陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登山:三頭山

2011 09/18
(日)

奥多摩三山のひとつ、三頭山へ。檜原都民の森から3~4時間で歩けるコースもあるが、今回は「山と高原地図」に載っていた約6時間のコースを歩いてみた。

■ コース:西東京バス 小河内神社バス停(7:51着)⇒イヨ山(979.1m)⇒ヌカザス山(1175m)⇒入小沢ノ峰(1302m)⇒三頭山(1531m)⇒大沢山(1482m)⇒槇寄山(1188.2m)⇒西東京バス 数馬バス停(14:25発)
■ 行動時間:約6時間10分(休憩含む)
■ 参考:「山と高原地図 奥多摩」(昭文社)

奥多摩駅発の小菅行きのバスは、登山客やトレイルランナーで超満員。でも、小河内神社バス停で降りたのは自分1人だけだった。奥多摩湖の浮橋で対岸に渡り、三頭山への登山道へ入る。

麦山浮橋

こんなに目立つ登山口なのに、最初見過ごして500mほど行きすぎてしまった・・・。しっかりしてくれよ、オレ。

三頭山登山口

しばらく山の斜面をジグザグに登り、尾根上に出てからは基本的に尾根歩き。落ち葉がフカフカに敷き詰められている道が多くて足に優しく、途中で通過する山頂の前後などには急坂もあって楽しめた。

眼下に見える奥多摩湖
尾根上の道
ブナ林の登山道

三頭山山頂までに出会った人は3人だけだったが、山頂に着くと大勢の人でにぎわっていた。

三頭山山頂
三頭山山頂

富士山もきれいに見えた。

三頭山山頂からの富士山

菓子パンで手短に昼食を済ませ、大沢山~槇寄山へ。ぐんぐんと標高を下げていく道で、逆に登りだったらきつかっただろうなあと思う。日本山岳耐久レースのコースになっていることもあってか、トレイルランナーと多くすれ違った。

槇寄山山頂からも富士山、そして手前の山並みがよく見えた。これで「あの山は○○山」ってすぐに名前がわかると面白いんだろうなあ。

槇寄山山頂からの富士山

槇寄山を過ぎた西原峠から、仲の平バス停方面へ下る。1時間に1本くらいしかないバスにぎりぎり間に合うかな? という微妙な時間だったので、ちょっと気が急いた。最後は少し舗装路を歩いて(こんなところにも人家があってすごい)、奥多摩周遊道路へ出て数馬バス停でゴール。

歩きやすい道が多かったせいか、先週歩いた4時間台のコース(高水三山)より疲れが少なかった。これは直射日光をあまり受けなかったことや、シューズに慣れてきたこともあるかも。帰りの電車でも全然眠くならず。

コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/907-a5834171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。