陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PBP2007レポ(8)

2007 09/16
(日)

(7)からつづく・・・

■ 8/22(水)~23(木) PC7~PC9


  • PC7: Brest(ブレスト) … 614.5km

  • PC8: Carhaix-Plouguer(カレ・プルーゲ) … 699.0km

  • PC9: Loudéac(ルデアック) … 775.0km




15:51にブレストを出発。実はこのあたりで、あまりのんびりはしていられない状況になっていた。ブレストのPCクローズ時刻は16:45。すでに1時間しか余裕がない。まあ到着時刻で考えればもう少し余裕があるのだが、今までのように写真撮影に時間をかけていてはダメだ。写真を撮っていたせいでタイムアウト、リタイヤしました・・・じゃバカだからな。

市街地を抜け、山中の上り坂(往路とは違う道)に入る。仲間同士数人で走っているグループが多く、そういうグループには「なんだこいつ」と思われてしまいそうでなかなか一緒に走りにくい。でも走るスピードはほとんど同じなので、ちょっとラインをずらして少しの間一緒に走り、追い越してはまた別のグループにつく・・・というのを繰り返す。


(画像クリックで拡大)


上の写真はたまたま個人が集まったグループのようで、一番長く一緒に走った。といっても10分程度で、じきにばらけてしまったが・・・。こうして一緒に走っていても、他人には我関せずでマイペースを貫く人、積極的に先頭交代をしようとする人、遅れたらそれっきりの人などいろんなタイプがいて面白い。追い抜くとムキになって追い抜き返すけど、長続きせずに落ちていく・・・なんて人がいるのも日本と同じ(笑)。結局、外国人も日本人も同じだなあ。

1人で走っていると、腰をトップチューブに下ろした変な格好をして走る外国人がいた。おかしな奴がいるなあと思ったが、どうも私のサドルの低いポジションがおかしくて真似をしているらしい。ちくしょう、バカにしやがって・・・(笑)。そいつの自転車はフレームサイズも大きく、シートポストを思いっきり突き出している。たしかに全然違うポジションだ。

まあそいつも悪気があるわけじゃないようで、自分はどこそこから来たとか(たしかイタリアだったか・・・忘れてしまった)ロードレースを見ているかとか話しかけてきた。私はロードレースには詳しくないが、私でも知っている有名な選手の名前を何人も言ってきたので「They are very famous.」てな感じで答えておいた。

街を通り過ぎる。ここでは休まずに先へ進んだ。


(画像クリックで拡大)


下の写真は途中で見かけた人。


(画像クリックで拡大)


ポケットが付いた総メッシュのベストを着て、500mlのペットボトルやたくさんの食料を入れている。これは収納力があってよさそうだ(ジャージのポケットとあわせればさらに収納力アップ!)。日本でも売っていないかなあ? もっとも、私にはサイズが大きすぎそうだが・・・。

再び往路にも通った電波塔へ。ここまで長い上りが続いたが、あまり苦にはならなかった。


(画像クリックで拡大)


休憩がてら、往路では道路の反対側だった景色の写真を撮る。しかし写真ではまったく景色のよさが伝わらないね・・・どうやって撮ればいいのだろう。


(画像クリックで拡大)


ゆっくり写真を撮るのはここまでだ。後は走ることに専念しよう。

心拍数110台でちんたら走っていると、後ろからKさんがやってきた。「120以上で走らないと」と言って追い越していく。う~む、国内のブルベで力の差はわかっていたが、あらためてさすがだなあと感心する。Kさんは20人くらいの集団の先頭でぐんぐん引っ張っていく。

沿道ではときどき近くの住民(?)が応援している。小さな子供を連れたお母さんや、孫を連れたおじいさんなど。フランス人の子供はみんなとてもかわいい。ああいうのこそ写真に残しておきたかったな・・・。写真に関しては童話に出てくるようなかわいい民家の写真も1枚も撮ってこなかったし、各PCでの食事もすべて記録しておきたかったし、いろいろと心残りが多い。

20時少し前、PC8・Carhaix-Plouguer(カレ・プルーゲ)に到着(704.3km)。食堂では何人かの日本人の方に会った。往路にここでリタイヤしたという話や、事故でリタイヤした人がいるという話を聞く。

