陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホイール修理完了!

2008 10/26
(日)

ホイールの修理が完了した。もっと日数がかかるかと思ったが、修理に出した翌日=昨日の午後にはもう完了の連絡があり、今日受け取ってきた。費用も思ったほどかからず(トータルで14,000円ちょっと)、修理に出してよかったな。

まずRACING1のほうは、フリーボディ側のツメにかかっている円形のバネが切れていたそうだ。このバネが切れたためにツメが出たままの状態になり、フリーが空転しなくなってしまった。それ以外には問題がなく、このバネを交換するだけで済んだ(約3,000円)。

一方、振れ取りだけだと思っていたニュートロンのほうが、修理しようとしたところやはりフリーが空転しなくなっていたため、フリーボディを交換したとのこと(約10,000円)。あとは振れ取りのためにリムテープを外して新しくしたので、600円程度。

写真の右側がRACING1の切れたバネ、左側がニュートロンのフリーボディ。



両方のホイールとも、泥がたっぷり詰まっていたそうだ。これはいつも河川敷を走っているせいだよな~。雨の翌日など路面が濡れているときに走ると、細かい砂で自転車が泥だらけになってしまう。この砂がフリーにも入り込んでしまったのだろう。一応、自分でもメンテできるようにフリーボディの外し方を教えてもらったけど(意外に簡単に外せるんだね)、グリスの量とか締め付けトルクとかが不安だからお店で見てもらったほうがいいかな。最低でも10,000km走ったらメンテに出したほうがよさそうだ(最低でも、というのはそれ以上の頻度でという意味)。ちなみに、こういう完組ホイールでフリーボディが簡単に外せるのはシマノとカンパ(およびフルクラム)だけとのこと。

RACING1のほうは、やっぱりリムが交換時期だと言われた。あまりリムがすり減って薄くなると、タイヤの高圧に耐えきれずに破裂してしまうそうだ(怖っ)。ということはローラー用としても使えないということか。まあ、あと5,000km使えればよしとしよう。リムだけを交換することもできるとのこと。そこまでしてRACING1を使い続けるかどうかはわからないが・・・。

それにしても、ニュートロンが修理できるならRACING1を買う必要はなかったってことだよな~。事故後に見てもらったお店としては、責任問題もあるから「大丈夫、使えます」とは言えないんだろうけど、その時点でほかの店にも(事故のことは言わずに)見てもらうべきだった。事故といっても単独の落車とほとんど変わらない程度だったんだし。もちろん、修理できたといっても注意して使う必要はあるが、そこは自己責任ということで。とりあえずRACING1があるので、ニュートロンは来春くらいから使おうかな?

今回は御徒町のAゾーに持って行ったんだけど、修理・説明してくれたHさんという店員さんがすごく感じがよかった。故障の原因やどういう修理をしたかをきちんと説明してくれて、こちらの質問にもよく答えてくれたしいかにも好きでこの仕事をやっているという感じ。ああいう店員さんにやってもらえると嬉しいね。

コメント

修理したら使えるものがあったんですね。
痛んだから買い替え、じゃなくて使えるものは修理して使う。パワーメーターのような文明の道具も面白そうですがこちらは生活に根ざした文化という感じでいいですね。

でも走行距離の少ない私は修理どころか何も壊れないのでこれまた悩みます(笑)。

by: おいちゃん * 2008/10/27 00:39 * URL [編集

おいちゃんさん、こんにちは。
やっぱり高価なホイールですから、処分してしまうのはもったいないですよね~。
かといって、オークションで高く売れるような状態ではないですし。
RACING1はあと5,000km走ったら、「お疲れ様でした」でお役御免にしようかと思ってます。

おいちゃんさんのが壊れないのは、大切に使っていらっしゃるからではないでしょうか~。

by: のむ * 2008/10/27 12:08 * URL [編集

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/447-2bb418f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。