陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥多摩ツーリングレポ(3)

2005 08/06
(土)

う~ん、日を空けたら記憶と感動が薄れてきてしまった。とにかく最後までまとめなければ。

11:25に阿蘇神社を出発する。青梅市街を通る道から国道411号線(青梅街道)に合流して道が上り坂になった途端、持病(?)の左膝の関節が痛み出した。ここまでの60kmはゆっくり走ってきたこともあり何ともなかったのに、やっぱり大きな負担をかけるとダメなようだ。
そこからはずっと上り基調だが、予想していたほどの厳しい坂ではない。いよいよ本格的な上りが始まったかな・・・と思うとじきに平坦になったり下り坂になったりして、それを何度も繰り返しながら少しずつ高度を稼いでいく。



へそまん駅に到着(笑)。へそまんじうは奥多摩名物のようだが、このときは疲れているせいかちょっと食欲がわかなかった。




眼下に多摩川を見下ろしながら、青梅線の線路沿いの道を行く。それにしても、みんなどこへ行くのか知らないが結構交通量が多い。車やバイクがスピードを上げて、遠慮なしに騒音を撒き散らしていく。山に行けば静かな道を走れると思っていたのに、これでは何のために苦労してここまでやってきたのかわからない。



青梅マラソンの30km折り返し地点。青梅市街にスタート地点の大きな看板があったから、ここまで15kmということか。自転車でも楽じゃないのに、自分の脚で走ってこようと思う人がいるのにはちょっと驚かされる。



青梅と奥多摩湖の中間あたりから、トンネルが続くようになる。たしか3つめと4つめのトンネルには車道と区切られた歩道があったが、それ以外は車道を走らなければならない。車がトンネル内に入ってくると前後左右上下のあらゆる方向からエンジン音が反響し、その轟音は結構な恐怖感がある。なかには照明が暗くて天井からは水がしたたり落ち、しかも上り坂のトンネルもあって、そこで何台もの車がすぐ脇を追い抜いていったときには歯を食いしばりながらペダルを漕いだ。

奥多摩湖まであと数kmのところからは、さすがに坂がきつかった。ここまで使わずにきた最も低いインナーローのギアを初めて使う(フロント28T×リア26T)。これだけ軽いギアのあるSIRRUS A1でよかった。



13:45、ついに「水と緑のふれあい館」に到着! 自宅からの走行距離は94km、阿蘇神社からは32kmだった。2時間半近くも山道を上ってきたことになるが、不思議と時間や距離の長さを感じなかった。
何はともあれ、目的のひとつである1日30食限定の「奥多摩清流定食」を食べなければ。景色を見るのもそこそこに、急いで建物の最上部にあるレストランへと向かう。う~ん、ここはエスカレーターがなくて階段とスロープを上らないといけないのか。自転車でここまで来た人に対するいじめか!?

幸いこの時間でもまだ奥多摩清流定食は残っていた。早速食券を買って席につく。レストランのよく冷えた水を飲んだときの美味かったこと! このうまさは何物にも変え難い。



そしてこれが、奥多摩清流定食(1,000円)。最初に見たとき「あれっ」とちょっとがっかりした。思ったよりもおかずが少なかったからだ。でも、疲れているのとドリンクで腹がふくれているので食欲自体があまりなかった。食が進まずご飯をちょっと残そうかと思ってしまったくらいだ。
おかずは岩魚の天ぷらや虹鱒の唐揚げなど。この時間まで残っているということはあまり人気がないのかもしれないが、せっかくここまで来たのだからどこでも食べられるカレーやうどんじゃなくて奥多摩清流定食を食べたほうがいいんじゃないだろうか。

お土産屋をちょっと覗いてからスロープを下りようとすると・・・あ、脚が動かん(汗)。かなり膝に来ているようだ。
14:45に水と緑のふれあい館を出て、最終目的地の山梨県境へと向かう。走り始めの数百mは快調だったが、すぐに膝が痛くなってきた。しかも距離を勘違いして、実際には9kmほどあるのに6kmくらいだと思っていた。この「実際よりも短いと思っていた」というのは結構辛い。もう着くはずだ、と思ってもいつまでたっても着かないからだ。奥多摩湖の入り組んだ湖岸線を左手に見ながら、ひたすらペダルを漕ぐ。




そして15:10、ついに山梨県境に到着した! 自宅からの走行距離は103km、時間は9時間弱だった。もっと感動するかと思ったが意外とそうではなく、ただその事実を受け止めた。それにしてもほぼ東京を東西に横断し、県境までやってきた。自転車の行動範囲ってすごい。輪行と組み合わせればどこへだって行けるぞ・・・と次なる旅への夢がふくらむ。
ただ、問題はこの膝だ。平地ならともかく上り坂を長時間走るのはちょっと厳しい。ヒルクライムなんてのも面白そうだな~と思っていたが、私には無理なのだろうか。

