陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乗鞍レポ

2008 09/01
(月)

今回はペースが遅かったにも関わらず、いつものレース後よりも筋肉痛が強い。しかもどこの部位がっていうのがはっきりしている。変に力んで走るとこうなるのだろうか。

さて、乗鞍のレポを・・・。本文中で今回の不調の原因、または関係がありそうと思われる部分は太字にした。

■ 8/29(金) 前々日

金曜日の夕方に長野の本社で集まりがあるので、その日のうちに松本入りすることにした。朝、固定ローラーを30分軽く回してからレンタカーを借りに行き、ちょっと仕事を済ませてから11時頃に出発。首都高~関越道で長野へ向かう。時間がないのとSAのファストフードやレストランで食べる気にならなかったので、昼食はパンを2個で軽く済ませた(チョコクロワッサン、あんぱん)。夕食も目当てにしていた高速入口手前のコンビニに「石ちゃん弁当」とかいう脂質過多っぽい弁当しかなかったので、仕方なく300kcalくらいの単品のご飯ものと小さなどら焼きで済ませる。

20時頃に松本市街のビジネスホテルYにチェックイン。去年の松本一人合宿でも利用したお気に入りのホテルだ。

■ 8/30(土) 前日

今回は体重管理のため、体組成計を持ってきた。起床後いつものように体重を計ると、なんと46.3kg! ここ20年くらいの最低値ではないだろうか。昨日の朝よりも700g、ここ1週間の平均よりも約1kg減ってしまった。昨日の昼・夕食が少なすぎたか・・・そんなに空腹感はなかったのだが。しかしいくらなんでも急激に減らしすぎではないだろうか。最近のピークだった8~10日前と比べると約2kgも減っている。しかしこのときは「これだけ軽くなればさらにタイムアップできるかも」なんて考えていた。

今週は雨のせい(というか雨の予報のせい)で当初の計画以上に練習量を減らしてしまったので、今日は最後の練習として塩尻峠を一発上っておきたいと思っていた。しかし外は雨なので、とある建物の軒下を無断借用して固定ローラーを30分回す(心拍数を最高160台まで上げ)。この時点では特に調子の悪い感じはなかった。その後ホテルでバイキング形式の和朝食。体重が減りすぎたぶんと、カーボローディングを意識していつもの2倍くらい食べた。

チェックアウト後、13時からの参加受付まで時間があるので近くのスーパーでぶらぶら時間をつぶす。昼飯の弁当を買ってから乗鞍へ向かう。12時半頃に湯けむり館前の駐車場に到着。すでに満車状態だ。午前中一旦やんでいた雨がまた激しくなり、中止になった美ヶ原よりも(少なくともスタート地点では)激しいくらい。明日はどうなるだろうか・・・。買っておいた弁当を車の中で食べる。思ったより量が多くて、普段の1.5倍くらいだろうか。天ぷらの衣や鳥の脂身は残した。

受付を済ませ、出展ブースを軽く覗いて早々に退散。




昨日とは違うビジネスホテルCにチェックイン。1ヶ月前の試走時にも泊まったホテルだが、正直ここはイマイチだ。もう泊まるのはやめよう(やっぱりYがいいな)。スーパーへ夕食と明日の朝食の買い出し。昼に買ったのと同じ弁当だと量が多すぎるし、ほかにあまりいいものがないので夕食は太巻きとごまだれの団子にした。自転車の調整を済ませてから18時前に夕食を食べ、20時半頃に就寝。

■ 8/31(日) 当日

3時に目覚ましをしかけておいたが、その少し前に目が覚めた。外の様子を見ると雨はやみ、路面もあらかた乾いている。体重を計ると47.1kg。昨日の極端な減少分は取り戻した形だが、なんか下腹だけが異常にぽっこり膨らんで食べた分はすべてベンになっただけという感じだ。朝食(太巻き、カップみそ汁、野菜ジュース)を食べ、トイレを済ませて4時に出発。

