陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mt.鳥海レポ(2)

2009 07/31
(金)

(1)からつづく・・・

■ 7/26(日) 2ndステージ:ヒルクライム

3:50起床。軽量化は現地ですることにして、すぐに出発。車を運転しながら朝食(梅おにぎり、ジャムパン、グレープフルーツジュース)を食べる。

4:50に会場(日新館)に到着。予定よりだいぶ早く着いてしまい、ちょっと時間を持て余した(遅れるよりはずっといいけど)。固定ローラーでウォーミングアップ(WU:15分→L4:3分→CD:15分のお決まりのパターン)。かなり汗をかいたので、レーパン以外はウェアを着替えた。

早めに召集場所に行ってみたが、まだ誰も並んでいなかったので会場周辺の道を走ってウォーミングアップ。今回、輪行ではなくレンタカーを利用したのはウォーミングアップ用のローラーを持っていきたいというのが理由のひとつだったのだが、鳥海では会場周辺にいくらでも走れる道があるのでローラーはなくてもよかったかも。

ようやく召集が始まった。年代別クラスのほぼ最前列に並ぶ。さっきまではいつ雨が降り出してもおかしくない空模様だったのに、この頃から日が差して急に暑くなってきた。開会式のようなものは特になく、8:10にパレード走行開始。沿道でたくさんの住民の方々が声援を送ってくれる。

スタート地点に並び直し、ここでも最前列・ほぼ中央に位置取る(というかそうなってしまった)。自分がこんなところにいていいのかとちょっと気が引けたが、上位を狙うなら遠慮することはないか。いよいよ自分たちのクラスがスタート!

■ レース

スタートから2kmほどは平坦。最初に飛び出していった人たちがいたので少し後方に下がってしまったが、少しずつ位置を上げて先頭集団につく。去年と同様、最初の平坦区間はかなり脚に余裕のあるペース。ここは無理して前に出ることはない。

上りになったところから一定パワーモードに切り替える。周りの人たちに構わず、自分だけの世界に入ってとにかく一定パワーを心がける。周りの人たち(先頭集団)は、勾配が急なところで頑張って、ゆるやかになると脚を休めるという感じ。そのパワー差は100Wはありそう。そのため、急なところでは集団に置いていかれ、ゆるやかになると追いつくというパターンに。ついには前の遅さに我慢できず、先頭に出てしまった。一見アタックをかけたように見えたかもしれないが、そうじゃなくて一定パワーで走っていただけ。

その後も抜きつ抜かれつを繰り返し(1人だけ集団のリズムを無視して走っていたので迷惑に思われたかも)、中盤の長い下り坂では自分が先頭に。「もしかしたらこのままトップでゴールできるかも!?」なんて思ってしまったが、これが大甘だった・・・。

再び上りが始まり、10人弱の先頭集団に追い抜かれる。その後しばらくは集団を視界におさめ、「きっとまた追いつけるだろう」というくらいの距離でついていく。しかし、あるブラインドコーナーを抜けたところで突然、先頭集団が目の前から消えてしまった。まだまだ余裕があってペースを上げたってことか・・・。こっちは疲れが溜まってきて、目標のパワーを維持するのも困難な状態になってしまった。残念ながら力及ばず。ここからは本当の一人旅になった。

あれだけペースの上げ下げをしているんだからいずれ落ちてくる人がいるだろうと思っていたのだが、なかなかそうならない。それでも1人か2人は抜いたのだろうか。ゴールの数km前でもう1人、同クラスの人に追いついた。やはり勾配がゆるやかなところでは自分が追い抜くのだが、急なところでまた抜き返されてしまう。何度か抜きつ抜かれつを繰り返す。

ここでひとつ勘違いをしていて、ゴール手前にもう一度下り坂があると思っていたのだが実際にはそうじゃなかった。いつまでたっても上りが続き、前を行くその人との距離がどうしても縮まらない。沿道のスタッフに檄を飛ばしてもらうが、こっちはもう限界。あっちはあまり辛そうには見えず淡々と走っている感じだったが、実際はどうだったのだろう。じわじわと距離が開いていく。ゴールまで300m、200m、もう追いつくのは無理だ。結局、その人から10秒遅れでゴール!

■ ゴール後

負けはしたものの、いつも1人で練習しているのでその人とのバトル(?)がすごく楽しかった。ゴール地点ではおいしいスイカをいただき、下山。

帰り支度をすませ、参加賞のおにぎり2個+豚汁をいただいてから表彰式を見に行く。



この大会では年代別クラスは1~3位しか表彰されず、他の大会に比べると少ないのだが、そのぶんトロフィーや地元の特産品(?)など賞品が豪華。ほかにも切りのいい順位や抽選で景品がもらえるのだが、どうも当たりそうにないので途中で退席した。それにしても今回は、M山さんやF田さんなどトップクラスの選手を間近で拝見する機会が多かったな。

そうそう、会場ではババヘラアイスを初めて食べた。




ババがヘラでよそってくれるから「ババヘラ」ということで一度食べてみたかったのだが、味のほうは・・・一度食べれば十分かな(笑)。

帰り道では前が見えないような激しいスコールに見舞われ、レースと長時間のドライブの疲れでちょっとヤバイ状態になりながらもなんとか無事に帰宅した。あんな遠いところの大会は今年限りにしておこうと当初は思っていたけど、自己記録更新のためにまた参加したいなあ・・・とも思う。まあ来年また考えよう。

コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/632-efd002c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。