陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12mm

2010 03/04
(木)

ショップからTEL。シートチューブをどこまで切れるか(前回の記事参照)メーカーに確認してもらったところ、「先端と同じ太さの部分を最低12mmは残してほしい」という回答だったそうだ。シートクランプが傾かないようにしなければならないとのこと。

たぶん、全周にわたって均等に太くなっていないのだろう(前後で違うということかな)。シートクランプが傾いていると変なふうに力が加わって、破断の恐れがある、ということではないかと思う。

12mmだと、自分の希望するサドル高にできるかどうかきわどいところ。シートピラーやペダルの変更でわずかに調整の余地は残っているが、そうすると自分の使いたいパーツが使えないのでできれば避けたい(クリートにスペーサーを挟むという手もあるか)。

とにかく、今さら後には引けない。ぎりぎりでも希望のサドル高が可能ならこのフレームでいくしかない。あとは(メーカーの回答は12mmだったけど)できるだけ低い位置で切ってください・・・とお願いして、組み付けに着手してもらうことにした。ホント、うまくいくように祈る気持ちだよ。もし、結局乗れなかったとしたら売るかどうにかしなきゃいけないけど、切ってしまったフレームは価値が落ちるんだろうな~。

トップチューブに跨れるかも心配になってきた。まあ、ホリゾンタルフレームでシートピラーがほとんど出ていない人もいるから大丈夫なのだろうが、股間に当たることは間違いないな。乗りにくい自転車になってしまったらどうしよう。

コメント

のむさん、こんにちは。

なかなかきわどい状況ですね。

トップチューブですが、今裸足でまたいで見たところ、股間に微妙にあたりました。

うまくいくことをお祈りしています。

by: TK * 2010/03/06 13:00 * URL編集

TKさん、こんにちは。
TKさんが「微妙にあたる」程度なら、私は「股間に食い込む」状態に
なりそうです(笑)。

by: のむ * 2010/03/07 16:51 * URL [編集

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/792-cc94590a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。