陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワーの推移の比較

2010 06/09
(水)

去年(2009年)と今年(2010年)のMt.富士ヒルクライムの、パワーの推移を比較。絶対値ではなく、トータルの平均パワーに対して2分毎の平均パワーがどれだけ高いか or 低いか(%)をグラフにしてみた。
(「OYAMA.VOX.COM」さんの方法を参考にさせていただきました)

パワーの推移の比較

レースで初めてパワーメーターを使用したのが、去年のMt.富士だった。計測開始直後は体感強度が低いわりに高いパワー(L5)が出て「俺ってすごいかも!?」な~んて思ったのもつかの間、どんどんパワーが落ちて20分後くらいにはL3の維持さえ辛くなってしまった。まさにオーバーペースの極致。

その後も回復できず、追い抜かれた集団についていこうとして無理にパワーを上げては、結局ついていけずにますます消耗してしまうという繰り返し。今考えれば、あまりにもでたらめな走り方だった。でも、ペース配分の重要性を身にしみてわからせてくれたという点で、この失敗レースも無駄ではなかった。

去年のパワーの変動範囲は27.8~-18.7%。これに対して、今年は4.5~-6.5%の範囲内に収まった(ゴール直前のスパートを除く)。去年と今年のトータルの平均パワーの差は、実に25Wだった。もちろんこんなにFTPは向上しておらず、ペース配分の違いによるものだろう。

コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/814-faa55452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。