陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコット試乗

2009 03/08
(日)

【昨日の目標】3時間程度のLSDでリカバリー&体脂肪を燃焼させる。
【今日の目標】4時間程度のLSD。低強度の持久力をつけ、体脂肪を燃焼させる。

昨日、今日ともに約4時間のLSD。昨日はゾーン3、今日はゾーン2程度の一定ペースで。このところ1時間程度のローラー練習ばかりしていたせいか、ロングの持久力が落ちている気がする。ただ長く走ればいいってわけではないが、長距離を淡々と走ることは基本のような気もするので、この能力も下げたくない。

【明日の目標】完全休養日。明日中にPowerTapを使える状態にする。

■ スコット試乗

昨日の午後は「funride」誌上に告知・募集が載っていた「スコットツーリング」(試乗会)に参加した。試乗車はCR1とSPEEDSTERで、私が興味のあるADDICTはないのだが、とりあえずスコットの自転車はどんなものか乗ってみたかったのと、自分の自転車以外には一度も乗ったことがないのでこの機会にと参加してみた。



私にはCR1 TEAMのXXSサイズを割り当てていただいた。試乗コースは「TOKYOエンデューロ」が行われていた彩湖をスタートして、荒川左岸を治水橋までの往復約20km。20人弱くらいの参加者と4~5名のスタッフの方で集団走行した。比較的ゆっくりだったが極端にゆっくりすぎるわけでもなく、それなりに走りを味わうことができた。

以下、感想を箇条書きで。ただし、ホイール(MAVIC AKSIUM RACE)やタイヤ(HUTCHINSON EQUINOX)も含めた「試乗車全体」の印象ということで・・・(正直、フレームがどうこうというのはわからなかった)。

  • 持ち上げてみると「うっ、重い・・・」(カタログ値で8.2kg)。軽さではMy RFX8の勝ちだ。
  • トップチューブが扁平で幅広のため、私のように極端にサドルを下げると太ももにブレーキケーブルが当たる。こういうことはカタログを見ただけではわからないので、やっぱり試乗が必要だな。
  • 乗り心地がとてもマイルドで、路面の振動をほとんど感じなかった。真っ直ぐ水平に進む感じ。振動吸収性ではRFX8が優れていると思っていたが、今回の試乗車に比べるとMy RFX8はガタガタで非常に不快だ。これはフレームよりもホイールやタイヤ、空気圧の違いによるものかもしれない。ちょっと自分の自転車を見直さないといけないな・・・。

それから今回は165mmのクランクが付いていたのだが、意外に違和感なく回すことができた。巷で話題の新型デュラもクランク長の関係で自分には使えないのか・・・と思っていたが、165mmなら大丈夫かも。

と思ったのだが、試乗会を終えて自走で帰るとき、自分でもどうしたんだって思うくらい異常に脚が疲れていた。やっぱりクランク長のせいか・・・? キ○フ○では新型デュラでショートクランクは作らないのかなあ。

コメント

へえ~こんなイベントがあったんですか!!
私もSCOTTのってみたかったです。
アディクトが無かったのは残念でしたね。

やはり試乗してみないとわからないことが多いですからね・・・

ちなみに私は昨年ショップの試乗会に行って乗り比べてみて初めて違いがわかるって有様でした(悲)

やはり高い買い物ですから、納得して新フレームを選びたいモンですね。
私は買っちゃったので今更選び直しが出来ませんが・・・・orz

by: koro * 2009/03/10 18:21 * URL編集

koroさん、こんにちは。
情報通のkoroさん(笑)もご存じなかったですか。
ADDICTでないとあまり意味なかったですけどね~。

CR1はやっぱりブレーキケーブルが太ももに当たるのが難点です。
ADDICTのトップチューブがどうかわかりませんが、もし同じだとしたら
私にはADDICT乗れませんね・・・。
こんなところにも脚が短いことのデメリットが(泣)。

by: のむ * 2009/03/10 21:20 * URL [編集

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/529-2c04ab0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。