陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のレースを振り返る

2008 11/20
(木)

龍勢ヒルクライムで今年参加予定のレースはすべて終了した。全成績は以下のとおり。
(リンクは当ブログの記事へ)

日付レース (クラス)順位% (順位/完走者数)
4/6パナソニックヒルクライムin伊吹山 (30~39歳)5.3 (31/580)
4/20ツール・ド・草津 (31~40歳)3.1 (15/483)
6/1Mt.富士ヒルクライム (35~39歳)2.4 (21/863)
7/27Mt.鳥海バイシクルクラシック (30~39歳)4.7 (9/193)
8/31全日本マウンテン・サイクリングin乗鞍 (36~40歳)7.6 (43/569)
11/16龍勢ヒルクライム (35歳~39歳)3.0 (5/164)

龍勢では今年の目標としていた「年代別クラスで入賞」をすることができたが、パーセントで見ると草津とほぼ同じ、Mt.富士のほうが上だ。龍勢の結果をあまり喜べない理由はそこにある。

上から順に見ていくと、まず伊吹山はゴール後に結構達成感があったのだが、そのわりに順位が低い。チャンピオンクラスがなくて56さんやT岡さんなどトップレベルの人たちと同じクラスだから、順位が下がってしまうのは仕方のないところか。

草津は2週間前の伊吹山の疲れが抜け切っていない、変速不良で入れたいギアに入らないといった悪条件が重なったにも関わらず、比較的いい成績なのが意外。何がよかったのだろう・・・? 快適なギアが実は最大出力を出せるものではないということか、あるいは有力選手が1週間前の八ヶ岳に流れたためなのか・・・?

Mt.富士は今年一番の成績だが、これは集団で抜きつ抜かれつしながら走ったことが大きいと思う。ヒルクライムとはいえ平均速度が20km/hくらいなのでドラフティングの効果もあるし。ある意味「実力以上」の結果で、単独では出せない記録だったと思う。ゴール後の脚の疲れもこのときが一番大きかった。

Mt.鳥海は特にこれといった印象はない。このときは下りで脚を休めてしまったので、下りでももっとガンガンと漕ぐべきだったかなあと思う。

乗鞍は完全な失敗レース・・・であってほしい。これが実力ではなかったことを来年のレースで証明しなければならない。ちなみに2年前の乗鞍は3.6%。それより悪い成績だったのは本当にショック。

龍勢は事前のコンディショニングやメンタル面にも気を遣い、そこそこ満足のいくレースだったと思う。草津の結果もあわせて考えると、このへん(3%台)が「今のよく走れたときの実力」と言いたいところだが・・・(もうちょっと低いかな)。

なお、草津まではフルクラムのRACING 1、Mt.富士からはZIPP 202を使用した。でも成績の向上はまったく見られないなあ。
  1. やっぱり機材は関係ない。
  2. 私の実力が落ちた。
  3. RACING 1がZIPP 202に匹敵するいいホイールだ。

さて真の理由はどれでしょう・・・。

いずれにしても、この1年間成績はまったく伸びていないようだ。シーズン中はレース前にはテーパリングしなければならないし、レースで頑張れば頑張るほど回復にかかる時間も長くなる。やっぱりシーズン中のトレーニングでレベルアップは望めないな。伸ばすためにはじっくりトレーニングに専念できるオフシーズン。オフシーズンのトレーニングで来年の成績が決まる、と考えるべきだろう。

コメント

のむさん、こんばんは。
最後の言葉を肝に銘じてオフシーズンを過ごせたらと思いました。
自転車やってると、たまに「何だか練習に追い立てられてるようで嫌だな、趣味なのに」なんて思うこともあるのですが、「じゃあ、ダラダラと怠惰な毎日を送りたいのか?」っていうとそれはない。さじ加減が難しいなぁ、なんて感じてたこともあったんですが、最近の結論は「やるからには、それなりに気合を入れてやる!」ってところに落ち着きました。でないと、地味にローラー回せませんよね(笑)。

by: いさくん * 2008/11/20 20:12 * URL [編集

いささん、こんにちは。
私も自分に言い聞かせてます(^_^ゞ。
こうやってモチベーションを高めないとできないので・・・。
イベントにしろ練習にしろ何をもって「楽しい」とするかは難しいところ
ですが、やっぱり「いい加減」にやるよりは「一生懸命」やったほうが
楽しいですよね!

by: のむ * 2008/11/20 21:34 * URL [編集

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/459-7ed95fa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。