陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツール・ド・美ヶ原レポ(2)

2011 06/24
(金)

■ 6/19(日) 当日

3:20起床。ホテルの電話のモーニングコールを3:30に仕掛けておいたのに、10分も前に鳴りやがった。まあ、かえって早起きできたから良かったか。

体重を量ってみると、なんと45.9kg! レース当日に45kg台まで減ったのは初めてだ。昨日は食べ過ぎかと思ったけどそうではなかったみたい。でも、糖質は十分に摂ったからエネルギー切れの心配はないだろう。水分不足もないはず。

バナナを1本食べて、シャワーを浴びる。トイレはきばったけど出なかった。4時にホテルをチェックアウト。いつものように、おにぎり3個セットと缶のお茶をいただいた(ありがとうございます)。

4:15頃に会場着。去年のこの時間は野球場の駐車場がほぼ一杯になっていたけど、今年はまだ結構空いていた。

車の中でおにぎり2個(1個は残した)とオレンジジュースで朝食。レース当日の朝の食事はほとんどエネルギーにならないので、空腹を感じない程度に腹に入れる。

ラジオ体操、ストレッチの後、固定ローラーでウォーミングアップ。いつもは35~40分やるのだが、今回は少し短めの30分にしておいた(40分やると疲れてしまう気がしたので)。湿気が多く汗がだらだら出て、レーパンや靴下が濡れてしまった。着替えを持ってこなかったのは失敗だったな。

6時半頃に集合場所へ。すでに並び始めていたが、前のほうが空いていたのでそこに自転車を置く。いささんに声をかけていただいた。今回は同じ組のスタートだ(同時スタートは一昨年の乗鞍に次いで2度目)。

集合場所

会場入りしてすでに2度トイレへ行き、もう出し尽くしたかと思っていたのだが、緊張のためかまた便意をもよおしてきたのでトイレへ。

スタートまでの待ち時間は、ほかの方々と話をしながら。やがて自分たちの番が来て、スタートラインへ移動。最前列の左端になった(スタート直後は抜かれるので、邪魔になりにくい左端がいいと思っていた)。「あと○分」のボードを持ったレースクイーンのお姉さん登場の後、8:07に号砲・スタート。

■ レース

いきなり飛び出す人はなく、わりと落ち着いたスタート。それでも最初の右コーナーまでに十数台に抜かれる。温泉街を過ぎて「激坂」へ。パワーを上げ過ぎないようにじわじわと。今日は無理に抑えようとしなくても、あまりパワーが上がらない感じ。調子はいいのか悪いのか良くわからない。

T字路を曲がって平坦~下りに入るあたりで、先行していたいささんに追いついた。一声かけて追い抜くが、下りの終わりあたりで抜き返された(やっぱり俺、下りが遅いのかな? それともいささんが速いのか)。

美鈴湖を過ぎて再び上りへ。今日はいつもよりダンシングを多用(詳しくは後日書こうと思うけど、右脚のペダリングに問題を抱えていたので)。

しばらく行くと、同じ組のトップ(?)と思われるK山さんに追いついた。自分が前に出て、その後は振り向かなかったので後ろの状況はよくわからない。

ペースはじわじわと落ちてきて目標パワーを下回っているが、脚にあまり疲労感はない。いつもだと何とか目標パワーまで戻そうと無理して頑張るのだが、今回はなぜかそういう気持ちが沸いてこなかった。気力がないわけじゃないけど妙に冷めてるというか、後になって思い出すとちょっと不思議な精神状態になっていた。

武石峠を過ぎて終盤へ。尾根筋のアップダウンでは、3人くらいの列車と抜きつ抜かれつになった。上りで抜いて下りへ入るのだが、下りきるあたりでまた抜き返されてしまう(やっぱり俺、下りが遅いのかな)。

これが最後の下りかと思うとまた下りが現れて、どうもラストスパートのタイミングがつかめない。結局、残り500mを過ぎたあたりから全力を出し始めたが、結局出し切れずにゴールしてしまった。

■ レース後

手元のタイムを見ると、8分52秒くらい。何とか8分台は出せたか。しばらく駐車場をぐるぐる回ってクーリングダウンした後、K山さんと話す。「もしかしたら優勝では?」と言われ、いやあそんなことはないと答えつつちょっとその気になってしまった(実際には7分台の方が2人もいて、クラス3位だった)。

バナナを配るおばさんたち

バナナをいただいてから下山。着替えて帰り支度をした後、豚汁と安曇野天然水(ミネラルウォーター)、温泉まんじゅうもいただく。

豚汁、安曇野天然水、温泉まんじゅう

閉会式までまだ時間があるので、近くのオムライス屋さんへ行って昼食。レース後だから脂質を気にせず「チーズハンバーグオムライス」を注文した。やっぱり脂質がたっぷりだと腹に溜まるなあ。

オムライス屋さん

会場に戻ってリザルトを確認する。1位は無理でも2位の可能性はあるかも・・・と思っていたので、3番目に自分の名前が書かれているのを見てちょっとがっかり。でも、決して調子がいいとは言えない中で去年のタイムを上回れたので、一応ほっとした。

表彰式では、M崎さんの音頭で男子Dクラスの入賞者全員で「勝利のポーズ」を。何だったのかなあれ(笑)。

13:40に会場を出発し、帰路へ。高速1,000円最後の日ということで恐れていたとおりの大渋滞。それならそれで、SAの名物でも食べながらのんびり行ければいいのだが、レンタカーの返却時間(20時)があるのでほとんど休憩も取れず。

渋滞案内の電光表示板に表示された所要時間を見て「こりゃあ絶対間に合わないなあ」と思ったが、渋滞は解消に向かっていたのか最後のほうは表示の時間よりも速く進めて、約6時間かかってようやく自宅へ到着。ぎりぎり返却時間に間に合った。

遠征時に高速1,000円はすごく助かっていたのでなくなるのは痛いけど、これで今ほど渋滞しなくなるとしたらいいことだな。

コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/844-532a79be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。