陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケイデンスとパワーの変動の関係

2009 10/23
(金)

日に日に疲れが溜まっていく気がする(昨日のARもまだ強度が高すぎたか)。しかし、今週の練習内容が来週・再来週の基準になるので頑張らなければ。

先週金曜日からやっている仕事については、最初の数日こそ大変な状況だったが、その後は思ったほどではない。来週もこの調子だと助かるのだが。

■ 10/23(金):[固定ローラー]80分@L3(Cad. work)

今日は80分無理かな・・・と思ったが、やったらできた。ただし体感強度はいつもより高め。20分ずつのCadence work。



■ ケイデンスとパワーの変動の関係

パワーのグラフを見て面白いことに気がついた。上に挙げたグラフはスムージングを効かせてあるのでわかりにくいが、スムージングをなくすとよくわかる。



自分の一番漕ぎやすいケイデンスのとき(15~35分、55~75分)に比べて、低ケイデンスのとき(35~55分)のほうがパワーの変動幅が大きい。同様に高ケイデンスのとき(75~95分)も、低ケイデンスのときほどではないが変動幅が大きくなっている。非常に細かい変動なので、おそらくペダリング1周の間で強⇔弱と変化しているのだろう。

これはつまり、自分の一番漕ぎやすいケイデンスのときが一番パワーの変動が少ない(=効率的である)ということだろうか? あるいは、たまたまパワーメーターのサンプリング周期とケイデンスのタイミングによるものかもしれないが・・・。

コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/691-a8867e0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。