陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台堀川公園&横十間川親水公園

2005 08/08
(月)

今週1週間は夏休みだ。できれば先週のうちに計画を立てて2ヶ所くらいツーリングに行きたかったのだが、ちょっと時間がなくてまだ何も計画できていない。奥多摩に行ったばかりで次のツーリングに気持ちが切り替わらないというのもあったし。
休みの前半に計画を立てるとともに雑用を全部片付けて、後半はツーリングとレポまとめでゆっくり過ごせたらいいなあ・・・と思っているけど、できるかな。

さて、昨日は木場のイトーヨーカドーへ買い物に行ったついでに、しろさんのBlog「下町のビアンキ」(8月4日)で紹介されていた仙台堀川公園・横十間川親水公園に行ってみた。地図を見て川沿いになんか公園があるらしいとは思っていたが、こんなに連続して自転車が走れる道があるとは知らなかったなあ。



木場公園の東側、石住橋交差点の脇にある「千石地蔵尊」の前からスタート。お堂にはついさっき火がつけられたばかりの線香が供えられていた。
傍らの碑によると、この千石地蔵尊は昭和20年3月の大空襲で亡くなった方々の霊を悼んで作られたそうだ。当時のこのあたりの状況はよくわからないが、空襲で焼かれた多くの人たちが火を逃れ、水を求めて川にやってきて亡くなった・・・という話は本などで知っている。今こうしてサイクリングを楽しめることに感謝して、両手を合わせた。



仙台堀川公園と横十間川親水公園の合流地点までは、森の中を行く探検コースといった雰囲気。小さな橋がいくつかかけられていて面白い。未舗装の部分もあるが、よくしまった土で走りやすかった。




横十間川親水公園に出ると急に川幅が広くなり、視界が開ける(そういえば“横十間”というのは川幅のことを言っているのだろうか?)。川沿いを北上し猿江恩賜公園へ。



猿江恩賜公園も緑が多くて気持ちのいい公園だった。くるぶしくらいまでの水が流れる「じゃぶじゃぶ池」では小さな子供を遊ばせるお父さん、お母さんの姿も。子供と一緒に親もしっかり涼んでいるようだ。



家の中にいるとどうしてもエアコンをつけて、結果的に地球をますます暑くしてしまうが、たとえば10軒の家族がこういうところへ遊びに来れば10軒分のエアコンがその間使われないですむ。水と緑に親しみながらエコロジーにも貢献できるんだからいいことずくめだ。



猿江恩賜公園で引き返し、ふたたび横十間川親水公園を通って仙台堀川公園の東側へ。こちらは道幅が広くなり、車線も引いてあったりしてサイクリングコース的な雰囲気が強くなる。ただし歩行者が多く、自転車もあまりマナーを気にしないママチャリが多いので、ゆっくり走行には変わりないが。



桜並木沿いをまっすぐ続く道を通って、公園はおしまい。
仙台堀川公園の西側、東側、横十間川親水公園と大きく3つのエリアに分けられると思うが、それぞれに趣が違って楽しめた。私は江東区のすぐ近くに住んでいる墨田区民だが、江東区もいいところだなあと思う。いろんな意味でゆとりがないと、こういう公園は作れないんじゃないだろうか。
最近は江東区に大規模マンションが次々と建てられていて、都会ならではの問題も増えてくるだろう。そういうところの住民の方々もぜひ公園に遊びに来て、心と体をリフレッシュしてほしいと思う。

コメント

やっぱり、見る場所が違って面白いです。
自分は、この川は木場へ材木を運ぶために利用されていたのかなぁと思いながら走ってました。小名木川~隅田川まで出られますし。
行ったことないのですが、荒川区の方にも水と木陰のある、良さそう場所があるそうなんです。
こんど探索してきますね。
あ、フロントバック今度見てきます。悩んでるうちに夏が終わりそうですけどね(笑)

by: しろ * 2005/08/08 14:38 * URL編集

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/75-277d47f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。