陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走った距離は裏切らないか・・・?

2007 11/19
(月)

昨日は国立競技場へ東京国際女子マラソンを観に行ってきた。




野口と渋井の一騎打ちという前評判だったが、結果は野口の圧倒的な勝利。野口が自信と喜びに満ち溢れてゴールしたのに対し、渋井はもう気持ちが切れてしまったのだろうか。ジョギング以下のペースで競技場内を回り、ゴールラインの直前で走るのをやめてしまったような感じだった。1位になって北京への切符が得られなければ、順位もタイムも関係ないのかもしれないが・・・ちょっとみじめだった。

2人とも同じように全力を尽くしてこの日に臨んだはずなのに、ここまで明暗が分かれてしまうのだから勝負は残酷だ。「走った距離は裏切らない」というのは勝者だからこそ言える言葉だよね。いや、この言葉の本来の意味は「走った距離は“自分を”裏切らない」ということで勝ち負けとは別なんだろうけど、野口や渋井にとっては勝つか、負けるか、オール・オア・ナッシングだっただろうから。



個人的には尾崎朱美さんが4位、日本人選手としては2番目に入ったのが嬉しい。昨年の東京でも2位になって実力は十分あるはずなのに、メディアではあまり注目されていなかったのが不満だなあ。どうもメディアは「ごく一部の主役」と「その他」っていうふうに分けがちだよね。これからもマラソンを続けるそうで、また走る姿を見られるのが楽しみだ。

それにしても、北京オリンピックの女子マラソンが楽しみになってきた。日本人が表彰台を独占するのも夢じゃないかもしれない。土佐に野口、そして3人目は誰か・・・。高橋尚子が復活勝利で3人目になるのがドラマ的には一番面白いんだろうけど、そう筋書きどおりにいくかどうか。大阪、名古屋も見逃せない戦いになりそうだ。



展示されていたウェアに直筆の「走った距離は裏切らない」。

コメント

のむさん、こんばんは。
私もテレビに釘付けになっていましたよ。
確かに「走った距離は裏切らない」って敗者にとっては残酷な言葉ですね。
あのレベルになると誰しもが想像を絶するような練習をしている筈だし。
渋井選手の終盤の走りを見ていたら、今後復活できるのかちょっと心配になりました。
と言いつつ、個人的には菅平を練習拠点のひとつにしている野口選手を応援してました。一昨年の朝練時に偶然見かけたときは、あまり小柄なので驚いた記憶がありますよ。

by: いさくん * 2007/11/21 20:19 * URL [編集

いさくんさん、こんにちは。

自己ベストを更新するっていうような目標なら全員にチャンスがありますが、
優勝はたった1人しかできないから厳しいですよね~。
私も渋井さんのゴールする姿を見て「このまま引退しちゃうんじゃないか?」と
思いましたが、スポーツ紙などの記事によると今後は海外のレースで記録を
目指すみたいですね。
でも気持ちの切り替えができるのかどうか。

菅平で野口さんを見ましたか!
長野では八千穂高原なんかも高地トレーニングで利用するスポーツ選手が
多いみたいですし、トレーニングするにはいいところですよね~。
(冬の雪さえなければ、でしょうか・・・笑)

by: のむ * 2007/11/21 23:57 * URL編集

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/344-cd62d842
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。