陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mt.鳥海レポ(1)

2009 07/28
(火)

■ 7/24(金)

秋田への移動のため、この日は年休を取った。6時起床。朝食を食べレンタカーを借りに行き、9時頃に出発。雨が降ったりやんだりの中、SA・PAで休憩を取りながら約8時間で由利本荘市に到着。スーパーで夕飯などを買い込み、17時半に去年と同じ「本荘Gホテル」にチェックイン。20時過ぎに就寝。



■ 7/25(土) 1stステージ:個人TT

夜中はわりと強い雨音が聞こえていたが、朝にはあがっていた。6時起床。持参したミューズリーの朝食を食べ、8時少し前に車で会場の矢島町(日新館)へ向かう。40分ほどで到着。

個人TTのコース(8km弱)の試走をする。疲れてしまわないようにゆっくりペースで2往復。思ったほど勾配はきつくない。大きく2つのアップダウンがあるうち、最初のほうはアウターのみで行ける。DHポジションを取れる時間も結構ある。



会場に戻って受付を済ませ、昼食。その後はスタートまでしばらく時間を持て余す。

13時過ぎから固定ローラーでウォーミングアップ(WU:15分→L4:3分→CD:15分の計33分)を行い、スタート地点へ移動。天気はときどき小雨がぱらついているが、路面がウェットになるほどではない。

個人TTはスタッフに自転車を支えてもらい、発車台からスタートするという本格的なもの(これが楽しみで参加する人も多いのでは)。ゼッケンNoの大きい人から20秒おきにスタートし、いよいよ自分の順番。特に緊張することなく、スタート!!

今回のテーマは一定パワーで走ること(FTPの10%増しの230Wが目標)。そのためスタート直後もほとんどダンシングせずシッティングに移ってしまったが、もうちょっとダンシングで加速するべきだったと後悔。最初は当然ながらかなり脚に余裕がある。

スタートしてすぐに短い上りがあり、その後はしばらく平坦に感じるくらいのゆるやかな下りが続く。もちろんDHポジションで。沿道ではお年寄りが応援してくれている。やがて上りになり、フロントをインナーに。上りきると2度の平坦を含む階段状の下り。できるだけパワーを落とさないように漕ぎ続ける。

折り返し地点では減速を始めるのが早すぎた。折り返すとすぐに上り。今回できれば1~2人は抜きたいと思っていたのだが、ここでようやく前の走者が見えてきた。しかしゼッケンNoを見ると自分の3人くらい前に出走した人のようだ。結局抜けたのはこの1人だけで、自分の前走者・前々走者はまったく姿が見えなかった(後でリザルトを確認すると、2人とも自分より40秒くらい速いタイムだった)。

階段状の上りでは、もう少しダンシングを使うべきだった。下りを過ぎて、平坦に感じるくらいのゆるやかな上り区間へ。さすがに脚も心肺も辛くなってきて、試走時に考えていたゴール1km手前からのスパートはできず。最後の上りでなんとかダンシングした後、下りはDHポジションでラストスパート、ゴール!!

わずかな時間ながら今までにないような力を出したので、ゴール後はみぞおちのあたりが痛かった。最高心拍数は189bpm。これまでも一応「自分の最高心拍数は190bpm」だと思っていたが、実際にこんな高い値を出したのは初めてかも。ヒルクライムとはまた違った苦しさだ。しばらくクーリングダウンのためゆっくり走った後、暫定リザルトを確認してから会場へ戻る。

いろいろと要改善点のある初の個人TTだった。ホテルへ戻り、半身浴とセルフマッサージをしてから20時過ぎに就寝。

(2)につづく・・・

コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/631-600fdf32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。