陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍勢レポ

2009 11/16
(月)

■ 当日 レースまで

2:50起床。バナナを半分だけ食べ、前夜のうちに借りておいたレンタカーで3時半頃に出発。関越道~皆野寄居有料道路を通り、5時半頃に秩父市下吉田の会場に到着。高速を降りてからは下道を行くつもりだったがうっかり有料道路に入ってしまい(まっすぐ走っていると有料道路に入ってしまうずるい?作りになっている)、料金はもったいなかったが早く着けたのはよかった。

急にお腹の調子が悪くなり、まずはトイレへ。そういえば去年も腹の調子が悪くなったが、あれは冷えた牛乳なんかを飲んだから。いくら「普段どおり」にするのがいいといっても、レースの朝に冷えた牛乳はやめといたほうがいいだろう。

夜明け間近の空には新月と星が光っている。結構寒い。車内でおにぎり、あんパン、グレープフルーツジュースで朝食。

6時を過ぎ、吉田中学校で受付を済ませる。夜が明けるとあたりは霧に包まれていた。

スタートまでは余裕があるのでゆっくりと準備・・・とはいうものの、レースの朝はいつものとおり時間の経つのが早い。準備体操、ストレッチの後、もう一度トイレへ行く。これで軽量化はOK。

7:50から固定ローラーでウォーミングアップ。WU:15分→L4:5分→CD:15分の計35分。調子は特に良くも悪くもない感じ。つまりはいつものとおりか。

ゴール地点へ運んでもらう荷物を預け、スタート地点へ。まだ並んでいる人はほとんどおらず、クラスの最前列に並んだ。しばらくすると続々と人が並び始める。

9:20、一発目の号砲が鳴り、最初のグループがスタート。ちょうどその頃、一面の霧が嘘のように晴れて澄んだ青空が現れた。そうすると急に気温も上がってきた(因果的には逆か)。

今日の服装は、上は半袖インナーに春秋用の長袖ジャージ。下はレーパン。さっきまでは脚に鳥肌が立つくらい寒かったのに、日が差したとたんに半袖ジャージ+アームカバーでも良かったかもという感じの暖かさだ。なお、ボトルは持たず。40分あまりのレースでは必要ない(60分以上のレースでも、いつも一度口をつける程度しか飲まないので)。

去年は雨で危険なため万年橋まで先導のペースバイク(オートバイ)がついたが、今年は万年橋の少し先に工事区間があるため、やはりオートバイが先導するとのこと。これで少し楽になり、冷えた脚のウォーミングアップもできるなあと思う。

■ レース

9:32、自分たちのクラスがスタート。すぐに後ろから先頭へ飛び出してきた人がいたが、オートバイで蓋をされている状態で先頭を走っても得することはなにもないと思い、5、6番手をキープしてドラフティングで脚を温存する。去年はペースバイクといってもかなりのスピード(心拍数が170以上になるほど)で走っていたが、今年はだいぶゆっくりだ。パワーもほとんど100Wを下回っている。

万年橋を過ぎてもなかなか工事区間が現れない。だいぶ走ったところでようやくアスファルトをはがした工事区間になり、それを過ぎたところでペースバイクが切り離されていよいよレースの開始。そこでグワッとペースアップするか・・・と身構えたが、思ったほどペースは上がらない。そのまま先頭から数人目の位置をキープ。順番はほとんど変わらないまま、先頭グループは1列または2列になって進む。

あっという間に大鳥居をくぐり急坂区間へ。去年はここで先頭グループについていけなかったが、今年はそうはならなかった。一番の急坂はシッティングのまま進み、そこを過ぎた二段目の急坂で数回だけダンシング。振り返らないので後ろの様子はわからないが、自分の前や横にいるのは3~4人程度か。

大鳥居を過ぎてからはさすがに強度が上がったが、まだ限度いっぱいという感じではない。決戦用の軽いホイールと、試走時には使わなかった25Tのスプロケがあるせいか、民家のあるあたりの急坂区間もさほど苦労することなく越えた。これまでのレースに比べると「楽」と思えるくらいのペースだ。

中盤あたりから、いつの間にか自分の前を走るのは白いジャージの1人だけになっていた。距離は少し(10mくらい?)離れているが、それ以上開く様子はない。自分はもう少し出そうと思えば出せる状態だが、無理して追いつくことはせず間隔を保ったままその人をペースメーカーにして進む(そのためパワーメーターはあまり見なかった)。

「このペースで大丈夫だろうか?」とここで何度か後ろを振り返ったが、同じクラスの人なのか、今追い抜いたばかりの別のクラスの人なのか見分けがつかない。まあ、なるようになれだ。

土坂峠への分岐を過ぎ、下り区間が現れる手前で、白いジャージの人が若干ペースダウンしたのか一気に追いついた。下り前の加速も兼ねてダンシングで追い抜く。これでおそらく自分が先頭だ。そのまま下りへ突入。ほかの参加者や先導のオートバイが前にいたので何度かペースダウンを余儀なくされたが、それならそれでかえって脚を休められた。

再び上り区間に入ると、さっき追い抜いた人に抜き返された。また少し間隔が開いたが、やはりそれ以上開く様子はない。まだ大丈夫(後ろは少し気になるが)。再びその人をペースメーカーにして間隔を保ちつつ、機会をうかがう。

二度のダート区間を過ぎ、何度かコーナーを曲がったところで、やはりその人がペースダウンしたのか一気に追いついた。自然にパワーが出て追い抜く。「さあ、L5ワークの始まりだ」という感じ。その後すぐに「あと1km」の看板が現れた。ラストスパートには若干長いが、もう行くしかない。

