陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乗鞍レポ

2009 08/31
(月)

乗鞍のリザルトが早速発表された美ヶ原に続きまたしても11位! あと一歩で入賞に届かない・・・。まあ、気を取り直してレポを。

■ 8/29(土) 前日

5:40起床。朝食を食べレンタカーを借りに行き、9時に自宅を出発。中央道は八王子前後で長い渋滞があり、5時間以上かかって14時半頃に受付会場の乗鞍観光センターに到着。




受付を済ませ、出店をひととおり覗いてから(疲労回復用に2XUのコンプレッションカーフガードを購入)松本市街のホテルへ向かう。途中スーパーで夕食や翌朝の朝食を買い込み、17時過ぎにチェックイン。20時に就寝。



■ 8/30(日) 当日

2:10起床。せっかく前泊しているのに何でこんなに早起きしなければならないのか疑問が・・・(乗鞍に宿を取りゃいいんだけど)。しかし睡眠時間は6時間取れているので問題ないだろう。すぐに出発。

3時半に湯けむり館前の駐車場に着くとすでに車でいっぱい。なんか年々早くなっているような気がする(前夜から停めっぱなしの車も多いのだろう)。かろうじて通路わきに空きスペースがあったのでそこに車を停め、準備を始める。

4時少し前から雨が降り出し、結構本降りに。やる気メーターが一気にダウン。「雨の中走りたくないなあ。どうせならもっと降って中止になってくれたほうが・・・」なんて思ったが、トイレで軽量化を済ませて出てくると止んでいた。

準備運動の後、5時から固定ローラーでウォーミングアップ。いつものパターンでWU:15分→Blowout(L4):5分→CD:10分の計30分。Blowoutではパワーを上げるのがややきつく、調子はイマイチなのかなと思う。ただ前日・前々日と走らなかったので脚に疲労は感じない。

6時少し前に整列場所へ行き、前から10台目くらいに自転車を置く。そこへいささんも登場。いつも行動の早いいささんが出遅れるなんて珍しい。今回は初めていささんと同じグループでのスタートだ(今まではクラスが同じでも同時スタートということはなかった)。



去年の反省から、身体を冷やさないようにウィンドブレーカーと長ズボンを履いて開会を待つ。トイレ(小)に何回も行く。

7時から開会式。7時半にチャンピオンクラスのスタート。いよいよ自分たちのグループもスタート地点に移動。最前列の左寄りに位置取った。

先日の鳥海では集団のペースをまったく無視してマイペース(一定パワー)で走ったが、それもあまり良くないと感じた。やっぱり集団をうまく利用したほうがいい。今回はパワーメーターである程度の上限は超えないように気をつけながら、集団のペースにも合わせて走ろうという作戦。ただ、もし集団が上限のパワーを超えてしまったときについていくべきかどうかの判断が難しい。結局それはそのとき考えるしかないだろう。

■ レース

カウントダウンの後、スタート! 珍しくクリートがうまく嵌らず、少しもたついてしまった。数人がものすごいスピードでロケットスタートしていったが、明らかについていくべきペースではないので見送る。

間もなく10人程度(?)の先頭集団になる(もしかしたら後ろにまだいたかも)。あらかじめ決めておいた上限パワーを超えてしまっているが、ここはついていったほうが得策だと判断。やがてペースも落ち着き、後ろにいると逆にパワーが低すぎるくらいになる。しかしここは後半のために体力を温存するところだ。最も速い数人とそれ以外とが千切れて、いささんが引く集団で走る。

しばらくすると少し「これでは遅いな」と感じたので、いささんを抜いて前へ出る(やはりいささんは筋肉痛の影響が残っているようだ)。その後しばらく数人で走っていたが、いつの間にか1人になった。ここからはパワーメーターとにらめっこだ。やはり序盤がオーバーペースだったようで脚がきつく、目標値までパワーを上げることができない。