5時に湯けむり館前の駐車場に着くと、すでに満車状態。5時でも遅いみたいだ。通路にかろうじて1台分のスペースがあったのでそこに車を止める。ホテルで済ませてきたにも関わらず、また催してきたのでトイレへ。行列ができていて15分くらい費やしてしまった。準備やストレッチをしているとどんどん時間がなくなってしまい、ローラーでのウォーミングアップはやめ。6時に集合場所に行くとすでに場所取りが始まっていて、自分は前から15台目くらいに自転車を置いた。



いささんに声をかけていただく。今回、いささんとは年代別クラスは同じだが別グループのスタートだ。前から数台目のいいポジションに自転車を置いていらっしゃる。昨日の受付も一番に済ませたそうだし、そういう早め早めの行動はぜひ見習いたいところ。



雲間から日が差してきた。晴れた。昨日までの雨続きを考えると奇跡的に思える。



しかし気温は低い。10度台前半くらいか。大会スケジュールには「6:30 選手集合・荷物預け」と書かれていたので、それが締切時刻だと思って6時半に上着を含めて荷物をバスに預けてしまったのだが、実際には開会式の始まる7時まで預けられたようだ。待っているとどんどん体が冷えてくる。中には集合場所でローラーを回している人もいて、レース前までウォーミングアップできるし時間の節約にもなって一石二鳥だがローラーの片付けはどうするのかな?

7時半にチャンピオンクラスからレース開始。自分たちのグループのスタートは8:02。それまでにすっかり体が冷え切ってしまった(ほかの人たちも条件は同じだが)。スタート地点までの移動中、横から人が入ってきて前から3~4列目、30人目くらいになってしまった。しかも隣と触れ合いそうなほどの混雑状態で、スムーズにスタートできるか心配になる。

■ レース

「5秒前。4、3、2、1」とカウントダウンの後、ピストルの合図で定刻どおりにスタート。自分もほとんどタイムロスなしに動き出した。めずらしくクリートがすぐに嵌まらずてこずる。周りとの接触はなかったが、かなりの混雑だ(今年参加したレースの中でも最悪)。なんとかスピードに乗り、心拍計を見ると「200」!? いきなりの計測エラーだ。今思うとこれで出鼻をくじかれた。待ち時間のうちにセンサー部分が乾燥してしまったのだろうか。その後もしばらく表示が安定せず、高すぎるか低すぎる値を表示したままになってしまう。

走り出して間もなく、なんだかいつもと調子が違うことを感じる。力強さがない。前にいる人たちを抜いて先頭集団につかなくては、と思っていたがそれどころではなく、逆に後ろから抜かされてしまう。早くも先頭を見失い、混雑を抜け出せない。長く辛い道のりの始まりだった。

ようやく心拍数がリアルタイムに表示されるようになったが、体感的には上げきっているのに160台の低い値を示している。おかしい、こんなはずでは。それなのに身体はきつく、目をつぶって開くと視界がチカチカする。いかん、くらんでる・・・。やはり減量しすぎたのか。身体も気力もまるでついてこない。

5km過ぎで早くもインナー×ローに入ってしまった。元気なら12km地点、先日の試走時の2回目ですら8km過ぎまで使わなかったギアなのに・・・。まだ10kmも走っていないのに、12km地点のような急坂が何度も現れる。距離計が途中で止まっていたのではと本気で疑ってしまった。辛い、もうやめたい・・・。そうすれば「がんばったのに成績が悪かった」という事実を受け止めないですむ。このレースを最後に自転車をやめたいとまで思った。しかし「ランナーのメンタルトレーニング」に書いてあったように、完走しなければ完全な敗者になってしまう。