後ろを振り返る余裕はなく、とにかくパワーの維持を目指す(実際には少しずつ下がってしまったが・・・)。最後の追い抜き禁止区間では前が詰まってしまい、若干脚を抜いた状態でゴール。

■ レース後

結局、最後まで抜かれなかった。ということは自分が一番か・・・? ちょっと半信半疑。ともかく自分の荷物を見つけ、アミノバイタル+オレンジジュースを飲んだ後、炊き出しの玉こんにゃくと甘酒をいただく。



「こんにゃくだけだと飽きるね」という声を何度か聞いた。たしかに・・・(笑)。あと1品、何か入っているといいのだが。



疲れた時には甘いものがおいしい。



自分のクラスのリザルトが張り出されたので確認すると、やっぱり1位だ。とりあえず嬉しい。しかし全力を出して勝ち取った勝利ではないので、何となく「これでいいのかな」というすっきりしない気分。

ゴール地点からは遠くの街並みや山並みがきれいに見渡せた。一応、下山用にウィンドブレーカーとレッグウォーマーを着込んだが、いらないくらいのぽかぽか陽気。



下山路はレースとは違う道なのだが、これがなかなか鬼門。自分も去年パンクして回収車のお世話になってしまったが、今年もほとんど数百mおきと言っていいくらい頻繁にパンクしている人を見かけた。ときおり路面が苔むしている個所もあって、スリップ&落車の危険もある。何とか無事に下山し、駐車場へ戻る。

12時からの表彰式まで時間がないので急いで帰り支度をして、表彰式の会場へ走る。しかしまだリザルトも張り出されておらず、表彰式は12時半頃から始めるとのこと。ちょっと時間をもてあましうろうろする。

そして表彰式。エキスパートクラスは復活したコンドルさんが見事優勝。

そして自分の番。インタビューではつまらん受け答えしかできず恥ずかしい。苦手なんだよな。

優勝賞品は記念のグラスにアミノバリュー1箱(24本)、そして1~6位に地域の特産品の詰め合わせ(干ししいたけ、こんにゃく、しゃくしな漬、ゆずジャム)。ありがとうございます。



でも、干ししいたけやこんにゃくはどうしたもんかな~。料理の仕方がわからん(笑)。

13時頃に会場を後にする。今度は有料道路を通らず一般道(R140)で。渋滞していて「紅葉のシーズンだからかな?」と思ったが、事故渋滞もあったようだ。自分もレースのことを考えて気もそぞろだったので、事故を起こさなくてよかった。

関越道は渋滞もなく、16時頃に自宅に到着。レンタカーを返しに行って、17時過ぎに帰宅した。

コメント

優勝おめでとうございます。
日頃の鍛錬の積み重ねが力なんだなあと読んでいて思いました。
それに到達点というより”いまこの辺”というまだまだ先を目指してる感じがかっこいいです。

by: おいちゃん * 2009/11/16 22:13 * URL編集

こんばんは。こちらに返信します。

>たぶんペースバイクが遅かったのでは・・・
私は昨年はだいぶ後ろだったので比較は出来ませんが、確かにゆっくりでしたね。おかげで体力が温存できました。長男が走ったクラスAはもう少し速かったようです。

>物欲に負けて新しいフレームを注文しちゃってますが・・・(笑)。
私もです(笑。RFX8は長男が使うことになります。

by: TK * 2009/11/16 22:58 * URL編集

優勝、おめでとうございます。
「これでいいのかな」とか、淡々と書かれていますが、これまでの積み重ねを読ませていただいてきたこちらでは、もう感涙あふれています。

by: おやじライダー * 2009/11/17 12:37 * URL編集

▼おいちゃんさん、こんにちは。

ありがとうございます。
元々自分は短期集中型の性格なんですが、こと自転車に関してはコツコツと少しずつ積み重ねていくしか強くなる方法はないなあ~と実感しています。

▼TKさん、こんにちは。

男子Dは工事区間の先まで先導のオートバイがいましたが、ほかの方のブログを見るとどうもほかのクラスは万年橋までだったみたいです。
男子Dだけレベルが低かった・・・というわけではないようで、よかったです(^_^;)。
RFX8はお子さんにお下がりですか(笑)。
私の新フレームは、GのMLです。

▼おやじライダーさん、こんにちは。

ありがとうございます。
あまり周りにほめてくれる人がいないので、感涙していただけると嬉しいです(笑)。
より大きな大会で入賞、そして表彰台に立てるよう、これからも頑張りまっす!

by: のむ * 2009/11/18 04:34 * URL [編集

こんばんは。
>ほかのクラスは万年橋
そうでしたか。クラス間でのタイムの比較は無意味ということですね。

>新フレーム
やはり(^^)。私も同じです。
情報交換よろしくお願いします。こちらは2月入荷といわれています。

by: TK * 2009/11/18 23:32 * URL編集

TKさん、こんにちは。
先導のオートバイが外れたタイミング、確実ではないのですが、たぶんそうではないかと思います。
できれば全クラス同じ条件にして、比較できるようにしてほしいですね~。

フレームはやっぱり同じですか!
前評判はかなりいいみたいですが、実際はどうなのか楽しみですね!
でも2月入荷と言われたのですか・・・。
私は具体的にはまだわからないのですが、そのくらいになってしまうのかなあ。

by: のむ * 2009/11/19 20:14 * URL [編集

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/711-628b9d59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。