陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美ヶ原レポ

2010 06/29
(火)

■ 6/26(土) 前日

4:40起床。

いつもと同じく固定ローラーを軽めに(40分@L1上~L2下)。開始直後は大腿四頭筋に少し痛みがあり、調子は7~8割という感じか。

レンタカーを借りに行き、8:10に自宅を出発。高速では珍しく渋滞にあわず松本まで。スーパーで弁当を買って昼食にし、13:30に会場の松本市野球場に到着。受付を済ませる。

選手受付

雨がぱらついてきたのでイベントは見ずに会場を後にする。14:50に女鳥羽川沿いのホテル「I」にチェックイン。

ホテル「I」

16:30頃から夕食。その後、散歩に出かける。近くに大きな神社があったのでお参りをして(財布を持ってこなかったのでお賽銭はなし)、商店街をぶらぶらと。

松本へ来るたびに思うが、自分が1年間住んでいた約20年前に比べるとずいぶん雰囲気が変わって、街歩きを楽しめる趣のある店が増えた。こんなところに住むのもいいよな~。

19:30に就寝。

■ 6/27(日) 当日

3:30起床。何度か夜中に目が覚めたが、寝ている時間は結構深く眠れたようだ。

いつものパターンで行動し、4:00にチェックアウト。おにぎり(小ぶりのものを3個)と缶のお茶をもらえた。今回初めて利用したホテルだったけど、親切でなかなかいいところかも。

もらったおにぎりとお茶

4:10に会場到着(美ヶ原はホテルと会場が近くて有難い)。野球場の裏手のほうに車を停める。さっきのおにぎりとオレンジジュースで朝食。いつものメニューじゃないのでエネルギー計算もできないが、せっかくもらったんだし、あまり「いつものパターンどおりでないとダメ」と縛られるのも良くないだろう。

固定ローラーでウォーミングアップ35分(WU:17分→L4:5分→CD:13分)。途中から雨が降り出して、濡れながらローラーを回した。大腿四頭筋のひざ側の付け根に少し痛みがある。今年参加したレースの中では一番状態が良くない感じだが、とにかく現状でやるしかない。まあ走り出せば大丈夫そうだ。

6:30から選手集合。とりあえず列に自転車を置いて荷物を預け、今日3回目のトイレへ。

スタート会場

列に戻ると、しらびそで1位だったKさんに声をかけていただいた。ほかの人(特にKさん)を意識したくなかったので参加者名簿も見ないようにしていたのに、なんと隣にあった自転車がKさんのだった(笑)。まあとにかくマイペースで走るのみだ。

スタートの頃になると雨はほぼ止んだ。Kさんも自分も遠慮して(?)2列目に並ぶ。8:11、自グループがスタート。

■ レース

スタート直後の周りの人たちの動きはあまり記憶にない。極端な飛び出しはなかったと思う。八十二銀行前のコーナーのグレーチングを慎重に越える。沿道からは地元の人たちの声援が。

まもなく「激坂」へ。道幅が狭く混雑しているので追い抜きに少々気を使うが、特に問題は起きなかった。早くも自転車を押したり休んでいる人がいるのは美ヶ原ならではか。

最初のうちはついつい目標パワーを10~20W上回ってしまうことが多かったが、去年よりは抑えられているはず。意外に早く美鈴湖の平坦区間へ。パワーを落とさないように踏み込んで、再び上りへ。このあたりからずっと、同じ人が後ろについていたようだ(ゴール後にお礼を言っていただいた)。

中盤あたりで先行していたKさんに追いついた。少し後ろで様子をうかがった後、抜きにかかる。一旦は前に出たが、ペースは拮抗していて勾配の変化とともに抜きつ抜かれつを繰り返す。お互い引いてもらって楽をしようという気はないみたい(笑)。

しばらくそんな状態が続いて、ようやく少し引き離したようだ。それとともに、ずっと後ろにいた人もいなくなったようだ。しらびその失敗を思い出してその後何度か後ろを振り返ったが、Kさんの姿はわからなかった。

第3CP、そして武石峠を過ぎていよいよ終盤へ。いつものようにじわじわとパワーは落ちている。それを目標パワーまで戻そうと無理して上げようとするので、パワーの変動が大きくなってなおさら疲れるんだよな。落ちたら落ちたで少し低めの一定パワーを保つようにしたほうがいいのかもしれないが、そこは今後の検討課題だ。

