陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙のバーエンド取り付け

2005 06/27
(月)

先週の土曜日にバーエンドを取り付けてみた。だが、作業はうまくいったとは言えず、バーエンド自体も必要かどうか迷っている。

以前、荒川サイクリングロードを100km走ってみて、バーエンドがあればロングライドがもっと楽になるかな~と思っていた。純正オプション(?)といえるスペシャライズドのダートロッズ バーエンドはちょっと大きすぎる気がしたので、もう少しコンパクトなものを探していたところ、新宿のジョーカー本館で見つけたのがコレ(取り付け後の写真でスミマセン)。

SMICAという聞き慣れないブランドだが、ネットで検索してみるとステムやシートポストなども作っているようだ。アルミ製なのでSIRRUS A1(2005年モデル)のハンドルに似合いそうだし、全体的に丁寧な作りなのも好感が持てる。実売価格で2,730円とそれほど高価でもないので、とにかく買ってみることにした。


夜、取り付け作業開始。まずはグリップを外さないといけないのだが、これが非常に苦労した。
いつも参考にしている「自転車トラブル解決ブック」には「ハンドルバーとグリップのすき間に潤滑オイルを流し込む」と書いてあるが、潤滑オイルのノズルの先がほんのわずかしかすき間に入らず、スプレーしても外側にブシャーッと跳ね返ってくるばかりだ。いくらスプレーしてもグリップが動かず、とうてい外すことなどできそうにない。

仕方がないので先にグリップの端をカッターでカットし、両側のすき間からブシャブシャーッと大量にオイルをスプレーしては力ずくでグリップを内側にねじ込んでいった。わずか1cmほどずらすのに左右で30分以上かかっただろうか。最後の最後になってようやく「そうか、マイナスドライバーを差し込んですき間を広げればいいのか!」と気づいたが、時すでに遅し。素振りをしまくったときのような状態になり、手のひら2ヶ所の皮がむけ、2ヶ所に豆ができてしまった。痛いよお~(ToT)。

そしてバーエンドを取り付けてみて気がついた。このバーエンドは取り付け部分が真っ直ぐになっていないため、グリップとバーエンドの間にすき間ができてハンドルバーが見えてしまうのだ。これじゃ格好悪いよお。


しかもさらに気がつくと、ステムのトップキャップにある“SPECIALIZED”のロゴが擦れてしまっている! たぶん潤滑オイルをぶっかけたときにこすってしまったんだろう。このロゴとても気に入ってたのに・・・うえ~ん!(ToT) 手のひらの痛みも相まって、泣きたくなってしまった。


後になってサイクルベースあさひメンテナンスマニュアルを見てみると、ちゃんとマイナスドライバーを差し込む方法が書かれている。“スポット”取れるはずだったのか。ああ、もっと早くこのページを知っていれば・・・。
しかもグリップの端の処理として、ハンマーで叩いて穴を開けるという方法も書かれている。これなら切ったあとが目立たず見栄えがいい。ああ、何もかも失敗だ・・・。

もうひとつ気になっている点として、バーエンドを取り付けるとせっかくのSIRRUS A1のシンプルなスタイルが損なわれてしまうようにも思える。たしかにロングライドは楽になるかもしれないが、スタイルを犠牲にしてまで取り付ける価値があるものだろうか。



いずれにしても、一度ロングライドをやってみないと効果がわからないだろう。その上でバーエンドが本当に必要かどうか判断し、取り付けるならグリップとの間にすき間ができないものに交換して、グリップ自体も新しいのを買ってきてもう一度はじめからやり直したい。



この写真を撮った後、ガシャーン!と音を立てて自転車が倒れた。ああ、もう踏んだり蹴ったりだ・・・。

■ 2005/07/08 追記:
記事中には「潤滑オイル」と書きましたが、実際にはすべて「速乾性のパーツクリーナー」を使用しました。正しくは、グリップを外すときは潤滑オイル、はめるときはパーツクリーナーを使用すべきでした。

コメント

SIRRUSが日々進化していく様子が読んでいて楽しいです。
ところで愛車に名前はつけないのでしょうか?(笑)

by: 善蔵 * 2005/06/27 14:12 * URL [編集

善蔵さん、こんにちは。
いや~、今回のは進化というか退化というか(^_^;)。今は6:4ぐらいで「やっぱり外そうか」という気持ちに傾いてます。ホントどうしようか悩んでますけど・・・。
名前はですね~。付けてません。まあ呼ぶ場合は「シラスくん」ですね(笑)。

by: のむ * 2005/06/27 14:38 * URL編集

おお、バーエンドっすね。走ってみると想像以上に楽になりますよ。ロングでなくても坂道で実感できます。
前に調べてた時はグリップを一回外し(切り取ってしまう)、新しいのをはめるしかないと書いてあるページもありました。
それ見て散々悩んだんですが、幸い自分が取り付ける際は5分ぐらいグリグリやってたら上手い具合にずれてくれたので簡単でした。グリップがやわらかいのが幸いでしたね。

by: しろ * 2005/06/27 16:51 * URL編集

スペシャのBGコンフォートグリップってかなりつけにくいんですよね・・・(元々ついていたグリップはちょい苦労でとれたんですが・・・)
私も先日取り付けようとして手に豆をこしらえて・・・断念しました。
結局アーレンキーで取り付け簡単なODIのルフィアンMXにしました。
ちょっと値段は高めですが、オイルぶっかけの苦労に比べれば・・・・
結構おすすめですよ。
これがルフィアンMXです。

http://kpiu.seesaa.net/article/3997087.html" rel="nofollow">http://kpiu.seesaa.net/article/3997087.html

by: koro * 2005/06/28 08:02 * URL編集

しろさん、koroさん、こんにちは。
▼しろさん
日曜日に晴海(勝鬨)から自宅まで清澄通りを走ってみました。あの道は橋のところが結構坂になってますけど、バーエンドの効果を実感できましたよ~。あとはもう、付けるかどうかは好みの問題ですね。
▼koroさん
koroさんも豆作りましたか(笑)。ショップでほかのグリップと比べてみましたが、BGはかなり肉厚で固いですね。外しにくいわけです。
ルフィアンMXのご紹介ありがとうございます。なるほど“ロック上手”ですか(違うって)。すべてのグリップがああいう仕組みならいいんですけどね~。
BGの快適さもなかなか捨て難いので、もう一度チャレンジしてみるつもりです。

by: のむ * 2005/06/28 12:16 * URL編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

by: * 2012/12/27 00:57 * [編集

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。