陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小海線ツーリングレポ(3)

2005 08/14
(日)

野辺山のJR鉄道最高地点にある、その名も「最高地点」というレストランで昼食にする。「春夏冬中」という看板で「商い中」と読ませる(秋がない)、そんな店だ。中には夏休みの学生アルバイトと思われる若い店員がたくさんいた。夏休みに高原でバイトといえばイメージはいいが、こんな何もないところに来て退屈しないだろうか。



例によって食欲はあまりなかったが、せっかくだから名物をと「ソースカツ丼」(950円)を注文。ちなみにソースカツ丼は信州名物だと思われている方もいるようだが、信州でも中信・南信の一部の地域で食べられているもので、それ以外の地域(北信など)ではほとんど食べることがない。また、「ソースカツ丼って本当においしいなあ、おらが信州の自慢だ」と思っている信州人もあまりいない(?)ように思う。
それはともかく、出てきたソースカツ丼は結構おいしくてパクパクと食べられた。そしてやっぱり、レストランの良く冷えた水がうまい。

14:35、JR鉄道最高地点を出発。予定より2時間ほど遅れてしまっている。
小海線の線路沿いに真っ直ぐ続く道を進むと、国立天文台の巨大なパラボラアンテナが見えてくる。時間はないが、せっかくだから寄っていくことにした。



大小たくさんのパラボラアンテナが立ち並ぶ天文台の敷地内を歩いていると、脚がだいぶ疲れていることがわかる。左膝の関節も痛くなってきた。走行距離はまだ30kmちょっとだが、やはり上り坂がこたえているようだ。特に北杜八ヶ岳公園線の上りが一番きつかった。

15:30に天文台を出発し、15:40に野辺山駅に到着。JRで最も高いところにある駅だ。



そこから川上村方面へ向かう線路沿いのルートはだいぶ遠回りになる。川上村はやめて国道141号線でショートカットしてしまおうかと思ったが、やっぱりここまで来た目的のひとつだから・・・と行くことにした。



川上村は一面のレタス畑だった。まだ小さいもの、大きく育ったもの、すでに収穫した後のものなど畑によってまちまちだ。同じ畑で何度も作っているのだろうか。これだけ大量にあれば、全国で食べられるレタスのほとんどが川上村産じゃないかとさえ思えてくる。農薬の匂いも、子供の頃に近所のりんご畑で嗅いだのと同じ匂いで懐かしい。16:10、信濃川上駅に到着。

しばらく行くと、はるか頭上に国道141号線の通る橋が見える。まさかあのレベルまで高度を上げないといけないのでは・・・と思ったら案の定だった。右手の山の急斜面につづら折りで上っていく道路が見える。うわ~、もうとてもあんな坂上れないよ。
つづら折りの最初の一折れまではなんとか漕いで上ったが、そこからは恥を捨てて押して歩くことにした(別に恥ずかしいことじゃないか)。まだまだ先は長い。ここで無理して家に帰れなくなったりしたら大変だ。



坂を上りきると南牧村(みなみまきむら)に出る。すでに傾き始めた日に照らされたレタス畑の、緑とビニールシートのコントラストがきれいだった。



国道141号線に合流すると、佐久まではあと35kmだ。市場坂という長さ3kmほどのワインディングロードを一気に駆け下りる。カシミール3Dのプロフィールマップで見た途中の「ボコッ」の正体はこれだったんだな(後で調べると、市場坂の上と下ではおよそ150mもの標高差があるようだ)。
あれだけ苦労して稼いだ高度を一瞬にして消費してしまうのは、ちょっと複雑な気持ちだ。「長年かけて築いた財産を一夜にして失う」「長年かけて築いた信頼を一瞬にして失う」といったフレーズが頭をよぎる。重力の法則というのは情け容赦がない。

松原湖のあたりで交通量の多い国道141号線を離れ、千曲川の対岸を並行して走る道を行くことにした。
松原湖駅は六角形の小さな待合室があるだけの無人駅だ。何の障害もなくホームに出入りすることができ、やろうと思えば自転車に乗ったままだって入っていける(見つかると怒られると思うが)。世の中のすべての駅がこういう造りなら、輪行も楽でいいなあ。



もう間もなく山の端に日が沈もうとしている。夕暮れ時を迎えた小さな山あいに線路の音を響かせて、小海線の列車が通り過ぎていった。



畑仕事を終え、夫婦で並んで自転車を押して歩くおじいさんとおばあさん。竹で編んだ大きなかごを背負ったおじいさん。通り過ぎる家からは今夜の夕飯のカレーの匂い。ああ、なんて懐かしい農村の情景だろう。