あまりゆっくりしている暇はない。16:23か16:52に奥多摩駅発のホリデー快速おくたま号に乗りたい。来た道を戻り、16:15に奥多摩駅に着く。時間があれば温泉にも入りたかったが、今回はあきらめよう。




前後輪を外し、輪行袋に自転車を入れる。事前に一度も練習できなかったので説明書とにらめっこしながらやったが、だいぶ手間取った。16:52の発車1分前になんとか電車に乗り、一番前の車両の隅に輪行袋を置く。



いまいちうまく収納できていないのか、ちょっと不安定だ。手すりなどに固定するためのベルトも持ってこなかったので、座りたいのを我慢してずっと輪行袋の脇に立っていく(結局、一度も倒れることはなかったが)。
おくたま号は新宿終点なので、三鷹駅で中央線の快速に乗り換えて御茶ノ水まで行く。幸いどちらの電車もそれほど込んでおらず、ほかの乗客に迷惑がられることがなくてよかった。

御茶ノ水からは総武線に乗ろうと思ったが・・・さすがに人が一杯で無理だ。ホームの端からえっちらおっちらと輪行袋を担いで歩き、きつい階段を上って日の暮れた駅の外に出た。聖橋口前の広場で自転車を組み立て、自宅へと向かう。
すでに隅田川花火大会が始まっていて、両国橋からは大輪の花火が見えた。花火が迎えてくれるなんていいところに住んでいるなあと思う。

7月30日(土)の走行データ(御茶ノ水駅から自宅までの行程を除く):
  • 走行距離:118.3km
  • 平均速度:21.0km/h
  • 走行時間:5時間36分


コメント

おつかれさんです
いやーすごいですね!!感心しっぱななしです。
写真とレポートを見ていると懐かしい感じです。
実は私は生まれも育ちも多摩地区なんですよね。
子供のころ多摩川はよく遊びに行ってました(笑)
中学生のころ奥多摩湖にも昔懐かしのロードマンでサイクリング行きましたし・・・
私は昨日荒川サイクリングロードを走ってきました・・・。暑くてバテバテでした。
総走行距離75キロ程度なのに最後の10キロはヒーヒー(汗)状態でした。
昔はこんなじゃなかったのに・・・なんて・・・今回は年齢を感じてしまってます。(笑)
今度はどこのレポートが出てくるのか一読者として楽しみです。体には気をつけてがんばってくださいね。

by: koro * 2005/08/06 06:25 * URL編集

おつかれさまでした!第三回まで楽しみに読ませてもらいました!
車、バイクはどうやっても逃れられないのは残念ですが、山が見えて水のある場所は気持ちよさそうです。渓流沿いは是非走ってみたいですね。夢は広がります。
同じようにして、千葉の奥地や茨城方面まで行ってみたい気もしますが、まだ自分の体力では無理かも知れないと思う考えが戦っています(^^;
秩父の方も行ってみたいんですよね・・・
自分の場合は車のキャリア搭載に逃げるかも。。。

by: しろ * 2005/08/06 08:17 * URL編集

奥多摩ツーリング、凄いの一語です!
いつも思うのですが、のむさんの「何でも自分でやってみよう」というチャレンジ精神と、思ったことをやり抜こうという意志の強さには感銘を受けます。
とにかく無事で何よりでした。

by: 善蔵 * 2005/08/06 11:05 * URL [編集

koroさん、しろさん、善蔵さん、こんにちは。
▼koroさん
> 私は昨日荒川サイクリングロードを走ってきました・・・。
うわ~、たしか金曜日は最高気温が35~36度くらいでしたよね。
お疲れ様でした。お互い熱中症には気をつけましょう~。
中学のころのサイクリングは懐かしいですね。
子供のほうが元気だからすいすい上っていっちゃうんだろうな~(笑)。
▼しろさん
> 山が見えて水のある場所は気持ちよさそうです。
やはり水と緑は気持ちいいですね~。
最近しろさんがBlogでご紹介されているような身近な公園にも、ぜひ行ってみようと思ってます(^_^)。
> 自分の場合は車のキャリア搭載に逃げるかも。。。
そのほうが何かと便利ですからね~。
私もレンタカーを借りて輪行っていうのも、選択肢のひとつに入れたいと思ってます。
そのときは、自転車とすれ違うときはできるだけやさしく運転しますよ(^.^ゞ。
▼善蔵さん
> 思ったことをやり抜こうという意志の強さには感銘を受けます。
いやあ~、そんなほめられるとお恥ずかしいです(笑)。
今回はお勧めいただいた温泉に入ってこれなかったのが残念です。
次はもっと奥多摩を味わえる旅にも行ってみたいですね~。

by: のむ * 2005/08/06 22:07 * URL編集

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/73-8cd36b94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

へそまんじゅう本舗の「へそまんじう」

奥多摩からの帰りに青梅街道(R411)沿いで見つけたまんじゅう屋さん。ふかした...

まろまろ記 * 2006/09/25 10:41

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。