がされ、標準のスタート時刻は21:30だが私は21:50のグループになったようだ(参加人数が多いため、いくつかのグループにわかれてスタートする)。前の組がスタートしたのか、ときおり花火が打ち上げられ歓声が聞こえてくる。


(画像クリックで拡大)


ようやく気持ちが高ぶってきた。そしてバチッ、バチッとクリートをはめる音がして私のグループがゆっくりと前進を始めた。さあ、いよいよ1200kmのスタートだ!

(5)につづく・・・

コメント

のむさん、こんにちは。

盛り上がって騒ぐのは周りで、案外当事者は冷静なものなんでしょうかね?(笑)

それにしてもこれだけの人数で一般道で自転車競技が出来てしまうフランスってすごいです。
日本じゃ絶対にありえないですよね。

右側通行の写真も日本じゃ見られない構図で面白いですね。

by: taka * 2007/09/02 10:59 * URL編集

takaさん、こんにちは。
車通りの少ない田舎道がほとんどということはありますが、日本では絶対に当局の許可が下りないでしょうね~。
自転車文化が根付いているフランスならではでしょうか。
右側通行は1人で走るぶんにはまあ慣れたんですが、対向車が来るとドキッとしますね。
お互い相手の左側に(クロスして)よけなきゃいけないんじゃないか、ととっさに思ってしまって。

by: のむ * 2007/09/03 22:06 * URL編集

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/329-48e87362
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。