陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3つの課題

2009 06/10
(水)

■ 今日の練習:[実走]L2:約65分

今日、関東地方が梅雨入りした。梅雨の間は嫌でもローラー練が主になるので、(降っていない)今日は実走。まだ強度は上げずにL2の上限あたりで。完全に疲れは抜け切っていないようだが、明日からは強度練ができるだろうか。

■ 3つの課題

Mt.富士のパワーデータを確認したところ、平均で184Wしか出ていなかった。体重比で3.87W/kg。まさかこんなに低いとは思わなかった。1時間ちょっとのレースだし、本番効果もあるから当然FTPくらいは出るだろうと思っていたのだが・・・(ちゃんと計ったわけではないが、自分のFTP=210Wとしている)。



今年の3月に白石峠でTTをやったときは、6.3km・約25分のコースで平均231W(4.82W/kg)だった。それに比べてあまりに低すぎる。最近では、ローラー練でL3:60分を平均177W(3.69W/kg)で、レースより20bpmくらい低い心拍数でできている。SS:20分×2のインターバルでは平均192W(4.00W/kg)。これらに対して、今回の平均パワーは妥当なものなのだろうか?

そのへんはWKO+で分析するとわかるのかもしれないが、ひとまずレースの実感として。今回、計測開始からしばらくは200W超が楽に出せていた。ところが20分くらいから急に力が出なくなり、150~190Wを出すのが精一杯・・・という状態になってしまった。このことから、まずは入りがオーバーペースだったのかもしれない。

また、何度か集団に追いつこうとしたりしたため思った以上にペースの上げ下げがあって、余計に疲れてしまったようだ。それで集団に追いつければまだ良かったのだが、結局追いつけなかったり、追いついてもすぐに切れてしまったりして、ただ疲れを増しただけになってしまった。

こうしたことから、次の3つが課題としてあげられると思う。

  1. スタートからゴールまでの時間、一定以上のパワーを維持できるようにする。
  2. 維持できるパワーを高める。
  3. ペースの変動に慣れる。

この3つを意識してトレーニングに取り組みたい。

コメント

富士スバルラインは高地ですね、平地よりFTPが低く出ると思います。
酸素が希薄になるので。

by: hide * 2009/06/10 21:16 * URL [編集

hideさん、こんにちは。
なるほど、標高も関係してくるんですね。

by: のむ * 2009/06/11 04:44 * URL [編集

こんにちは。私も平均パワー203W(3.85W/kg)で、その値の低さにびっくりしました。(ヒルクライム計算で今回のタイムを入れてみると218Wが必要、と出ます)
スバルラインは緩斜面の箇所が頻繁にあるため、パワーを出さずとも惰性走行ができてしまうので、結果パワーが低めでもタイムが出るのかなあ、と推察してます。自分の場合、170Wまで落ち込んでいる箇所がたくさんありました。そこではケイデンスは100まであがっていたのでギアが軽すぎる状態だったみたいです。

by: おやじライダー * 2009/06/11 12:38 * URL編集

おやじライダーさん、こんにちは。
自己ベスト更新おめでとうございます(^_^)。

なるほど、そういうことも考えられますね~。
だからなのか、グラフを見るとケイデンスとパワーは逆の関係になっていますね。
緩斜面で脚を休めたほうがいいのか一定パワーを出し続けたほうがいいのか、というのも難しいところですが、ペースの変動は少ないほうが疲れにくいのでしょうね。

by: のむ * 2009/06/11 20:12 * URL [編集

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/590-69d9fe98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。