出発しようとしたところで雨が降ってきた。えっ、また雨かよ・・・。最初はにわか雨かと思ったが、やみそうにないので雨具をつけて走り出す。

ここから次のPCまでの記憶がまったくない。翌23日の深夜1:50頃、PC9・Loudéac(ルデアック)に到着した(780.5km)。

往路では食事がとれなかったが、今度は通過チェック後に食堂へ行ってみた。思いのほか広くてメニューも豊富なようだ。みな一様に疲れた表情で、並べた椅子や床で寝ている人もいる。多めの食事をとってからサポートバスへ。(バスが牽引している)トレーラーの中で寝ようと思ったのだが、すでに5人が寝ていて一杯だった。仕方なくバスの座席で仮眠。しかし、あまりよく眠れなかった。

冷たい雨が降る中、のろのろと準備をして5:41に出発。寒さ対策で長袖ジャージの下に半袖ジャージを着て、腹にはホッカイロを入れていく。

アップダウンの多い道。雨は激しさを増し、下りではブレーキが効かなくて怖い。真っ暗な道。小魚が群れを作って互いに守りあうように、自然と大きな集団が形成される。運営側も危険な状況だと認識しているのか、見回りをしているらしい大型スクーターや車が走っている。集団の後ろからライトで照らしてくれたりする。

猛烈な睡魔で意識を失いそうになる。集団から離れるわけにはいかないが、逆にこの状態で集団の中にいたら危険だ。どうせ後からまた集団がやってくる。何軒か民家が集まって明かりのあるところがあったので、自転車を停めて立ち尽くす。少し離れた民家の庭から声をかけてくれる住民がいたが、話してどうなるものでもないので(言葉も通じないし)知らんぷりをした。スタッフが乗っているらしき車もこちらの様子をうかがう感じでしばらく停まっていたが、やがて走り去っていった。

この前後の記憶もはっきりしないが(もしかしてこの区間じゃなかった!? いや、前後の関係から考えるとたぶんここだ・・・)、今回のPBPの全行程中で最も辛い区間だったと思う。

夜が明けた7:30頃、往路では現地の人と一緒に写真を撮ったあたりだろうか? シークレットポイントがあった。


(画像クリックで拡大)


ここでは1人の日本人の方と一緒になり、少し話をした。あまり自覚していなかったが、後から聞くとかなり辛そうな様子だったらしい(まあ、あの状況下ではね~)。ホッカイロはさすがに熱すぎたのでここで捨てた。

ここからの記憶もまったくないが、なぜか途中の私設補給所(有料)で何枚か写真を撮っているので載せておく(こういうところを撮るならPCの中とかもしっかり撮っておけよな・・・)。ベンチの手前に自分のヘルメットとコーヒーが写っている。


(画像クリックで拡大)


(画像クリックで拡大)


(画像クリックで拡大)


(画像クリックで拡大)


(9)につづく・・・

コメント

のむさん、こんばんは。
(連続のコメントですが(笑))

その変なイタリア人はもちろん置き去りの刑に処したんですよね(笑)

記憶がないのに写真だけが残っているのはブロガーの執念でしょうか(笑)
それにしても「こんなにすごい景色だったよ」って伝えられないのは歯がゆいですよね。

by: taka * 2007/09/16 22:41 * URL編集

takaさん、こんにちは。
はい、ぶっちぎってやりましたよ・・・と言いたいところですが、自然に離れ離れに
なったというのが正直なところです(^_^;)。
まあ、あいつも1人で寂しかったのかもしれませんね~。

写真を撮ってあると、それを元に記憶もよみがえってきますよね。
なんでもっと撮ってこなかったんだろうと後悔しています。
もし、4年後にまたPBPに行くとしたら、完走はもちろんですが「写真を撮る」と
いうのが最大の目標になると思います。

by: のむ * 2007/09/17 21:21 * URL編集

いいだっちといいます。
初めまして、読んでいて感動してコメントしてます。
凄いです!
"全行程中で最も辛い区間だったと思う"
という1行に、込められている情熱・忍耐とかさまざまな気持ちが
伝わってきて、自分にもできるか?という思いがよぎってます。
写真も綺麗で、リアリティがあり、実況感?がありますね。

by: いいだっち * 2007/10/27 08:42 * URL編集

いいだっちさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

「最も辛い区間」は睡魔もピーク、雨も最悪の状態で本当に辛い区間でしたね~。
これが日本ならコンビニとか軒下とか逃げ込むところがあるのですが、そういう
ところがまったくなくてどうしようもなかったです。
PBPではずいぶん精神的に鍛えられました(笑)。

by: のむ * 2007/10/27 18:54 * URL編集

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/334-2acf453b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。