17:45、小海駅着。18:05、八千穂駅着。さあ、もうのんびりしてはいられない。国道141号線に戻り、ひたすら佐久平駅へと走る。
日テレの「ザ!鉄腕!DASH!!」の「一日でいくつ○○できるか?」というコーナーでは制限時間が近づくとお決まりの曲が流れ、TOKIOの面々が慌て始めるが、まさにそんな気分だ。



やがて日が暮れた。国道141号線は渋滞している。何度も来たことがあるから大丈夫だろうと地図を持ってこなかったために、佐久市内で少し迷ってしまう。やっぱり地図は必要だ。
19:15、ポツポツと雨が当たり始めた直後に佐久平駅に到着。軒下に自転車を入れるとすぐに雨足が強くなってきた。良かった、ぎりぎり滑り込みセーフだ。

自転車を分解し、輪行袋に収納する。回数を重ねるたびに手順がスムーズになっていくのが気持ちいい。自転車とタイヤもしっかり固定できるようになった。これなら人前でも恥ずかしくないレベルだ。
このとき初めてペダルを外して収納したが、輪行袋がスリムになって持ちやすくなった。こういうことを面倒がらずにやることで、その後の面倒が減らせるんだなあと実感。

19:58発の長野新幹線あさまに乗車。込んでいて座ることができず、上野まで立ったままだった。輪行袋はデッキにある、スーツケースやスキーを収納するための荷物置き場に置いた(参考:JR東日本:車両図鑑>新幹線 E2系 (0番代) はやて/やまびこ/なすの/あさま)。わずかに通路にはみ出してしまったが邪魔になるほどではない。

元々そこまで考えていたわけではないが、自転車を縦に収納するタイプの輪行袋を買って正解だった。横に収納するタイプだと、なかなかはみ出さずに置けるところがなくて輪行が難しいのではないだろうか。縦方向に長くてもあまり人の邪魔になることはないから、より接地面積の少ないものを選んだほうがいいのかなと思う。

21:10、上野駅に到着。地下4階の新幹線ホームから地上レベルまではエレベーターはあるが、あさまの到着したホームだと途中で乗り換えなければならない(エスカレーターのほうが楽だったかも)。駅構内もだいぶ歩かされるが、ターミナル駅では仕方がないか。

正面玄関口から外に出て自転車を組み立て、22時頃に帰宅。朝5:40に家を出てから実に16時間がかりの旅行だった。

8月11日(木)の走行データ(全行程):
  • 走行距離:94.6km
  • 平均速度:20.0km/h
  • 走行時間:4時間44分


コメント

おつかれさまでした!
やっぱり良いところですね。
自分の場合、どうしても水辺を求めて走ってしまうのですが、こういった山や田畑を眺められる場所も走りたくなってきます。渓流も綺麗だし。(それもあって、今度の狭山なんですが)
やっぱり、輪行いいですよね。。。車でも良いし。
秋は要検討です。秩父あたりでも走りたいな。

by: しろ * 2005/08/14 12:18 * URL編集

しろさん、こんにちは。
今回は山と水=千曲川も目的だったんですが、いいビューポイントがなくて・・・。
結局、千曲川の写真は1枚もないですね(^_^;)。
輪行は面白いですよね~。病み付きになりそうです。
でも、輪行しないで行けるところにもいいところがたくさんありますよね。
狭山のレポも楽しみにしています。
P.S.
先日のレスで「レンタカーで輪行」と書きましたが、車の場合は輪行とは言わないみたいですね。
失礼しました~。

by: のむ * 2005/08/14 12:54 * URL編集

ローカル線のホームの写真が旅情を出してますね。
高原野菜の畑から夏の匂いを感じます。
さすがに信州まで行くと景色がすがすがしいですね。
>「春夏冬中」という看板で「商い中」と読ませる(秋がない)
いやあ、これは知りませんでした(笑)

by: 善蔵 * 2005/08/14 14:14 * URL [編集

善蔵さん、こんにちは。
「春夏冬中」という看板は、たぶん他所でも使っているところがあると思います~。
でもなんかオヤジギャグというか、これを選ぶ店長の性格が想像できますね(笑)。

by: のむ * 2005/08/15 13:12 * URL編集

また、こんばんわ。一番上のソースカツ丼以外は、全て同じ所を回ったことがあります。信濃川上からの登りはきついですね。

by: 8gatake * 2005/08/18 11:02 * URL [編集

8gatakeさん、こんにちは。
国道141号線をずっといけば、あの坂は避けられたんでしょうね~。
でも、その後の市場坂も逆から登ればかなりきつそうですね。
もし逆から来てたら途中であきらめてしまったかも(^_^;)。

by: のむ * 2005/08/18 13:43 * URL編集

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/80-b7689e2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。