それにしても人が多い。抜いても抜いても人人人・・・隙間をぬって走る。途中、右から抜こうとしたら道路の外に飛び出してしまい、大きな石がゴロゴロしている路肩を10mくらい走った。「コケるか!?」と一瞬あきらめかけたが、なんとか無事に道路に復帰。よくまあコケなかったものだ。

行程の2/3ほどのあたりで、一緒にスタートしたT本さんに抜かされた。ついていけそうでついていけない。数十m先に姿は見えているのだが、レースではこの距離がとてつもなく遠い。そのT本さんが、第2CPを過ぎたところでまた後ろから現れた!? 給水している間に抜いたのだろう、全然気がつかなかった。再びついていけそうでついていけない。

森林限界のあたりで、普通ならここから苦しくなるところなのに逆に少し楽になった。前半に集団の後ろで体力温存できたのと、中盤パワーがやや低めだったおかげだろうか。ここで少し持ち直したが、残りの距離がまだあることを考えるとイマイチ全力を出し切れない。ここが自分の精神的な弱さか。

残り2kmを過ぎる。持ち直しはしたもののやはり疲れがたまっていて、ずるずるとスパートを先送りにする。レース前は「今回こそ捨て身でスパートするぞ」と思っているのだが、いざレースになるといつもすっかり忘れてしまう。いつもよりパワーの低下は少ないものの、結局最後までスパートらしいスパートはせずにゴール!

■ ゴール後

ゴール後少し走ってから「そういえば」とメーターのタイムを確認すると、1時間6分台半ば。うそっ!? これまでの自己ベストは3年前の12分台だったので、いくらなんでもそんなに速いはずは・・・。しかし後からやってきたいささんが7分台だと話しているのを聞いて、これは6分台で走れたのかな・・・と思う。実に6分の自己ベスト短縮だが、去年の時点ですでに9分程度で走れる力があったんじゃないかと思う(実際には体調不良で14分台だったが)。




少し休憩して下山。ゴール付近は霧に包まれていたが、下るにつれて回復して空も明るくなってきた。スタート地点に戻ると参加者の家族や観光客の方々だろうか、たくさんの拍手で迎えられる(ありがとうございます)。

帰り支度を済ませた後、湯けむり館で温泉に入る。脚の温冷交互浴をして、湯船にゆっくりつかる。はあ~気持ちいい。露天風呂に入るのはいつ以来だろうか。しかしリザルトがわからない中途半端な状態なので、いまいち開放的な気分になりきれない。

こけももソフトを食べながら呑気に(しかし内心はドキドキしながら)会場に戻ると、入賞者(上位10位まで)のリザルトが張り出されていた。自分の名前を探すが・・・ない。残念ながら入賞には届かなかった。若干の期待もあっただけにがっかりだが、そうだろうなとも思う。

どうせまた高速は渋滞しているので、レンタカーの返却時刻に間に合うよう表彰式・閉会式は見ずに会場を後にする。松本市街のすき家で昼食を食べた後、15時頃に高速に乗る。毎度のごとく相模湖あたりで大渋滞していて(ホントこの渋滞は何とかならんかね)、家に着いたのは20時近く。荷物を下ろしてレンタカーを返しに行き、21時過ぎに帰宅した。

コメント

お疲れ様でした^_^;

順位は残念でしたがタイムアップ出来たのは練習の成果ですね。順位は周りの人達に影響されて決まるけど、タイムは自分がレベルアップした証拠ですからね。(コースの混雑具合とかにもよるのでしょうけど・・・)

スタート前のいつものドタバタが無いですが、それもレベルアップしましたね(笑)

by: taka * 2009/09/02 12:41 * URL [編集

takaさん、こんにちは。
先日まで立て込んでいたもので、北海道レポへのコメントもできず失礼しておりますm(_ _)m。
タイムは自分でもちょっと意外なくらい、いいですよね~。
しかし周りはさらにハイレベルなので、まだまだ精進しなければです。
「いつものドタバタが無い」そういえばそうですね。
なんか物足りない気がしたのはそのせいでしたか(笑)。

by: のむ * 2009/09/02 17:39 * URL [編集

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/653-ca48b9f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。