陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八ヶ岳レポ(当日)

2010 04/21
(水)

■ 4/18(日) 当日

3:25起床。自然に目が覚めた。ホテルを出発して、24時間営業のSEIYUとコンビニで朝食を買い、スタート地点近くの駐車場へ。途中の電光掲示板では気温「-3度」と表示されていた。

車内で朝食。おにぎり、あんパン、バナナ、ホットはちみつレモンジュース。寒いので時々エンジンをかけて暖房を入れる。

朝日に照らされる八ヶ岳

6時頃からぼちぼちと準備運動(ラジオ体操、ストレッチ)を始め、6:50から固定ローラー。WU:18分→L4:5分→CD:12分の計35分。調子は特に良くも悪くもない感じ。まあ悪くなければ御の字だ。

服装は迷ったが、日が出て暖かくなってきたことと、周りの人たちの様子も見て、上は半袖アンダー+半袖ジャージ+アームカバー、下はショーツ、そして指付きグローブで走ることにした。もちろん荷物を預けるまでは身体を冷やさないようにウインドブレーカーやレッグウォーマー、さらにズボンも履く。

今回は心拍計(胸ストラップ)は着けない。パワーがわかれば心拍数は特に必要ないし、ずり落ちを気にするのが嫌なので。おもりになるだけだ。

スタート地点へ移動し、男子Dクラスの最前列に並ぶ。スタートを待つ間、「ランナーのメンタルトレーニング」のコピー(お守りと一緒に袋に入れておいた)を繰り返し読んで自分に言い聞かせる。去年はまわりの顔ぶれを見てスタート前から気持ちで負けていたが、今年は静かで落ち着いた精神状態だ。

9:00にチャンピオンクラスがスタート。前のクラスが順次スタートして、9:06に男子Dクラスがスタート。

■ レース

まだ慣れていないICLICがスムーズにはまるか心配だったが、とりあえず無事はまった。まずは目標パワーに上げて後は一定で・・・と思ったら、後ろからどわ~っ!! と怒涛の勢いで20人くらいに抜かされた(邪魔だったかな?)。でも慌てずに、自分を信じてマイペースで。

1~2kmも行くと早くも失速している人が。スタート時に追い抜かれたスピードは、自分ならL6域に入っているはず。長続きするわけがない。

そのまま一定ペースで進む。コースに変化があるのでパワー・ケイデンス一定とはいかないが、気持ちはローラー練の一定走と同じ。呼吸は楽だ。前半はこの楽に感じるくらいの強度が適当なんだろう。落ちてくる同じクラスの人を1人また1人と抜いていく。そんな調子で約15kmのスキー場まで。平坦部で少しだけ人の後ろにつかせてもらった以外はずっと単独走。スキー場を過ぎたところで初めてボトルの水を口に含む。

T字路を右へ進むと「第2部」という感じでコースの雰囲気が変わる。このへんから次第にパワーの維持がきつくなり、呼吸もハアハアと荒くなってきた。標高のせいもあるのだろうか。ここからが踏ん張りどころなのだが、自分の弱さに負けてパワーの低下を受け入れてしまう。

ディレイラーの調整が十分でなかったのか、変速がいまいちスムーズに決まらない。ギアも上げると重すぎ、下げると軽すぎでなかなかちょうどいいケイデンスにならない。体のほうはそれほど寒くないのだが、手の指先がかじかんできた。なんだか右わき腹が痛くなってきた。

ゴールの数km手前の下りでは、完全に脚を止めて休む。再び上りへ。そろそろスパートをしなければいけないのだが、なかなか踏ん切れない。「ランナーのメンタルトレーニング」には「後半は捨て身で走る」と書いてあったのに、すっかり頭から消えていた。

そんな調子で最後のコーナー(と曲がってから気づいた)を曲がるともうゴールが目の前に。少し先に別のクラスの人が見えたので、その人だけは抜くぞと短いラストスパート。一瞬ダンシングしたがすぐにシッティングに戻し、ぐわ~っとパワーを上げてその人を抜いてゴール。ああ、もうちょっと早くスパートできたな・・・。

■ ゴール後

残念ながら出し切れた感じではなかった。後半目標パワーを維持できなかったし、満足のいく走りではなかった。でも、手元の時計を見ると8分40秒台。これは予想以上にいいタイムだ。まあトータルでは及第点ってとこかな・・・。

さほど待たずに下山。スキー場で一旦ストップし、サービスの豚汁をいただく。すごくうまかった。

駐車場へ戻り、帰り支度をしてから近くの7-11で昼食の弁当を買い、車で再びスキー場へ。道すがら「同じクラスで追い抜いたのは10人くらいかなあ。最低でも10位以内には入っていてほしい。8位なら良し、6位入賞なら文句なしだな」などと考える。「自分との戦い」じゃなかったのかよ。でもやっぱり順位も気になるよな。

スキー場に着くと、ちょうどMCのがらぱさんの声で「・・・第4位、○○さん(オレの名前)」だって! 急いで弁当を食べて表彰式へ。去年の12位から4位へとジャンプアップだが、どうせならもう1つ上げて表彰台に立ちたかったな。でもまあ次のいい目標ができた。

(写真はチャンピオンクラス)
チャンピオンクラスの入賞者

13:30頃に会場を発ち、帰路へ。帰りの高速は大渋滞というほどではなかったが、やはり何ヶ所か渋滞していて(事故渋滞が多かったようだ)18時過ぎに自宅へ着いた。

■ 今回の失敗

イベントでは必ず何か失敗をやらかすオレ。今回はレース関係では何事もなかったが、それ以外で2つ失敗してしまった。

その1:宿泊費を払わずにホテルを出てきてしまった(てっきり予約時に払ってあると思った)。携帯に電話がかかってきて、帰りにホテルに寄るはめに。

その2:レンタカーを返却したときに、無意識でポケットに車のキーを入れて帰ってきてしまった。ようやく家に着いたと思ったらまたレンタカー屋へ返しに行くはめに。あ~無駄に疲れた。まったくオレらしいぜ。

コメント

久しぶりでっす
八ヶ岳4位入賞おめでとうございます。
3位と2秒差ですか!! 淡々とレポに書いてありますが
やっぱ悔しいですよね 悔しさが向上心となって
次へのチャレンジに迎えますからね
ボクの場合は順位より自分の健康との戦いになってきました
それでも楽しみながら なんとか維持 向上を心がけています
次の結果を期待してますよ~~(^O^)/

by: でぶのロードバイク * 2010/05/05 19:35 * URL編集

でぶのロードバイクさん、こんにちは&お久しぶりです。
ありがとうございます。
「自分の健康との戦い」ですか。いい目標ですね~。
私が愛読している「ランナーのメンタルトレーニング」にもあるんですが、
やっぱり自分との戦い、自分に勝つという意識が一番大切だと思います。
次も頑張りまっす~。

by: のむ * 2010/05/06 17:03 * URL [編集

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/805-6257818f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。