後からスタートした同じグループの人に次々と抜かされる。2年前は逆だったのに。追いかけたくても追いかけられない。スタート直後は別として、同じグループの人は1人も抜けなかったのではないだろうか(一時的に抜いてもすぐに抜き返された)。ゴールまであと2kmを過ぎ、目の前にペースダウンしている同じ色のゼッケンの人がいるのに抜くことができない。ただもう苦しいだけで呆然と上り、ラストスパートもほとんどせずにゴールした。手元のタイムを見ると「1:14:54」。2年前よりも遅かった・・・。

■ レース後

ゴールした瞬間、喉から胸にかけての気管に痛みを感じた。今までになかったことだ。預けた荷物を受け取り、バナナ、オレンジジュース、アミノバイタルで補給。写真を撮る気にもなれずボーッとしていると、koroさんに声をかけていただいた(いつもこちらからご挨拶できずすみません)。

下山後、帰りの用意をしてからトップ10までの順位が張り出されているのを確認する。いささんは去年より2つ順位を上げて4位。もしこれが自分だったら「あとひとつで表彰台だったのに」と悔しいな。チャンピオンクラスで注目していた人では、Mt.富士優勝のリンタマンさんが4位、Mt.鳥海優勝の高岡さんが8位で、最近お子さんができた56さんのお名前はなかった(狙っていなかったようだから意外ではなかった)。

逃げるように会場を後にする。夏の日差しが戻ってきたように暑い。そのせいかもしれないが、帰りの車の中でも気管の痛みがなくならず、軽い頭痛や体が熱っぽい感じもする。少し風邪気味なのだろうか? 今朝まではそういう感じはなかったが・・・スタート前に冷えたのがいけなかったのだろうか。冬場のトレーニングでもかなりパフォーマンスが落ちたし、自分は寒いのが苦手なのかもしれない。

2つ前の記事で「規則正しい生活のおかげで体調管理がうまくいっている」と書いたのに、レースの2日前からいつもと違う生活をしてしまったのがそもそもの失敗だった。食事もめちゃくちゃだし、ホテルでは睡眠環境も違うので体調を崩しやすい。結果を出せなかった者が何を言っても言い訳になってしまうが、この失敗を次に生かさなければ。これが実力だった、とは思いたくない・・・。

コメント

のむさん、お疲れ様でした。
実は今回、「一緒に入賞できたらいいなぁ」と、そしてその可能性は高いと思ったました。今までの、のむさんのレース結果からすると60分台を出す実力は間違いなくある筈なので、近いうちに必ず良い結果はでますよ!私の周りでもレース毎に結果の上下が大きい人がいるので、体調変化(または心理的なもの?)の個人差は結構あるようです。

これからも楽しみつつ頑張りましょう。

by: いさくん * 2008/09/01 20:29 * URL [編集

おつかれさまでした。
記録は残念でしたね。
私は、ちゃんとアップしていなかったせいもあり心拍が160前後からあがらず辛かったです。
これがアップ不足ってヤツですね・・・。
今まで気にもしていなかったですが、ちゃんとアップすることを考えておかなくちゃいけない時期に来ているのかもしれないです。
次回はローラー持ち込みも考えてみようと思ってます。

by: koro * 2008/09/02 07:29 * URL編集

こんにちは。

▼いささん
お疲れ様でした!
あらためて、自己記録更新&4位入賞おめでとうございます。
「いささんが表彰台、私はその下に」というのを夢見て(?)いたんですが、
残念な結果になってしまいました・・・。
これからも頑張りますんで、私がそこへ行くまで待っていてくださいね(笑)。
(あ、でもいささんはチャンピオンクラスも視野に入ってきますかね・・・)

▼koroさん
お疲れ様でした!
考えてみると、私が今年参加したほかのレースはすべて、スタート前に
何かしらの形で走っていましたね~。
パレードランとか、スタート地点までの移動とか、コース試走とか・・・。
やっぱりウォーミングアップはすべきだと思います。

by: のむ * 2008/09/02 20:25 * URL [編集

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/420-8ce0f31b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。