陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外れた~!!

2005 07/07
(木)

ついにクランクを外した!! やった!! しかし並大抵の苦労ではなかった!!

一度はあきらめかけたSIRRUS A1のクランク外しだが、やっぱりどうしても自分でやりたかった。その理由のひとつは、パーツ持ち込みでショップにお願いするのは(いくらお金を払うといっても)ちょっと気が引けたこと。でもそれは些細なことで、それ以上にクランクも外せない自分が不甲斐なかった。ショップにお願いすればきっと外してくれるだろう。ということは外すことが可能なのだ。だったら自分にだってできるはずだ。

そして今回登場願った助っ人が、「KURE CRC 5-56」。オートバイに乗っていた頃によく利用していたが、固着したボルトなどを外すのに使えることはあまり知らなかった。ネットで調べてみるとかなり強力な効果があるらしい。そしてクランク抜き工具を回すのにモンキーレンチでは不安定なので、16mmのスパナも買ってきた。16mmは東急ハンズにも1種類だけしか売ってなくて、やはりマイナーなサイズのようだ。



今回使用した工具。写真の左からモンキーレンチ、16mmのスパナ、8mmのアーレンキー、KURE CRC 5-56、シマノのクランク抜き工具。

まず、8mmのアーレンキーでクランクのボルトを外す。次に、クランクとクランクシャフトのすき間にCRC 5-56をスプレーし、10分以上置いておく(浸透させるため)。



そしてクランク抜き工具をはめ、外側をモンキーレンチで押さえ、内側のシャフトを16mmのスパナで締め込んでいく(レンチまたはスパナを2つ使う方法は「蝉時雨: BB交換 その1」を参考にさせていただきました)。ぬおぉ~!!!!



クッ! クッ! という感じで少しずつシャフトが回り、ついにクランクが緩んだ! あれほど満身の力を込めてもびくともしなかったクランクが、ついに外れた! うぉ~!! CRC 5-56素晴らしい!!

片側のクランクが外れたことでかなり気持ちに余裕ができ、作業途中の写真を撮ってみたりする。上の2枚の写真は右側のクランクを外し終わった後に撮ったもので、実はポーズだけ。ちょっとわざとらしい。

これで楽勝だと思ったのだが、左側のクランクはかなり手強かった。右側と同じようにやっているのに、どんなに力を入れてもびくともしない。この体、爆発しろとばかりに全身の力を込めてもダメだ。片側だけに力がかかるためバランスがくずれて、ディスプレイスタンドが何度も外れてしまう。

でも右側が外れたんだから左側だって絶対に外れるはずだ。そう信じて何度かクランク抜き工具を外してもう一度CRC 5-56をスプレーし、スパナの角度を変えたり自転車の反対側からやってみたりする。顔中に玉の汗が浮き、鼻やあごからポタポタとしたたり落ちる。

そしてついに、カン! カン! と(ネジ山が切れたか?)と思うような音がして、クランクが緩みはじめた。そしてついにクランクが外れた!!!



とにかく何よりも、怪我をしなくてよかった。通常では絶対にあり得ない力を入れているので、ふとしたはずみで大変な怪我になりかねない。だからあまり無理をすべきではないのだが・・・。

まだクランク交換は終わっていないが、この機会にチェーンリングやフロントディレイラーまわりをきれいにクリーニングしたい。今日はここまでにしておこう!

コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。