陽風を感じて

harukaze wo kanjite - feel the sun and the wind

スポンサーサイト

-- --/--
(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登山:甲武信岳(1日目)

2011 10/10
(月)

前日)からつづく・・・

昨日「初めての1泊2日&山小屋泊」と書いたけど、そういえば富士登山のときもそうだったな・・・。あれは「泊った」というより「ぎゅうぎゅう詰めにされた」という感じだったが。あ、さらに中学の登山でもそうだったか。

■ 10/8(土) 1日目

■ コース:毛木平(1460m)⇒十文字峠⇒大山(2225m)⇒三宝山(2483.3m)⇒甲武信岳(2475m)⇒木賊山(2468.6m)⇒甲武信小屋(山小屋泊)
■ 行動時間:約6時間10分(休憩含む)

今回選んだコースは、毛木平を起点に往路は十文字峠を経由、復路は千曲川源流沿いを歩いてくるというポピュラーな周遊コース。2日目の行程が楽なので安心感がある。なお、少しでも荷物を軽くしたかったので、ガスバーナーやコッヘルは持っていかないことにした。軽量化を気にするほど荷物は多くないんだけど、山の中で「やっぱり持ってくるんじゃなかった」と後悔しても遅いから。

6:10の始発でJR小海線の小淵沢駅を出発し、信濃川上駅で下車。

信濃川上駅

村営バスで終点の梓山まで行き、そこから毛木平駐車場まで歩いて約1時間。ガイドブックでは信濃川上駅からタクシー利用をすすめていたが、約6,500円もかかるそうなので1人じゃとても利用していられない。

まずはバス停のすぐ先にあるヤマザキショップ(開店7:00)で朝食と行動食を調達(パンはあったけどご飯ものはなかった)。気持ちよく澄んだ青空の下、周囲のキャベツ畑(ん? レタスか?)と山並みを見ながらてくてく歩く。都会じゃ絶対に見られない景色だよな~。

一面のキャベツ(レタス?)畑

重い登山靴で舗装路を歩くのは疲れるので、毛木平まではパタゴニアの超軽量シューズを利用した。

パタゴニアの超軽量シューズ

これ、ペナペナで980円くらいで売ってそうな外見だけど、実際は6,000円以上もするんだよね・・・。まあ高いだけあって意外に歩きやすい。

毛木平駐車場には数十台の車が停まっていた。みな出発済みのようで人影はなし。登山計画書を入れて、いざ出発。

登山者カード入れ

源流方面への分岐を過ぎて、狭霧橋で千曲川の右岸へ渡り、その後何度か丸木橋で沢を渡り返す。

千曲源流狭霧橋

ガイドブックにあった「五里観音」ってこれのこと? 「一里」って書いてあるけれど・・・。

一里(?)観音菩薩

途中、こんな水場もあり。

沢沿いの水場

登山道には適度な間隔で目印のピンクのテープが結んであり、安心感がある。

目印のピンクのテープ

十文字小屋に到着。小屋の中へは入らず、トイレだけ借りて先へ進む。

十文字小屋

ちなみに、食べ物のメニューはこんな感じ。

十文字小屋のメニュー

大山へ近づくと、鎖場が何ヶ所か現れる。手がかり・足がかりがあるので鎖を使わないほうが登りやすかった。

大山の鎖場

鎖場を登り切り、ふと後ろを振り返るとこんな景色が広がっていた。方角的には北を見ているので、右奥に見えるのは両神山かしら・・・?

大山からの景観

大山山頂に到着。

大山山頂

山頂自体は特に面白みはないが、これから進む稜線と三宝山が眺められる。

大山山頂から三宝山方面を望む

大山から武信白岩山(今は登山禁止)までは、岩がちの小さなピークを何度も越えていく。尻岩からは林間の長い登り。

三宝山への登り

三宝山山頂に到着。甲武信岳より標高が高い(埼玉県の最高峰)のだが、小さくて控えめな標識だった。

三宝山山頂

右側が目指す甲武信岳、左側が木賊山かな? 写真左下の岩場が三宝岩だと思うが、そこは気付かずに通り過ぎてしまった。

三宝山山頂からの眺め

三宝山から甲武信岳へは歩きやすい道・・・と思ったら、最後の最後に急登が待ち構えていた。

甲武信岳への急登

そして、甲武信岳に登頂。ついに来たぜ、甲武信岳!

甲武信岳山頂

雲が出ていて、周りの景観はあまり拝めず。やや急な坂を下って甲武信小屋に着いたが、予想よりも時間が早かったので一旦素通りして木賊山へ登る。木賊山山頂もあまり面白みはなく、ガイドブックなどで特に取り上げられていないのがうなづける感じ。

木賊山山頂

木賊山の下りから見た甲武信岳。

木賊山の下りから見た甲武信岳

あらためて、甲武信小屋に到着。一部改築中のようで、ブルーシートが掛けられていた。

甲武信小屋に到着

チェックインを済ませ、寝床へ。大部屋に布団を並べた雑魚寝のスタイルで、1人当たり1畳分くらいのスペースがあった。快適に寝られるのはこのくらいが限度か。

大部屋の寝床

テント場も結構な賑わい。みんながどんなテントを使っているのか興味あり。

テント場

小屋の近くには荒川水源の碑があった。

荒川水源の碑

予想以上に寒くて、ダウンジャケットにウインドブレーカーを重ね着。

17:30から夕食。メニューはカレーライス、ごぼうサラダ少々、デザートのコーヒーゼリー。よくテレビ東京とかの旅番組で旅館並みに豪華な食事の山小屋が紹介されているけど、本来こういうのが山小屋の食事だよな。

夕飯はカレーライス

食後は小屋主の徳さん撮影・爪さんギター演奏のビデオをハイビジョンテレビ(山小屋にもこんなものが!)で観賞。どっちもプロ並みの腕前ですご~い。ギターはぜひ生演奏を聴いてみたかった。

その後、テレビで録画した番組の観賞へと続いたが、自分は消灯前の20時頃に就寝。

2日目)へつづく・・・

コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nomsan.blog47.fc2.com/tb.php/916-7f0308ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 陽風を感じて all rights reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。