思い出の丘駐車場のあたりから、平坦~下りに。霧が濃くなり視界があまり良くなく、ひとつ先のコーナーがようやく見通せるくらい。慎重に、でもびびらず突っ込んでいく。

去年の反省点としてこの区間でもう少し頑張るべきかと思っていたが、やはり下りではスピードに乗せた後は脚を止めて、できるだけ上体を伏せる。踏んでもそのぶんコーナーで減速が必要なので、大してスピードは変わらない。それなら脚を休めたほうがいい・・・というのは半分言い訳だが(本当はテクニック次第でタイムを縮められるところだろう)。

バリバリと風を引き裂いて最後の下りが終わり、再び上りへ。たっぷり脚を休めたおかげか思ったよりもパワーが出る。ダンシングをしてもすぐに脚に来ない。とはいえやっぱり長続きはしないが。

ラスト500m。ゴールが見えたらスパートしよう・・・と気持ちは先送りに。コーナーを過ぎていよいよ最後っぽい坂が現れたが、ゴールらしきものが見えずややスパートのきっかけを失う。坂に隠れていたゴールラインが見えたときにはちょっと遅かった。前に別クラスの人がいたので一度抜きかけたが、その人も頑張って抜き返されたところでゴール。

(写真はほかの方々)
ゴール地点

■ ゴール後

今年1年間の目標である「去年のタイムを3%短縮」で計算すると、今回の目標タイムは1:10:10。しかし今年のこれまでの結果もふまえて、やや困難だが「1時間9分台」を目標にしていた。ゴール後にメーターのタイムを見ると、9分41秒。思わず「よしっ」と声が出た。スタートからメーターが反応するまで若干のタイムラグがあったとしても、おそらく9分台は出せた感じがする。

ゴール地点
建物の中

ゴール地点は風雨でやや荒れ模様。建物の中で下山用のウェアに着替えてから、サービスのバナナをいただく。小さなバナナだったが、いつも食べているのとは違う味ですっぱくおいしかった。

サービスのバナナ

悪天候のためもあってか、それほど待たされずに下山開始。麓まで戻ってくると、天候は回復してウェアが暑いくらい。

これまたサービスの豚汁をいただいてから、駐車場に戻って自転車の洗車と帰りの準備。携帯サイトで順位も確認できるが、それは後回しに。このタイムならおそらく入賞はできているだろうし、自分の目標を達成できた(はず)のでいつもより順位のことは気にならなかった。ようやく「自分との戦い」が身についてきたかな?

駐車場

1時間後くらいに会場へ戻り、順位を確認。タイムは「1:09:39」、順位は2位だった。今回は順位的には「最低でも10位以内、6位以内なら普通、3位以内なら上出来」と思っていたので、2位は十分満足のいく結果だ。

その後リザルトも張り出された。チャンピオンクラスの優勝者は、今年の各レースでぶっちぎりの強さを見せているMさんで1分台! まあMさんは別格としても、4分台の人がゴロゴロしていて自分のタイムだとチャンピオンクラスでは18位だ。あのコースでここまで差が出るものかと驚かされる。

表彰式の待ち時間では、同じクラスで4位になったKさん、そして1位のMさんとお話をさせていただいた。Kさんには終盤の下りが始まるあたりまで視界に捕らえられていたそうだ(それほど離れていなかったんだな)。Mさんとお会いするのはこれが初めてかと思ったら、Mt.富士でも同じクラスで1位だったそうだ。

お二人ともJCAのシリーズ戦にエントリーされていて、鳥海、乗鞍でも相見えることになる。両方ともマスドスタートなので、自分がお二人と同じくらいのタイムを出せれば否が応でも絡んでくることになる。できるだけマイペースで走りたい自分にとっては、ライバルの出現(?)は嬉しいようなそうでないような複雑な気持ち。でも、これを励みにするべきだな。

それからお話はしなかったが、3位の方は49歳だった。自分がその歳になっても同じタイムが出せるかと考えると、今回の真の「勝者」はその方じゃないかとも思う。なんにしろ、自分で自分に限界を作ってはいけないな。

コメント

2位おめでとうございます!といっても、すでに表彰台常連のようで、あまり驚かなくなしました(笑)

私もパワートレーニングに興味が出てきて、簡易的な方法でLTパワー値を計算してみましたが、あまりの低さにびっくり・・・精進します・・・

by: かづを * 2010/06/29 09:42 * URL [編集

かづをさん、こんにちは。
ありがとうございます!
驚かれなくなるのはいいことなんですけど、ちょっとつまらないですね(笑)。

的確なレベルでパワートレーニングを行えば、確実に強くなれますよ~。
もちろん本人のやる気があることが大前提ですが、パワーメーターで
「見える化」することでモチベーションアップにもつながると思います。

by: のむ * 2010/06/29 21:01 * URL [編集

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/818-1fd3620c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。